競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

クイーンエリザベス2世カップ 2018 出走予定馬:ダンビュライト&T.ベリー想定

time 2018/04/26

クイーンエリザベス2世カップ 2018 出走予定馬:ダンビュライト&T.ベリー想定

2018クイーンエリザベス2世カップの出走予定馬展望

第44回 クイーンエリザベス2世カップ(GI) シャティン芝2000m

日程:2018年4月29日()

予想用・出走予定馬一覧

ダンビュライト(T.ベリー想定)

今年はアメリカジョッキークラブカップでうれしい重賞初制覇、善戦マンから脱却したダンビュライトがクイーンエリザベス2世カップに出走予定だ。前走の大阪杯ではドスローの決め手勝負に屈してしまっただけに、今回は主導してしっかりとペースを作れるかが焦点。父ルーラーシップが初めてGIを手にしたこの舞台で息子も後を追いたい。

とにかくしっかりとペースを引き上げたほうがいい。流石にアルアインに対してでも大阪杯であの感じなのでスローでは勝ち目はないと思うし、皐月賞でも敗れたとはいえアルアインに対して厳しい競馬でも健闘した。今の段階では平均に近い競馬が理想だと思う。

アメリカジョッキークラブC(GII)1着

中山芝外2200m良 11頭6枠7番
2:13.3 61.3-60.0 S^1
12.8-11.2-12.3-12.5-12.5-12.0-12.2-11.8-11.8-12.1-12.1

2走前のAJCC勝ちから振り返る。中山の2200m戦でペースはややスローだが中盤そこまで緩めずにL6から12秒前後を刻み続ける競馬でL4最速タイのポテンシャル戦。

7番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと先行策、ハナを窺うような競馬をしながら最終的には抑えて外のマイネルミラノを行かせる。そのまま番手でミラノを突きながら後ろを少し引き離して進めて3角。3~4角でもミラノが早めに仕掛ける中でここである程度促すが少し離れた2番手で我慢。4角でも前との差を詰め切らずにスペースを保ちながら最内を通して1馬身半ほどで直線。序盤で外に出して先頭に並びかけ、L1でしぶとく抜け出しミッキースワローを寄せ付けずの2馬身差完勝。

結局はこういう競馬が理想なんだろうと。このペースでも少し遅いとは思うがそこまで上がりにくい中山2200ということを考えればまずまず流れたし実際後ろとの差を作っていた。また後半もミラノの早仕掛けというのがあってロンスパポテンシャル戦という形になったが、そこでしぶとく踏ん張って最後まで寄せ付けない競馬ができた。あまり速いラップを要求されないほうが合っているとは3歳の段階でほぼ確定していたかなと。

大阪杯(GII)6着

阪神芝内2000m良 16頭7枠14番
1:58.8(+0.6) 61.1-57.1 S^4
12.8-11.3-12.4-12.4-12.2-11.8-11.2-11.1-11.4-11.6

逆に前走の大阪杯なんかは最悪に近い競馬といっていいと思う。ペースは4秒で超超スロー。この馬の持ち味である基礎スピードを全く問われない競馬、後半は早めのスパートではあるが3~4角で11.2-11.1とトップスピードを要求されているようにポテンシャル戦ではなくTS持続特化戦。

14番枠からやや出負け、そこから押してリカバーしながら先行策をとって積極的に前のヤマカツライデンに迫って番手を確保する。ここまでは良かったが、そこから折り合いを意識してペースを落とす形になり、極端なドスロー、途中もゴールドアクターが上がってきたがそれでもペースを引き上げることなく3角手前で一気にスワーヴに来られて激流と化す。3~4角では2列目の中目で進める形になるが4角で激しく手が動いて直線。序盤で既に手ごたえ苦しく3列目。L1で下がって6着完敗。

アルアインの場合はまだそこまでトップスピード戦でダメというほどではないが、この馬の場合は3走前の準OP勝ちでも勝ったとはいえイマイチだったぐらいでここまでドスローでトップスピード持続力を要求されてしまうと難しい。こうならないように全体を引き上げるように支配しないといけないと。

皐月賞(GI)3着

中山芝内2000m良 18頭5枠10番
1:57.9(+0.1) 59.0-58.8 M
12.1-10.8-12.2-11.7-12.2-12.4-11.9-11.4-11.4-11.7

皐月賞ではアルアイン相手に敗れはしたが、それでも外から勝ちに行く強い競馬で0.1差3着なら立派といっていいだろう。ペースは平均で流れているが中盤に少し緩みがあってそこからのL3最速戦。極端に速いラップは要求されず、仕掛けも早い競馬で基礎スピードとポテンシャルのバランスを要求された。

10番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと促しながら先行させていく。道中もアルアインの外で進めて前目の流れに乗っていって3角。3角でファンディーナの外から並びかけて4角で勝負に行って先頭列に近い位置で直線。序盤でしぶとく伸びて先頭列に近いところだが内の2頭がスルスルと抜け出す。ラストまでその2頭に食らいつくも3着までとなった。

L3の4角地点で11.4なのでこれは結構速いしここでのロスもある程度響いているとみていい。また前半のペースも平均で流れていて基礎スピードもある程度問われていたと。その中で先行して外からねじ伏せに行っての3着は立派。かなり強い競馬ができていたと思うしこれができたのであればやはりもうちょっと全体のペースを引き上げる選択をとってほしい。

2018クイーンエリザベス2世カップへの展望

やはり全体のペースを作れるかどうかがポイントで、このあたりがT.ベリーにできるかどうか。特に何といってもめんどくさい音無師が口をはさんでくれば折り合い重視でペース無視、というのも十分あり得る。番手につけて満足してペースを落とすようでは大阪杯の二の舞になることは避けられないし、逃げるつもりで行ってくれていいと思っている。最低でもタイムワープを突くことが絶対条件かな。そのうえで皐月賞のようにあれだけ要所で外からねじ伏せに行っても粘っていたわけだし、番手外から勝負に行く形で普通にいいと思う。アルアインが2列目内内でとなると難しい面もあるけど、正直アシストしてやるぐらいの気持ちで攻めの騎乗が欲しい。豊やミルコだったら多分そういう競馬をしてくれると思うんだけど、さてどうだろうか。上手くペースを作れればアルアインに対しても逆転するだけの力は見せていると思うが…。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第157回 天皇賞・春(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼先月も凄穴◎・激走○で高額的中続出!▼

3月20日 高知5R
『第20回 黒船賞』
◎ブルドッグボス
△エイシンヴァラー
(9人気・単勝234.3倍) ←強烈!!!
○キングズガード
3連単 29万0640円
3連複  1万4200円
━━━━━━━━━━━━

3月10日 阪神11R
◎タガノエスプレッソ
(9人気・単勝33.4倍)
△サトノファンタシー(4人)
△ラテンロック(6人)
3連複 4万4340円
馬 単 2万2030円
━━━━━━━━━━━

3月3日 中山11R
『第13回オーシャンS』
◎ダイメイフジ
(1人気・単勝5.0倍)
◯キングハート
(10人気・単勝31.3倍)
△ナックビーナス
(2人気・単勝5.1倍)
3連単13万4890円
3連複 1万3740円
━━━━━━━━━━━

今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『天皇賞・春(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・天皇賞春

━━━━━━━━━━━━━━━

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。