競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

NHKマイルカップ 2018 出走予定馬:ファストアプローチ&蛯名想定

time 2018/05/02

NHKマイルカップ 2018 出走予定馬:ファストアプローチ&蛯名想定

第23回 NHKマイルカップ(GI)

日程:2018年5月6日()
東京芝1600m

予想用・出走予定馬一覧

ファストアプローチ(蛯名想定)

札幌2歳ステークスでも2着、朝日杯フューチュリティステークスでも6着とそこそこ活躍しながらもなかなか賞金を積めなかったファストアプローチが18番目の滑り込みでNHKマイルカップに出走予定だ。除外対象だったがトーセンブレスの回避で何とか無事滑りこめた。青葉賞と同じように藤沢厩舎が送り込む伏兵に要注意か?

朝日杯はちょっと前に行き過ぎたかなと思ったが、結局後半勝負にシフトしてもそこまで良い脚を使えていないのが現状ではあると。トップスピードの質的に少し足りてない感じで、基礎スピード面でも物足りない以上やはり基本的には狙いにくいかな。

芙蓉ステークス(OP)2着

中山芝内2000m良 8頭6枠6番
2:03.8(+0.2) 63.9-59.7 S^4
13.0-11.7-13.3-12.4-13.5-12.9-12.5-11.7-11.1-11.5

個人的には4走前の芙蓉Sを振り返っておきたい。この時は相手がサンリヴァルだったし結構強敵相手に完敗を喫した。それでも3Fのトップスピード戦という点では一番わかりやすい一戦かなと。ペースは見ての通りで超超スロー、そこからの3F勝負だがL3でも11.7とそこまで速くないので2F戦に近いしギアチェンジも結構問われた一戦。

6番枠からまずまずのスタートを切ってそこから控えてコントロール、内のサンリヴァルとともに2列目でまずは進めていく。道中2番手のサンリヴァルを見ながら折り合い、余裕をもって3番手で3角。3~4角でじわっと仕掛けて先にサンリヴァルに並びかけて先頭列で直線。序盤で追い出されてここでは抵抗も半馬身ほど前に出られる。そこからラストは甘くなってサンリヴァルに少し離されるも2着は楽に確保した。

外から動いていったがこのレースではL3はそこまで速くなかったし、その分だけL2の最速地点までにうまくトップスピードに乗れたと思うがサンリヴァルに完敗。L1で突き放されたという点でもちょっと物足りないし、TS持続、トップスピードの質でサンリヴァルに見劣った。まあサンリヴァルが結果的に皐月賞で高いパフォーマンスをみせているので何とも言い難いし、3,4,5着馬のその後がイマイチなのも判断が難しいところ。いずれにせよスローのトップスピード戦ではサンリヴァルに一枚見劣る存在なのは間違いないし、これは完敗だった。

朝日杯フューチュリティS(GI)6着

阪神芝外1600m良 16頭4枠8番
1:34.0(+0.7) 47.2-46.1 S^1
12.6-10.8-11.8-12.0-12.1-11.3-11.0-11.7

マイルではトップレベルの戦いで朝日杯FS6着と完敗を喫している。ペースは1.1でややスローの範囲、少し早かったかもだがそれでも結構いい感じで先行できた。そこから直線3F勝負で甘さを露呈して掲示板を確保できなかったが、レースレベルを考えるとそんなに悪くはない。

8番枠から五分のスタートだが押してすっと先行、思った以上に楽に先行策を取れて、外のケイティクレバーが行くのを待って控える感じで番手を確保する。そこからも結構楽な感じで番手で先行して3角。3~4角でも仕掛けを待ちながらだが4角出口で促しつつも少し反応が鈍い。序盤でそこから追い出されてダノンには突き放されるがそれでも2番手の位置は何とかキープ。L1で2列目に吸収されて最後はそこからも下がって6着完敗となった。

悪くはないんだけど、すべてがちょっと足りなかったかな。前半のゲートに関しては五分だったが二の足が速かったのは収穫。それでもそこでポジションをとったもののややスローの流れで3F勝負となってはダノンプレミアムにキレ負けしてしまうのも仕方なかったのかなと。L2の地点ではそれでも2番手をキープしていたし、そこそこ悪くはない脚を使っているがL1では逆に明確に下がっているのでTS持続は芙蓉Sの内容からも足りないと思う。

ニュージーランドT(GII)6着

中山芝外1600m良 15頭6枠10番
1:34.5(+0.3) 47.1-47.1 M
12.5-11.1-11.6-11.9-12.0-12.1-11.6-11.4

前走のニュージーランドTでは後ろからの競馬になったがそれでも完敗を喫した。ペースは平均だが3~4角での中弛みもありL1最速戦、リカバーしきれず掛かりながら、ポジションを下げながらの感じになったのも響いたが…。

10番枠からやや出負けしてそこから二の足を利かせて行かそうとするのだが、外から入ってくる馬も多くかかりながら中団の中目で進める形となる。道中も中団馬群の中で終始手綱を引っ張る形になってかなりリズムが崩れている。3~4角でも中団馬群の中目で進路がない状況だがケイアイノーテックの直後をとって最低限の進路。そこから追い出されて反応はしたもののL1で甘くなって伸びきれずの完敗だった。

まあ田辺も良い騎乗だったとは全く持って言えないけども、それでもケイアイノーテックの後ろを取れていたのは確かだし、前半無理をしなくてもよかったというのはあるのでもうちょっと伸びてほしかった。L1で加速ラップという中で伸びなかったとなるとちょっと物足りないかな。動き出し自体は本来結構いい馬のはずなので。

2018NHKマイルカップへの展望

う~ん…まあいいところもあるといえばあるんだけど、やっぱりこのレベルで決定的な武器が何か?といわれるとそれは感じない。少なくとも朝日杯ではややスローの流れに乗っていったがL1は甘くなったし基礎スピード面でも流れて良さが出る可能性はあまり高くない。かといってスローで脚を残したからといっても芙蓉Sのようにサンリヴァルが強かったにせよトップスピードの質、持続力でワンランク見劣る。この辺を考えるとまだ今の段階では総合的にも足りないかな。朝日杯の上位がここでも十分通用するので、うまくかみ合えば掲示板ぐらいには来ても驚けないけど、馬券圏内までとなると相当噛み合わないと。札幌2歳Sのレベルも結果的に低かった、力の要る馬場で流れたシンザン記念でもいまいち脚を使えなかった。この感じだとなかなか難しいかな。

今週のNHKマイルCで5万馬券が獲れなかったら
―――――――――――――――――――――――――
日本ダービーまでのGIを毎週無料で公開します!
―――――――――――――――――――――――――

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨年13人気2着のリエノテソーロにも見劣らない
≪超穴馬≫も掴んでいる!

さらに!
聞いている話通りなら3連単は10万馬券まで!!
―――――――――――――――――――――――――

【NHKマイルC】3連単最終結論を無料で教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆先週だけでも万馬券7本獲得!春競馬も絶好調!

【先週】日曜東京10R
1万8680円的中!

【先週】日曜新潟9R
1万6270円的中!

【先週】土曜新潟11R
1万6020円的中!

【先週】日曜新潟4R
1万3010円的中!

【先週】土曜新潟7R
1万2810円的中!

【先週】日曜東京7R
1万0480円的中!

【先週】土曜新潟2R
1万0000円的中!

その他的中多数!

NHKマイルの3連単はコチラから

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。