競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

NHKマイルカップ 2018 出走予定馬:パクスアメリカーナ&川田確定

time 2018/05/04

NHKマイルカップ 2018 出走予定馬:パクスアメリカーナ&川田確定

第23回 NHKマイルカップ(GI)

日程:2018年5月6日()
東京芝1600m

予想用・出走予定馬一覧

パクスアメリカーナ(川田確定)

未勝利を勝ちあがるまでには3戦と時間を要しながらもこぶし賞を制し、アーリントンカップ2着と賞金を順調に積み重ねたパクスアメリカーナがNHKマイルカップに出走予定だ。こぶし賞ではケイアイノーテックを撃破し、アーリントンカップではタワーオブロンドン相手に善戦と結果を残したのは収穫。混戦模様のGI、あっさりとここも突破してしまうのか?

トップスピード戦では正直物足りない、という中で近走は厳しい流れの中で良さが出た。NHKマイルカップはそこまで速いラップを問われないし、前半の基礎スピードを問われやすいのでそこは良いと思う。また前走で高速馬場の中で時計を詰めてきたのも良い材料だ。

アーリントンカップ(GIII)2着

阪神芝外1600m良 13頭1枠1番
1:33.5(+0.1) 46.5-46.9 M
12.4-10.8-11.3-12.0-12.2-11.4-11.3-12.0

まずは前走のアーリントンカップから振り返る。この時は雨も降っていたがおそらく高速馬場のままだっただろうと。ペースは平均で進んでいるが中盤少し息が入っている。前半3Fが34.5と速いようにここで脚を使ってしまうとしんどい競馬だったかなと。

1番枠から五分のスタート、そこから押して押しての追走だが内が少しごちゃ付いたのでインディチャンプを前に行かせて中団の内内で進めていく。道中も前にスペースを置きながら我慢の展開。3~4角でも動けずに前のインディチャンプの後ろでじっと、3列目の内から直線。序盤で追い出されて伸びは地味も食らいつく。ただ抜け出す脚が遅くてインディに先に前に出られてカットされてからL1でしぶとく伸びてくるも最後はタワーオブロンドンにまとめて差し切られた。

クロフネ産駒といえば要所の反応の良さが武器の馬が多いんだが、この馬はずぶいなと。この辺を解消してくれば強いと思うんだが。ゲートがもうちょっとよければなあという感じで、回顧で書いたと思うがインディチャンプとこの馬の位置関係が逆ならお互いにとって良かったと思う。この馬としては基礎スピード面の高さを活かしたいところだったが、結局前半のポジションが甘くなったことで比較的後半勝負にシフトした形になる。もう一列前でも運べる基礎スピードを持っていたと思うし、あの位置からの競馬になってエンジンのかかりが遅くて外からインディにカットされてしまったし、最後まで伸びてきただけにもったいない競馬だったかなと。ただ強い競馬だったと思うし、素材的には高いレベルにある。

こぶし賞(5下)1着

京都芝内1600m稍 14頭8枠14番
1:35.7 45.9-49.8 H^4
12.1-10.8-11.1-11.9-12.4-12.3-12.4-12.7

2走前のこぶし賞では稍重で力の要る馬場状態の中、超超ハイというえげつないペースの中で行われた。後半のラップを見てもわかるように12秒台を連続する消耗戦の中で強烈に伸びたという点でもパワー型の基礎スピードの高さを見せてきたといえそう。

14番枠から出負けして後方からの競馬となってしまうが、前が勝手に激しくやりあっているのでむしろ好都合。極端なハイの流れで後方で進めながら、3~4角でケイアイノーテックが外から動いていくのを目標にしながら一気に2列目に押し上げて直線。序盤で並ぶ間もなく堂々先頭、ラストまで後続を寄せ付けずの完勝だった。

ここではケイアイノーテックを楽に撃破しているし、4着以下はぶっちぎっていた。もちろんここまで極端なハイペースの流れで出遅れたのは結果的には良かったと思うが、それでもこの流れの中であれだけの脚を引き出せたという点は素直に評価したい。ケイアイノーテックは力の要る馬場より高速馬場の方がパフォーマンスが上だと思うのでこれが全てではないが、朝日杯組相手に完勝したという事実は確かなので。

未勝利3着

京都芝内1600m良 11頭5枠5番
1:35.9(+0.2) 48.7-47.0 S^2
12.6-11.7-12.3-12.1-12.3-12.1-11.1-11.5

ただし、やはり要所の反応がクロフネ産駒にしては鈍いのが弱点。未勝利3着時がいい例だろう。ペースは1.7でかなりのスロー、そこからの2F戦でL3-2で12.1-11.1と坂を下り終えてしばらくしてからの加速、ギアチェンジを問われている。

5番枠からまずまずのスタートから押して先行策、そこからうまく2列目のポケットを確保する。ただスローの流れの中で内目で手綱を促しながら追走して3角。3~4角でも前にスペースを置いて進めていたが4角出口で追い出されての反応が鈍く一気に前に置かれる。序盤で4馬身ぐらいあった差をL1ではそれなりに詰めてきたが、という内容で2馬身弱の完敗。

メガリージョンに一気に出し抜かれたときに対応が全くできなかったな…というのが正直な感想。敗因としては4角出口以降で前に一気に加速されたときにそこについていける脚がなかった。要はギアチェンジ面で見劣ったと考えるのが自然だろうと。L1では来ていたのでおそらくこのあたりで11秒前半の脚を使っていると思うが、エンジンのかかりが悪くて要所で一気に出し抜かれたのが痛すぎた。逆に言えばクロフネ産駒らしいギアチェンジはないが、クロフネ産駒らしくないTS持続は持っているというイメージで良いのかも。

2018NHKマイルカップへの展望

地力に関しては朝日杯組上位と比べても遜色がないが、敢えて言えばやはり基礎スピードの高さとTS持続だろう。逆に弱点は割とはっきりしていてスローでのトップスピード勝負では質的にまず10秒台を視野に入れていないという点、そして何よりも要所での反応が鈍い。これは前述の未勝利3着時でもいいし、前走のアーリントンカップでもいい。加速していく過程で置かれるのが致命傷になりかねないのでそこを意識した乗り方をしてほしい。NHKマイルカップの傾向からは、基本的にはペースは平均まで上がりやすいしそこまで速いラップを要求されにくい。ギアチェンジもある程度は必要だがL3最速になるようならそれよりも基礎スピードやTS持続。そういう展開を想定できれば個人的には本命でもいい一頭かなと。ある程度飛ばしてくれそうなこのメンバー構成ならそこまで大きな不安はない。あとはとにかくちゃんとゲートを出てくれればかな。ゲートからも一歩目も含めてちょっと鈍い馬なのでその辺りがカギ。その点でも本質的にはマイルよりは1800の方がいいんじゃないかなとは思っている。その辺で微妙に悩ましいが重い印は打ちたいかな。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第23回 NHKマイルC(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『NHKマイルC(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・NHKマイルC

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。