競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ヴィクトリアマイル 2018 出走予定馬:ミスパンテール&横山典想定

time 2018/05/07

ヴィクトリアマイル 2018 出走予定馬:ミスパンテール&横山典想定

第13回 ヴィクトリアマイル(GI)出走予定馬展望

日程:2018年5月13日()
コース:東京芝1600m

予想用・出走予定馬一覧

ミスパンテール(横山典想定)

クラシック戦線ではあくまで脇役的存在が、昨年秋の清水ステークスから重賞3勝を含めて破竹の4連勝のミスパンテールが今年は主役としてヴィクトリアマイルに出走予定だ。同世代のライバルたちを前走の阪神牝馬ステークスでは逃げ切って撃破。変幻自在の人馬が5連勝でGIタイトルまで奪取するか。

ここ数走はかみ合いつつもしっかりと結果を残してきた点は評価したいし、阪神牝馬Sはスローが良かったといっても逃げて結果を残したというのは引き出しを広げてきた点で面白い。ただしやっぱりヴィクトリアマイルは基礎スピードが問われやすい。そこに対してのめどは正直つけられていないとは思うので…。

阪神牝馬ステークス(GII)1着

阪神芝外1600m良 13頭7枠11番
1:34.8 49.1-45.7 S^3
12.9-12.0-12.3-11.9-11.9-11.0-11.1-11.7

まずは前走の阪神牝馬S。このレースは前半3Fが非常に遅く37.2と極端。しかし中盤以降は11秒台には入っている。とはいえ一応はTS持続戦とみておいていいだろうと。基礎スピードは問われていない。

11番枠から好発、すっと外から主張するがすぐには内に切り込み切らずにドスローの状態をキープして3角までにうまく最内に入り込む。ここからはペースを少し引き上げて後続に仕掛けの意識を持たせないまま直線。序盤でレッドアヴァンセが競りかけてきてからの仕掛け、そこでしぶとく伸びてクビ差ほど先頭をキープ。L1でしぶとく踏ん張って外からの差し込みを凌ぎ切った。

ここまでゆったりした流れに支配できればもちろん前残りの展開になる。この馬自身も残ったが番手のレッドアヴァンセも残ってしまったように、やはり展開面が大きかった。逃げたのは恐らく奇襲的で、本来はこういう競馬をする馬ではない。ただスタートも上手く決めたことでしっかりと前に持っていけたし、ドスローから前に目標がない状況でもしっかりと加速出来たように逃げの手も一つの選択肢となったのは大きな材料かな。

ターコイズS(GIII)1着

中山芝外1600m良 16頭4枠8番
1:34.2 47.7-46.5 S^1
12.5-11.6-11.8-11.8-11.8-11.7-11.2-11.8

3走前のターコイズSでは要所での反応の良さを生かして馬群を割って鋭く伸びた。ペースは1.2とややスローでコントロールされ、中盤以降も11秒後半と遅すぎない流れで仕掛けが遅くL2最速戦。

8番枠から五分のスタート、そこからじわっと追走しながらだがここでは前には行けずに中団馬群の中目で進めていく。道中も中団馬群の中目で我慢しながら、3~4角でも中団で一つ外程度、内内で前のフロンテアクイーンをあてにしつつ直線。序盤でその外から馬群を割ろうとするがまだ進路ができない。L1の坂の上りで進路確保してから鋭く反応、グンと突き抜けた。

明確に伸びてきたのはL1の減速地点にはなるが、L3-2で加速していく流れの中で中団の内内で進路がない状況でも置かれずにむしろ前との差を詰めていたところからも要所の加速性能の高さを見せてきたかなと。後半の総合力の高さを見せてフロンテアクイーンとともに反応してきた。安定しているのはこれがあるからだと思うし、スローだと大きく崩れる要素があまりないと思う。

チューリップ賞(GIII)2着

阪神芝外1600m良 12頭6枠7番
1:33.5(+0.3) 46.4-46.8 M
12.4-10.7-11.1-12.2-12.2-11.4-11.3-11.9

振り返りたいのはチューリップ賞かな。一応このレースが高速馬場の中で平均で流れた一戦。L2最速11.3でそこまで速いラップを要求されていない。ただこれは少し前が離してのものなので離れた位置にいたソウルスターリング辺りだろスローに近いと思う。

7番枠から五分には出てそこから無理せずに控えて後方。道中も無理せずに後方馬群の後ろで進めて仕掛けを待ちながら3角。3~4角でも後方内目で進めながらリスグラシューを目標にしながら徐々に促しつつ後方馬群の中目で直線。序盤で先にリスグラシューを行かせて外に出すがまだジリジリ。しかしL1で徐々に伸びてきてリスグラシューをしっかりと飲み込んで2着は確保した。

ただ、内容としてソウルスターリングには完敗なのと、いまだにマイルではこれが一番の持ち時計となる。阪神マイルなので後半勝負にシフトしてある程度差し届いたが、この時点ではソウルスターリングとは結構な差があった。また桜花賞では渋っていたのもあるにせよ46.5-48.0と厳しい流れで脚を引き出せず沈んでいる。このあたりからも時計勝負になって基礎スピードが問われてどうなのかが最大のポイントとなる。

2018ヴィクトリアマイルへの展望

前走は逃げ馬がそもそもいなかったからこそノリも奇襲的に前をとったわけで、恐らく今回アエロリットがいる以上序盤から勝負に絡んでくるとは考えにくいかな。アエロリットはどうしても基礎スピードで押してくるタイプだし、戸崎も前走坂スタートの中山1800ですら結構主張して引き上げていった。少なくとも平均ぐらいはイメージしないといけないので、その流れに最初から乗っていくとリスクが大きいと判断しそう。後ろは選択しないと思うが、恐らく好位~中団だと思う。そのうえで、やはり最大の武器はギアチェンジを持っているという点。これはL2最速戦になりやすいヴィクトリアマイルでは良い材料になる。それでも不安はやはり基礎スピード面で、特に時計的にみてこの時点で1:33.5が持ち時計となるとここに入るとやはり足りない。ここに入ってしまうと前半の基礎スピード面で信頼を置くにはリスクが大きいと思う。内枠でも引いてうまく立ち回り、かつペースも46秒後半ぐらいで入って少し落ち着けば…というところかな。昨年のヴィクトリアマイルみたいに少し渋って馬場の割にペースが落ち着いてという形になれば浮上。いずれにせよ今回はこの馬以外が浮上する可能性を見せているので、強くは推せない。

―――――――――――――――――――――――――

【ヴィクトリアマイル】
昨年は上位人気馬全滅で3連単91万馬券!

―――――――――――――――――――――――――

今年狙える衝撃の【超穴馬】を今すぐ教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

毎年平穏にはまず決まらない!
超高配当続出のヴィクトリアマイル
――――――――――――――――――――――
【昨年】伏兵馬が1~3着を独占!
――――――――――――――――――――――
1着:アドマイヤリード(6人気)
2着:デンコウアンジュ(11人気)
3着:ジュールポレール(7人気)
【馬 連】 4万2710円
【3連複】12万3870円
【3連単】91万8700円
――――――――――――――――――――――
【2015年】3単はGI史上1位の超々高配当
――――――――――――――――――――――
1着:ストレイトガール(5人気)
2着:ケイアイエレガント(12人気)
3着:ミナレット(18人気)
【馬 連】 3万6880円
【3連複】 286万0480円
【3連単】2070万5810円
――――――――――――――――――――――
【2014年】前年の覇者が得意舞台で一変!
――――――――――――――――――――――
1着:ヴィルシーナ(11人気)
2着:メイショウマンボ(3人気)
3着:ストレイトガール(6人気)
【馬 連】 8450円
【3連複】 5万0720円
【3連単】40万7940円
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今年のヴィクトリアも人気通りには決まらない!
――――――――――――――――――――――
この穴馬のヤリ話知っておいて損はありません!
――――――――――――――――――――――
ヴィクトリアマイルの超穴馬を今すぐ無料で教えます!!

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。