競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

東京10R 晩春ステークス 予想:本命11バリス

time 2018/04/29

東京10R 晩春ステークス(16下) 芝1400m
馬場想定:良、かなりの高速馬場想定

展開予想

結構読みにくい。逃げ候補のエルフィンコーブだが出たなりで、芝なら包まれてもという感じのコメントなのでうのみにはしないまでも飛ばさない可能性はある。外のショウナンライズもハナを主張したいだろうが、これもコメントで前走はペースが速かったといっているので押さえる意識が働く可能性があると。なのでまあ難儀だがエルフィンコーブが出たなりでペースを作ったとしても35秒ぐらいの入りにはなるだろうと。極端なスローではなくおそらく1秒程度のスローで想定しておく。35-34ぐらいかな。

予想

◎11バリス
○09ボーダーオブライフ
△07パルティトゥーラ
△12アルマエルナト
×02レッドリーガル17クライムメジャー
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎バリス

ペースが上がっても遅くても、高速馬場なら崩れないのでこの馬を本命に。3走前の三鷹特別が強敵モズアスコット相手に34.4-34.5と流れた中で11.2 – 11.5 – 11.5 – 11.2 – 11.8とL2最速もL1で結構落とすという流れ、ギアチェンジが問われない中で中団の外から追走しながらも直線最後までしぶとく伸びてモズアスコットに迫ったのは立派。厳しい流れでも脚を使えるし、一応前走の三洋特別勝ちが阪神1400で内回りとはいえ35.9-33.8と超スローからの12.0 – 12.1 – 11.6 – 11.0 – 11.2と2F戦で2列目内から直線外に出して少しだけ置かれたがすぐに伸びてきて一気に突き抜けた。この馬場なら不安はないし、通過点としてほしい。

○ボーダーオブライフ

休み明けでノリがちゃんと乗ってくれるかどうかがカギだがこの馬自身休み明けは問題ない。そのうえで4走前の鷹巣山特別でも超高速馬場とはいえドスローからの12.7 – 12.6 – 10.7 – 10.9 – 11.7とL3最速戦で2列目内内から直線で前2頭を追いかけながらL1まで良い脚を使っていたように前目から要所でしっかりと反応できる。近走は馬場が合わなかったり、元町Sはハイレベル戦だったりでちょっとかみ合わなかった。キンシャサの仔だし府中の1400で良い位置を取れれば面白い。500万下東京1400勝ちが34.6-34.8と平均の中でしぶとく中団から脚を引き出せてのものというのも良い材料。

△パルティトゥーラ

この馬はスローでトップスピード戦になった時に警戒したい。前走の市川Sではちょっと物足りなかったがこの一戦がかなりのハイレベルなのである程度仕方ないし直線で進路取りもいまいちだった。2走前の木更津特別が同じ中山マイルでも47.3-46.0とスローからの11.9 – 11.8 – 11.6 – 11.3 – 11.3というラップ推移で中団外目から強烈に切れた。L1でもまだ先頭に立っていない状況からなので坂の上りで11.1ぐらいは視野に入れている切れ味。これは府中向きだと思うので楽しみかな。

△アルマエルナト

追い切りがいいのと、後傾型の競馬でもそこそこやれるという点で1400も本来はこなせるはず。前走の長篠Sなんかでも中京1200で34.4-34.8と平均からの12.4 – 10.7 – 11.3 – 11.8 – 11.1 – 11.9というラップ推移、中だるみで取り付きながら直線でしぶとく伸びてきたし悪くない。1400なら流れたほうがいいと思うのでこちらは平均まで上がった時の穴目。

×レッドリーガル

前走は位置取りが悪すぎた。3走前の浜松Sが中京1200で11.9 – 10.5 – 11.0 – 11.5 – 11.4 – 11.3のラップ推移、後方から少し緩んだ4角辺りで中目から直線外に出してじりじりという感じ。1200は正直短い印象で、4走前の奥多摩Sでは東京1400で完敗だがどちらかというと34.4-34.7と流れた中で先行したのが大きいかも。入りはゆったりの方がいいし、鷹ヶ峰特別を勝った時が京都1400で35.0-34.1と入りはゆったりでも11.3 – 10.8 – 10.8 – 11.5 – 11.8と中盤が速い流れを逃げて刻んで押し切っているし、比較的仕掛けは早めでも良いがペースはゆったり入りたいタイプかなと。穴目で。

×クライムメジャー

大外枠が嫌だし近走はあまりスタートが良くないのも気がかり。ただ4走前の渡月橋Sでは力の要る馬場ではあるがモズアスコット相手に健闘。35.4-34.6とややスローだが11.6 – 11.5 – 11.5 – 11.4 – 11.7とよどみが小さい中でしっかりと中団外々からロスがありながらも脚を使ってきた。もうちょっとやれていいはず。

PR【天皇賞(春)はもらったも同然!?】赤文字の指数を見るだけ

最近周りがザワザワ。指数がヤバいぞ!と・・・

見やすくて、データも豊富で肝心の指数の的中率が凄いらしい。
しかも、無料で登録出来て、毎週1重賞の指数が無料で見れるらしい。
そんな指数サイトがあると。
登録してサイトを見てみたら、飛び込んできましたよ!
的中率!スゴっ!

今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちらから登録してください。

で、過去4年の実績が載っていたので週末の3重賞をまとめてみました。
順位は指数の順位です。
PS.
手作り感満載でごめんなさい!!笑

ここの指数は低ければ低いほど強い馬となります。
注目は「指数値30以下の赤文字」の馬!
順位だけでなく、指数値に注目するとしたら2015年2着が7位でも指数値は「29」。
なるほど!
これから天皇賞当日まで指数を見まくります(笑)

重賞の指数予想は1レースのみサイト運営者北条氏のブログにて日曜日お昼頃、無料公開されます。
是非チェックしてみてください。というか、必ず登録した方が良いレベルの指数が出てます。北条氏のブログを見たい方はこちら

馬柱とコラボ指数を合わせた表はこんな感じ!見やすいでしょ!

スマートに的中を積み重ねてみたいと思いませんか?
このデータを参考に最少点で的中できたらいいですね。

早めに登録して、豊富なデータで検証すれば天皇賞(春)も指数でバッチリですよね!?

圧倒的な指数を見たい方は⇒ こちら

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。