競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

天皇賞春 2018 出走予定馬:ソールインパクト&福永想定

time 2018/04/24

天皇賞春 2018 出走予定馬:ソールインパクト&福永想定

2018天皇賞春の出走予定馬展望

第157回 天皇賞(春)(GI) 京都芝外3200m

日程:2018年4月29日()

予想用・出走予定馬一覧

ソールインパクト(福永想定)

準OPを勝ちあがるのもなかなか苦労していたがアルゼンチン共和国杯で2着から長距離路線で存在感を見せてきたソールインパクトが天皇賞春に出走予定だ。相手が強い、厳しい流れの中でも一脚を使って善戦するというパターンで重賞でも好走。GIの舞台でもその安定感を活かして波乱を演出できるか。

福永的にはこの馬で福永競馬のさらに先を…というイメージをしてほしいなと思う。内で我慢するだけではなくて使える脚が短い馬でどうやって要所までに良い位置をとって本当の仕掛けを我慢できるか。基礎スピード、ポテンシャルともに結構良いものを持っていて総合的な部分を使って立ち向かえば案外やれると思う。ただし各馬余力のある中で中団からの競馬とか末脚比べではいかんともしがたい。そこまでにリスクを取れるかどうか。仕掛けを待つためにどこでリスクを取れるか、という面を考えて乗ってくれればワンチャンスあると思う。

アルゼンチン共和国杯(GII)2着

東京芝2500m良 16頭4枠7番
2:30.4(+0.4) 60.4-59.2 S^1
7.4-11.3-11.2-12.2-12.1-12.3-12.2-12.1-11.8-11.8-11.9-11.6-12.1

まずはアルゼンチン共和国杯2着から。この一戦がこの馬の今後の戦い方を少し示していると思う。ペースが1.2でややスローだがこれは2頭が少し離していた。3~4角でペースが上がっている中で取り付いていて、中盤はそこそこ流れていたが一応5Fのロンスパというところで良いと思う。ポテンシャル面を問われてそこからのL2最速、2段階加速の競馬になった。

7番枠から坂スタートでまずまずのスタートを切ってそこから外への誘導、最終的には好位で進めていく。道中も前が少し離して進める中で離れた3列目で前にハッピーモーメントを置きながら追走。3~4角で前との差をじわっと詰めつつ好位列の中目から直線で外に出す。序盤でそこからしぶとく伸びてきて加速に対応。L2ではスワーヴに離されるがそれでも2番手は楽にキープ。L1でも後続を寄せ付けずの2着だった。

結果的にこのスワーヴリチャードが大阪杯を勝っている、有馬とかでも結果を出しているようにレベル的には高かったとみていいと思う。その中でアルバートを撃破できた要因として一つはこの流れで基礎スピード面で優位に立てていたこと。そして3~4角で流れたロンスパ気味の中で好位の内目で我慢できていた、コースロスの面があると思う。この馬のいいところはポテンシャルそのものはそこそこ持っていて、しかもそこそこ流れた中でうまく立ち回ってそのうえでL2で一足を使ってきたと。溜めてもいい脚を使えるわけじゃないけど、こうやってある程度厳しい流れになっても自分の脚を引き出せるのが強み。個人的にはこういうタイプが春の天皇賞で先行して3角までに内をとっていると非常に厄介になるな、と思っている。

日経賞(GII)7着

中山芝内2500m良 15頭8枠15番
2:34.7(+0.6) 62.8-60.4 S^2
7.1-12.1-11.8-12.4-12.7-13.3-12.2-11.9-12.0-12.4-11.9-11.6-12.5

この日経賞はちょっと物足りない競馬ではあった。ただ時計が少し掛かる馬場状態でもあったし、位置取りもあまりよくなかった、3~4角で外々からの競馬になったのでその辺りも影響したと。2.4でかなりのスロー、6Fのロンスパ、疑似的2段階加速戦でポテンシャルを最重要視された一戦。

15番枠から好発、ただ外枠でもあり折り合いを意識して下げながら前に目標を探していって最終的にはゼーヴィントの後ろぐらいで折り合い重視。スローなので少し手綱を引っ張るような感じではあるが壁を作って折り合わせる。そうこうしているうちにキセキが動いていったのでここで隊列が縦長に、手綱を動かしつつ追走もポジションは特に変わらないまま3角。3~4角で各馬が馬場のいい外に行く中で外々から押し上げざるを得ない展開に。4角では少し置かれて直線。序盤でそこからじりじりと伸びずばてず。ラストでもばててはいないがなだれ込むだけ。

ここでまずかったのは結局キセキが動いてからは厳しい流れになった、3~4角で外から動いていく形になってしまったこと。しかもここでは各馬が馬場のいい外に行くので、あの位置から外を動こうとすると必要以上に外々を回される。ラップ推移的に少し淀みがあったので本来なら外からでも対応できるんだがこの馬の場合は本当にいい脚は一瞬しかないのでそこで押し上げるのに脚を使ってしまった感じはある。それでもポテンシャル戦でL1まで食らいついてはいたように脚の使いどころを間違えなければ対応はできるという感じ。もっとひどいのが日経新春杯で、スローの3F勝負で外から勝負にというようなパターンになるとどうしようもない。それと軽い馬場の方が合っているとも感じる。

ダイヤモンドS(GIII)3着

東京芝3400m良 14頭4枠6番
3:32.1(+0.5) 62.4-88.4(FA12.63)-60.8 S^2
13.0-11.7-12.2-12.7-12.8-12.5-12.4-12.8-12.6-12.4-12.6-13.1-12.5-12.5-11.7-11.7-12.4

このダイヤモンドSも結構面白い。ペース自体は1.6でかなりのスローをグランアルマダが単騎で刻む形、実質はおそらく超スローだが中盤の1400mがハロン平均でも12.63というようにほとんど淀みなく入っている。13.1をL6で刻んでいるぐらいで割と淡々とした流れ、3400mとしては前半の基礎スピードをある程度問われての3F勝負で速いラップは要求されていないと。

6番枠から好発、無理をせずに外の馬を行かせて折り合い重視、序盤は好位馬群の中で進めていく。グランアルマダが単騎逃げ、スタンド前では好位の外目で折り合いを意識もそんなに悪くない感じで1~2角。向こう正面でも好位で我慢、3角手前で逃げ馬が13.1と落としたところで取り付いてここで好位の外から仕掛けを待ちつつじわっと取り付く。ここから加速していく流れで外から堂々先頭列に並びかけて直線。序盤で抜けだす脚は見せたがL2の坂の上りで徐々に鈍化。それでもしぶとく踏ん張っていたが最後は内外から交わされての3着完敗。

フェイムゲームは長距離路線でかなり手ごわい馬だが、それを相手に外から勝ちに行く形でそれなりにやれているように、軽い馬場でのロンスパポテンシャル戦という適性自体は高いと思う。それとこの辺からもやはり長距離適性が高くて、3400でそこそこ全体で流れた中で良さが出た、要は自分の脚は削がれない、他の馬は削がれているというような感じで脚を引き出せる。ここまで強い競馬ができているのは七夕賞のバテ差しも踏まえて速いラップを要求されていないときに限定される。地味だけど長距離で全体的にペースを引き上げたほうがいいマラソンランナータイプの馬になるんじゃないかなと。

2018天皇賞春への展望

今の福永的競馬だとなかなか大仕事は期待しにくい。折り合いを意識するので当然まず前に馬を置きに行く。でもこの馬の場合は最序盤のポジション取りは積極的に行うべきで、理由としてはダイヤモンドSからも全体の流れが厳しい中でも脚が削がれない、という点にある。折り合ってスローの流れで進めたとしても使える脚は限定的なら積極的に全体を引き上げたいのだが、折り合いを意識して入ってしまうとそういう競馬に当然持ち込みにくくなる。前にペースをコントロールされてしまうと簡単ではないし、また後半で末脚の絶対量が高いわけでもないので後ろからだと足りなくなる。これを改善するためにも前々でレースを作る側が望ましい…。個人的にはダイヤモンドSはロスが多かったと思うし、それでもタフな流れなら問題なかったという観点から淀の3200で高速馬場、3~4角で2,3列目の内内で立ち回ることができれば非常に面白い。昨年ぐらいの流れでもちょうどいいぐらいだと思うので、内枠を引いたら積極的に前目につけてほしい。折り合っても中団外々からでは使える脚は限定的。多少リスクがあっても前目で勝負に行って3角までに良い位置をとる、そして本仕掛けを待つ。そういう形なら結構チャンスはあると思う。アル共でアルバートを撃破している、馬場適性も軽い方がいいと思うし枠と騎乗がかみ合えば…。馬券的にはヒモ穴では拾いたいが、鞍上が強気の競馬をしてくれないと勝ち負けまでは難しいので色々な要素と相談しながら最終的に考える。過小評価をされそうな一頭で内枠なら穴目としては是非お勧めしたい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第157回 天皇賞・春(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼先月も凄穴◎・激走○で高額的中続出!▼

3月20日 高知5R
『第20回 黒船賞』
◎ブルドッグボス
△エイシンヴァラー
(9人気・単勝234.3倍) ←強烈!!!
○キングズガード
3連単 29万0640円
3連複  1万4200円
━━━━━━━━━━━━

3月10日 阪神11R
◎タガノエスプレッソ
(9人気・単勝33.4倍)
△サトノファンタシー(4人)
△ラテンロック(6人)
3連複 4万4340円
馬 単 2万2030円
━━━━━━━━━━━

3月3日 中山11R
『第13回オーシャンS』
◎ダイメイフジ
(1人気・単勝5.0倍)
◯キングハート
(10人気・単勝31.3倍)
△ナックビーナス
(2人気・単勝5.1倍)
3連単13万4890円
3連複 1万3740円
━━━━━━━━━━━

今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『天皇賞・春(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・天皇賞春

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。