競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

東京スプリント 2018 予想:本命16ニシケンモノノフ

time 2018/04/18

2018東京スプリントの予想

大井11R 東京スプリント(JpnIII) ダ1200m
馬場想定:稍~重、標準ダート想定

東京スプリントの展開予想

逃げ候補が非常に多いのだが、恐らくネロがこの大外枠を引き当てたなら思い切っていくだけ行く。というところだろう。家のグレイスフルリープなんかもハナを主張したいがこの距離でこのメンツだとさすがに簡単ではないのでおそらく外に出す意識の方が強くなる。外のウインオスカー、ラブバレットが外から競っていってニシケンモノノフはここでは控えて好位の外ぐらいかなとみる。最序盤が早くなって3~4角で緩まざるを得ないパターンだろう。34-37.5ぐらいとみる。

東京スプリントの予想

◎16ニシケンモノノフ
〇07キタサンミカヅキ
▲15ラブバレット
△11ウインオスカー
△13ネロ
×04ブルドッグボス05スノードラゴン
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

<PR>

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第49回 マイラーズC(G2)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

<PR>

◎ニシケンモノノフ

フェブラリーS明けでそこがカギだが総合的にみてこの馬で良いかなという感じはある。この馬のいいところはまず非常に高いレベルで基礎スピードを持っているということと、再加速に対応できるという点。JBCスプリントを制した時が大井の1200で重馬場、34.6-36.8と超ハイ、12.3 – 10.8 – 11.5 – 12.3 – 11.8 – 12.7とL3-2で再加速の中2列目のポケットから直線入りで手ごたえが良くても待たされる格好、進路ができて内からすっと伸びてきてきっちり捕え切った。北海道スプリントカップでも時計勝負で1:09.4、34.8-35.6とややハイで後半も落とさずショコラブランをちぎっている。カペラSで全盛期のノボバカラ相手に基礎スピード戦で2着しているようにように基礎スピード戦でも強い。大井の1200なら前半飛ばされても3~4角で息が入るのでそこで取り付けると思うし無理なく好位外から競馬ができれば好勝負かな。JBCで見せているように緩んで加速もできるので問題ない。

〇キタサンミカヅキ

ブルドッグボスとの比較でちょっと悩んだが、ブルドッグボスの場合前回の黒船賞で10kg近く馬体重を減らしているのが少し気になった。中間の追い切りも一本だけみたいなので。その点でこちらは敗れはしたが前哨戦をしっかりと使ってきているのが魅力かな。昨年の東京盃では強敵相手に奮闘、良馬場だったが35.2-36.9とかなりのハイ、12.4 – 11.1 – 11.7 – 12.6 – 11.7 – 12.6と中弛みでうまく外から取りつく形になったとはいえ直線しぶとく伸びて突き抜けた。ニシケンなんかは内で待たされた面はあるがそれでもこの流れでしっかりと差し込んできているように十分力は足りる。今回もおそらく前半が激流になると思うし、3~4角でペースダウンする可能性が高くなるのでそこでうまく立ち回って外から出し切れれば。

▲ラブバレット

まず全弟として高速ダート巧者。軽い盛岡で強いように、脚抜きのいい馬場でよさが出やすいタイプ。それと逃げることにこだわらないというのもやりやすい。ネロがハナを主張するのを活かせながらうまく番手外まで持っていければという感じ。ハイペースへの対応力も高いがさすがに2走前の根岸Sは府中の1400で33.9-35.8と34秒を切るような入り方では苦しかったと思う。1400でもやれているように息を入れての再加速もできる馬、昨年クラスターカップを2着した時が自身の上りで34.3というところからもわかるように後半勝負でも強い馬なので、あとはうまく前についていきつつ様子を見ながら、道悪で基礎スピードの高さを活かし後半の一足につなげられれば一発あるかも。

△ウインオスカー

芝スタートで結果を出している馬だが、一応過去を見れば重馬場の京都1200、1000万下戦ではハナを切れているし500万下を勝ちあがった時も京都1200の重馬場でハナを切って逃げ切っている。このあたりからもそこまで気にしなくていいかなと。そのうえで前走の千葉Sが34.8-36.3と中山にしては緩め、12.3 – 11.0 – 11.5 – 12.2 – 11.9 – 12.2と再加速の流れでしっかりと一足を使っている。この感じなら再加速でも対応できそうだし、ペースが速いということ自体は問題ないと思う。すっと出て2列目ぐらいを確保できれば。

△ネロ

行き切れれば怖い。JBCスプリントの場合はコーリンベリーが主張してその番手で進める形から12.3 – 10.8 – 11.5 – 12.3 – 11.8 – 12.7とL2再加速の流れでしぶとく伸びて食らいついての4着。時計差がないように結構しぶとく踏ん張っていた。今回もその上位が強敵ではあるが、ハナを取り切るチャンスは結構ある枠だと思うし、多少ハイペースなら問題ないはず。積極内田とのコンビも含めて警戒したい。

×ブルドッグボス

能力的には通用する一頭なのだが、キタサンミカヅキのところで書いているように前走の黒船賞で馬体減となっているところが引っかかるかなと。調整も少し緩めな感じ、根岸Sも厳しい競馬になっていたのもあるので。状態面で少し評価を下げた。

×スノードラゴン

昨年のJBCスプリント、北海道スプリントカップでもそうだが、このレベルまでくると一枚劣る。ただ、今回はおそらくかなり流れそうだし3~4角でまぎれる可能性が高いと思う。ここでの捌き次第でL1での差し込みぐらいは警戒してもいいかなと。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第49回 マイラーズC(G2)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼先月も凄穴◎・激走○で高額的中続出!▼

3月20日 高知5R
『第20回 黒船賞』
◎ブルドッグボス
△エイシンヴァラー
(9人気・単勝234.3倍) ←強烈!!!
○キングズガード
3連単 29万0640円
3連複  1万4200円
━━━━━━━━━━━━

3月10日 阪神11R
◎タガノエスプレッソ
(9人気・単勝33.4倍)
△サトノファンタシー(4人)
△ラテンロック(6人)
3連複 4万4340円
馬 単 2万2030円
━━━━━━━━━━━

3月3日 中山11R
『第13回オーシャンS』
◎ダイメイフジ
(1人気・単勝5.0倍)
◯キングハート
(10人気・単勝31.3倍)
△ナックビーナス
(2人気・単勝5.1倍)
3連単13万4890円
3連複 1万3740円
━━━━━━━━━━━

今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『マイラーズC(G2)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・マイラーズC

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。