競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

フローラステークス 2018 出走予定馬:サトノワルキューレ&M.デムーロ想定

time 2018/04/18

フローラステークス 2018 出走予定馬:サトノワルキューレ&M.デムーロ想定

2018フローラステークスの出走予定馬展望

第53回 フローラステークス(GII) 東京芝2000m

日程:2018年4月22日()

予想用・出走予定馬一覧

サトノワルキューレ(M.デムーロ想定)

ほとんどの馬が距離延長で迎える中で、2400mのゆきやなぎ賞制覇したサトノワルキューレが2000mへの距離短縮でフローラステークスに出走予定だ。オークスを見据えてか2400m戦でここ2走を戦い、ゆきやなぎ賞では強い競馬で牡馬をねじ伏せてきた。あとは2000mの舞台でそれが発揮できるかどうか。権利をとって樫の舞台に進みたい。

距離短縮がどう出るかだね。新馬はそこそこ良い位置をとっていたけど道悪でそこまで各馬がポジションにこだわっていなかったのもある。今回はゲートで安定する馬が多い中で、この馬がどの位置を取れるかは結構重要。スパッと切れるイメージではないからなあ。展開次第では危うさも結構あると思う。

新馬戦1着

京都芝外1800m重 13頭6枠8番
1:52.1 50.1-48.3 S^2
12.8-11.6-12.4-13.3-13.7-12.8-12.0-11.6-11.9

新馬戦から順を追って、と。重馬場ではあったがそこまで極端な悪化ではなく、ややタフな馬場、というところ。ペースは1.8でかなりのスロー、中盤で13.7が入っているように非常に中弛みがきつい展開となっている。字面よりも緩い流れだったかなと。

8番枠からまずまずのスタートを切ってそこから促しながら好位の一角に入っていく。道中も楽に折り合って3列目で進めていて中盤の中弛みでも折り合い面で苦労なく楽に番手に押し上げる。3~4角でも促しながら、4角でアクションがあるがいまいち反応できずに2列目で直線。序盤で追い出されてしぶとく先頭列に並びかけてくる。L1でしぶとく1馬身ほど抜け出したが最後は外からくるメイショウゴウリキに決定的に詰められるが何とか残した。

まあ正直あまり高く評価できる内容ではないかなと。決定的に食い込んできた2着メイショウゴウリキも含めてこの馬から1秒以内の中で勝ち上がった馬がいない。そのなかで道悪で要所での反応も地味、抜け出してL1で踏ん張ったというほどでもない。ゲートはまずまずだったが中弛みで押し上げた面もあるし基礎スピード面でも何とも言えない。平凡な一戦だったかなという感じはある。

梅花賞(5下)3着

京都芝外2400m良 9頭5枠5番
2:29.3(+0.4) 61.0-61.1 M
12.7-11.1-11.1-12.9-13.2-13.4-13.4-13.4-12.7-11.8-11.6-11.6

2走前の梅花賞は2400mの距離で割と全体で流れた中で3着とそこまでのインパクトは残せなかった。まあ新馬戦から考えると思ったより頑張ったかなというのが率直な感想でこの時点ではまだ過剰人気かなと。平均、中だるみからの3Fのポテンシャル勝負。

5番枠から五分のスタート、そこから無理せず控えて中団やや後方ぐらいで進めていく。割と淡々とした流れの中で後方の外目から徐々に中弛みで取り付きつつ3角の段階では中団の外。3~4角でも外目を追走しつつ前のシースプラッシュを目標に4角で追い出されるが反応は地味で直線。序盤で追い出されて少し窮屈になり不利を受ける。そこからL1まで伸びるというほどではないが踏ん張って3着は確保した。

直線で少し不利があったが決定的というほどではない。緩い流れから3~4角でじわっと加速する流れだったと思うが4角辺りから促されてもいまいち反応が良くなかったしこのあたりが今後の課題になってくると思う。早めに促してやらないとなかなかエンジンがかかってこない感じはするかな。その中での不利ではあるので何とも言えないが、機動力を高めてこないと今後もそういったことが起こりそうな感じ。

ゆきやなぎ賞(5下)1着

阪神芝外2400m良 10頭4枠4番
2:27.0 62.7-58.6 S^4
12.7-11.2-12.5-13.1-13.2-12.9-12.8-12.7-11.5-11.5-11.1-11.8

前走のゆきやなぎ賞ではその辺りをカバーする騎乗もあったが、後半特化の競馬でパフォーマンスを一気に上げてきた。ペースは4.1で超超スロー、ラップ推移的にもL4から11.5と速いラップを踏みながらで勢いをつけやすい展開から直線入りでもう一段の加速。2段階加速的な競馬だがL3-2で11.5-11.1と加速度をそこまで問われない形にはなっている。

4番枠から立ち上がるような感じでやや出負け、そのまま無理せずに最後方に下げての競馬となる。道中もドスローの流れの中で単独の最後方から進めていたが向こう正面で遅いと判断してミルコらしく外から動いていって後方集団に取り付いて3角。3角で前がペースを徐々に引き上げていく中でここで一気に仕掛けてペースを動かす。4角では好位外々から促して促して直線。序盤の最速地点ではまだ伸びは地味だがそれでも2番手には上がる。L1で抜け出したエタリオウの外からしぶとく伸びての勝利。

ベストバウトはこのレースだと思う。後半特化の競馬に持ち込んだこともあるが、一番は早い段階で仕掛けたことで3~4角の段階でトップスピードに近いところまでスピードに乗っていたこと、そこから直線に入ってL1では減速、という流れで最後まで末脚を維持してきた。出遅れたのは痛かったが、それをリカバーするポイントがあったし、早めの仕掛けに持ち込めたことでエンジンのかかりの拙さが影響しない競馬になったのもよかった。完全に素材型の競馬にシフトしたが、それで強い競馬ができたのでオークスでも楽しみはあるな、と感じた一戦だったかな。ここで評価を上げたい…素材面は。

2018フローラステークスへの展望

この馬はオークスに出られれば上位相手でも結構やれる武器は持っていると思う。ただし、こと府中の2000でとなると前半のポジショニング面、前にスローで支配されたときに要所で動くだけのギアチェンジ面は持っていない。仮に61秒ぐらいから直線3F勝負になってしまうとエンジンをかけられないうちに前に離されて終戦だろうと思う。そうなる前にどういう手を打てるか。これは府中2000だとなかなか難しい。むしろ前走みたいに極端なスローの方が取り付くチャンスはあると思うが、ある程度淡々と流れてしまうとリカバーする競馬が難しくなる。3~4角で外から動くというのも開幕週の府中2000でとなるとなかなか難しい。正直オークスの権利を取るという方が難しいかもしれないなと。この時点では完成度を重視したいし、2400でも平均ペースではいまいち伸びがなかったことから2000で流れてしまうと基礎スピード面で苦戦しそうな感じはあると。どうしても角居厩舎+ミルコ効果で人気しちゃうだろうけど、正直府中の2000だとなかなか簡単ではないような…という認識かな。2400ぐらいでちょうどいい馬だと思う。内枠なら包まれてリカバーが難しい、外枠なら展開次第でリカバーするチャンスはあるけど通常の流れだとポジションは取りづらい。展開が特殊になればそれを読めるミルコだしチャンスもあるが結構難しいかな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第53回 フローラS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フローラSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、ステップレース別の成績では500万条件(1着4回・2着6回・3着5回)、フラワーC(1着3回・2着3回・3着1回)、未勝利(1着2回・3着2回)と500万条件組が4勝を挙げ、連対率も高い。注目は重賞挑戦で馬券圏に好走した未勝利勝ち組が4頭。

今年は本命馬不在で大混戦模様。クイーンCで0.4秒差4着のオハナ、フラワーCで0.3秒差ノームコア、チューリップ賞4着のサラキアなど重賞で差のない競馬をしている素質馬や2連勝中のレーツェルなどが参戦するが、主軸になる本命馬不在で、どの馬にもチャンスがあるだろう。

競馬セブンはフラワーC◎フィニフティ(5人気)から7万1150円的中、フィリーズR◎リバティハイツ(8人気)から5万6610円的中、中山牝馬S◎フロンテアクイーンから5万0360円的中など、牝馬重賞はドル箱重賞!

実は、フローラSにも競馬セブンが極秘入手した激走穴馬が出走!「オークスに出ても勝ち負けになる」と豪語する陣営の勝負馬とは!?週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フローラS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第53回 フローラS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フローラSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。