競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

NHKマイルカップ 2018 出走予定馬:レッドヴェイロン&岩田想定

time 2018/05/02

NHKマイルカップ 2018 出走予定馬:レッドヴェイロン&岩田想定

第23回 NHKマイルカップ(GI)

日程:2018年5月6日()
東京芝1600m

予想用・出走予定馬一覧

レッドヴェイロン(岩田想定)

クラレントやレッドアリオン、サトノルパンといった重賞馬を兄に持つ良血馬レッドヴェイロンがNHKマイルカップに出走予定だ。未勝利を勝ちあがるまでに実に5戦を擁す苦労ぶりだったが、前走のアーリントンカップでは強敵相手に強烈な外差しを見せて3着、権利をもぎ取った。府中のマイルの大舞台は兄クラレントも波乱の立役者となった、弟も兄に負けじと結果を出したい。

前走のアーリントンカップ3着は結構評価しないといけない。それにNHKマイルCを考えるうえでここ2走で流れて良さが出てきたTS持続馬というのは侮れないなと。この急成長を評価して進めたい。

アーリントンC(GIII)3着

阪神芝外1600m良 13頭7枠11番
1:33.6(+0.2) 47.5-46.9 M
12.4-10.8-11.3-12.0-12.2-11.4-11.3-12.0

まずは前走のアーリントンカップから。かなりの高速馬場でペースも平均。ただL4では12.2とそれなりに緩んだし入りの3Fが34.5とかなり速いので個人的には後ろからの方が競馬はしやすかった、とは思っている。それでもL3で最速に近い競馬、L2最速でも11.3とそこまで速いラップを問われない、前後半のバランスが問われた。

11番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。道中も無理せず後方馬群の後ろで進めて3角。3角で外からラセットの後ろを追走しながら仕掛けを待ち、ほぼ最後方近く。そこから直線でラセットの後ろから途中で外に出して中団。L1で外から伸びていたタワーオブロンドンの外からしぶとく伸びてパクスアメリカーナに急追も届かず3着、それでも権利は取り切った。

出負けしてこれまでの先行策が取れず、それでも後方で我慢して脚を残し、中だるみの中で団子気味から直線最後までしぶとく脚を使った。中弛みは良かったと思うが3~4角での外からの競馬はL3が最速に近いことを考えるとロスもあったと思うし、これで最後まで差を詰めてきたのは立派。もちろん休み明けでたたき台の立場となるタワーオブロンドンに完敗ということは流石にそれ以上の評価はできないが、適性的にNHKマイルCのような競馬はかみ合う可能性があるなと。時計的にも十分のラインに持ってきた。

未勝利1着

阪神芝外1800m良 11頭1枠1番
1:46.5 48.1-46.4 S^2
12.9-11.4-11.8-12.0-12.0-12.2-11.7-10.8-11.7

未勝利勝ちが阪神1800でかなりのスローからのL2最速10.8とトップスピード勝負になっている。ただ絶対的にみればハロン12で入っているし、前半はそれなりに流れている。そこからのL2最速戦で比較的仕掛けが遅かったかなと。

1番枠からまずまずのスタートを切ってそこから外の各馬の出方を窺いつつじわっと促してハナを取り切る。道中も極端ではなく淡々とラップを刻んで全体的にはスローで3角。3~4角でも後続の仕掛けを待って馬なりで直線。序盤で1馬身ぐらいの差から軽く追い出されてここで一気に差を広げて3馬身ほど。L1でもそのまま突き抜けて最後は流して5馬身差完勝。

ここでは良いスタートを切ってしっかりとレースを支配する形。ペースも遅すぎない程度のスローで進めながら後続があまり余力を持たない流れ、それでそこから一気にL2最速10.8と強烈な切れ味を引き出してきた。この辺はクラレントに近いイメージで良いのかなという感じはする。

未勝利2着

京都芝外1800m良 14頭3枠3番
1:49.2(+0.2) 48.7-47.1 S^2
12.8-11.6-12.2-12.1-13.2-12.4-12.0-11.1-11.6

3走前の未勝利勝ちは逆にパンコミードに完敗を喫した。もちろん3着以下は1秒近くちぎっているので悪い競馬ではないが。ペースは1.6でかなりのスローからの2F戦という点では2走前の未勝利勝ちと近い。京都と阪神という違いはあるが。

3番枠からまずまずのスタート、押してじわっと先行争いに加わりつつ好位、最終的にはじわっと押し上げて2列目に入っていく。そのまま道中もじわっと押し上げていく形をベースに番手外で3角。3~4角でも押しながら追走し、前のパンコミードを目標に直線。序盤で追い出されてすっと反応してここでは操作のない脚色で3番手以下を突き放す。しかしL1の最後までパンコミードとの差があまり変わらずの2着完敗だった。

前で支配されてスロー、そこからの2F戦という適性ではパンコミードと後半でそれほど変わらず、そうなると1列前というポジション差が影響したということになる。この馬自身は未勝利勝ちの時と比べて恐らくパフォーマンスはそんなに変わってなくて、単にパンコミードがいたのかいなかったのか、というだけの話かな。要所で動けるギアチェンジは結構持っていると思うが、末脚の絶対量では特筆できるほどではないのかも。

2018NHKマイルカップへの展望

前走のアーリントンCでは出負けしてしまったが、ある程度厳しい流れで前半基礎スピードを問われてからの後半TS持続戦という中でしっかりと脚を使ってきた。L1まで伸びてきたのは収穫で、基礎スピードを問われたことでパフォーマンスを上げてきたかなと。ギアチェンジそのものは見せているし、NHKマイルCは少なくとも3~4角では流石に少しは緩むと思うのでそこからの加速での心配は少ないかなと。1:33.6で走れているので例年のレベルならばこれだけやれれば時計的に圏内に入ってきていいレベル。血統からもクラレントやレッドアリオン、サトノルパンといった基礎スピード面で良さが出ている馬が多いので、その辺りはプラスに働きそう。出負けしたときの不安はあるが、逃げにこだわらなくてもやれる馬という点でも良い。流石にタワーオブロンドンより上位の扱いは難しいが、パクスアメリカーナ辺りとは枠順次第で変わってきてもいい。ヒモでは警戒しないといけない一頭かな。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第23回 NHKマイルC(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『NHKマイルC(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・NHKマイルC

━━━━━━━━━━━━━━━

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。