競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

新潟大賞典 2018 出走予定馬:トリオンフ&松田想定

time 2018/05/02

新潟大賞典 2018 出走予定馬:トリオンフ&松田想定

第40回 新潟大賞典(GIII)

日程:2018年5月6日()
新潟芝外2000m

予想用・出走予定馬一覧

トリオンフ(松田想定)

昨年から3連勝で小倉大賞典を制覇と勢いを見せていたトリオンフが仕切り直しに新潟大賞典に出走予定だ。小倉大賞典では鋭く突き抜け完勝し壁を破ったが、大阪杯では一瞬いい脚を見せるもまだGIの壁は厚かった。秋の大一番を見据えて再出発は新潟の長い直線、勝利を手にして本格化を告げよ。

ある程度の流れから直線で一瞬すごい脚を使うという感じ。基礎スピードを結構持っているはずなので新潟大賞典というか新潟2000の適性はかなり高いんじゃないかなと。

小倉大賞典(GIII)1着

小倉芝1800m良 16頭7枠13番
1:46.1 47.1-46.6 M
12.3-11.1-11.8-11.9-12.4-12.1-11.6-11.1-11.8

まずは2走前の小倉大賞典だろう。ペースは平均で流れていて、そこから中弛みが少しありつつもL2最速11.1とかなり速いラップを踏んでいる。基礎スピードを問われつつもそこから鋭くトップスピードを引き出せたかどうか。

13番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと先行する形で最終的には好位。道中も好意の外から進めて3角でじわっと先頭列に近いところまで押し上げる、4角では単独の先頭に立って半馬身差ほどで直線。序盤で一気に突き抜けて勝負を決める。L1も寄せ付けずの2馬身半差完勝。

ここではある程度の流れを楽に好位で追走してそこから一気に4角出口から直線での加速で勝負を決めた形。このペースで進めながらも速いラップを踏めているあたり基礎スピードの高さを感じるし、L1も大きく落とさず後ろを寄せ付けなかったのはインパクトとしては大きいかなと。ただやっぱり全体である程度流れたことで末脚勝負に特化させず全体の競馬になったことは大きいかなと。

大阪杯(GI)8着

阪神芝内2000m良 16頭5枠9番
1:59.2(+1.0) 61.1-57.1 S^4
12.8-11.3-12.4-12.4-12.2-11.8-11.2-11.1-11.4-11.6

ただし大阪杯では完敗を喫した。正直に言えばこの競馬では苦しい、というような乗り方になってしまった。今年の田辺はとにかくよくないんだよなあ…。ペースは4秒で超超スロー、後ろからの競馬で3~4角でスワーヴが動く中での仕掛けでL3最速、L4でも11.2と最速に近いラップを踏んでいてTS持続特化戦だ。

9番枠から

五分には出たが外から来られたこともあって下げながらの競馬になってしまう。向こう正面のまだ遅いところで外からじわっと押し上げていくがあくまでじわっと、コントロールしているうちに外からスワーヴに一気に来られてしまってここで一気にペースアップ、という中で外から動く形になる。3~4角ではスワーヴの外から動いて差を詰めていくが当然ここが最速地点になる中で外々からスワーヴに並びかけ直線。序盤で甘くなって2列目、さらにラストは失速した。

この競馬がこの馬にとっては一番よくないんだと思う。ペースが非常に遅いので後半特化、各馬が末脚を引き出す余力を持っている状況で3角の段階でスワーヴにポジションを前に取られたことで4角最速地点でスワーヴの外から動かなくてはいけなくなった。3角手前の段階でもう少し早めに押し上げてスワーヴに前に行かせないという競馬ができていたらもうちょっと仕掛けを待てたと思うが、スワーヴに早々に仕掛け切られたことで後手後手になった。正直最悪に近い騎乗だったと思う。田辺は今年は乗れてないな、と思うことが多い。

寿ステークス(16下)1着

京都芝内2000m良 9頭7枠7番
1:59.1 59.6-59.5 M
12.6-10.6-12.2-12.0-12.2-12.3-11.9-12.1-11.1-12.1

寿Sも内容的には小倉大賞典勝ちに近いかな。距離は2000だがペースは平均で流れ、少し離れた番手で進めてのもの。L3-2で12.1-11.1とギアチェンジを問われ、この馬場でこのペースとしては最速11.1と速い。ここで突き抜けている。

7番枠から五分のスタート、そこから押して先行策をとって、最終的には外から逃げるデンコウリキを行かせて番手を確保する。道中も番手で3番手以下を大きく離して3角。3~4角でも前のデンコウリキを泳がせながら4角で最内から外に持ち出して直線。序盤で一気に勝負を決めるギアチェンジ。ラストまでエアウィンザーをほとんど寄せ付けず流しての楽勝。

まあ強かったな、という感じだが小倉大賞典と共通して言えるのはしっかりと前半から流れに乗って末脚勝負に特化していない。後続の押し上げを待ってから仕掛けて一気に加速ができている。余談だが、基本的に使える脚の絶対量が少ないが瞬間的に反応できるタイプは前で競馬すべきだと思っていてこの馬も同様。特にこの馬の場合は基礎スピードもそこそこ持っているので余計に前半勝負の割合を高めるべきだと思う。

2018新潟大賞典への展望

ひとまず全体の流れを速くしたいし、そのうえでの鋭さを引き出せるタイプなので(敢えて言えばグランデッツァに近いか)まずは後半の末脚勝負を武器とする馬たちに対して前半で布石を打ちたい。特にこの馬の場合は本仕掛けをできるだけ待って直線L2地点でそれを引き出したいので、新潟の2000でとなると個人的には悪くとも実質集団の先頭ぐらいでは進めてほしい。理想を言えば逃げ馬を単独の2,3番手で追いかけつつ実質の集団よりは少し前でリードを取りたいかな。近年の新潟外回りは各騎手仕掛けの意識が少し強くなってきているので、スローの流れで団子、3~4角から早めの仕掛けとなると大阪杯のように速い地点ではついていけても減速が速くなってしまう。TS持続は恐らく足りない馬で、全体のペースを引き上げて後続の脚を削ぐことと、リードを保って本仕掛けを待つこと。この2つを達成できれば、ステファノスとの比較でもいい勝負ができるんじゃないかな。

 



最強の関西情報社チェックメイトは

勝負の関西馬情報で

中山牝馬S【5万0360円】的中

フラワーC【1万2440円】的中

金鯱賞【2万4410円】的中

など重賞競走で万券的中をお届け

さらに大ヤリ関西馬情報で!


4/14 福島11R【5万2420円】的中



今週は3歳マイル王決定戦

第23回 NHKマイルC (G1)


タワーオブロンドンの牙城を崩す
人気薄大ヤリ関西馬の情報は必見

 


最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

NHKマイルC・3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

 

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。