競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

阪神牝馬ステークス 2018 レース回顧・結果:ミスパンテール、横山典弘マジックの逃げで後続を凌いで重賞3連勝!

time 2018/04/08

毎週日曜の22:00からツイキャスで桜花賞など重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!

http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

2018阪神牝馬ステークスのレース回顧・結果

阪神芝外1600m良

1:34.8 49.1-45.7 S^3
12.9-12.0-12.3-11.9-11.9-11.0-11.1-11.7

馬場は思ったよりは時計が掛かっていて標準ぐらいの馬場だったと思う。ペースは3.4で超超スローに近いレベルの超スローという感じで、そこからのL3最速と仕掛けが早く、トップスピードの持続戦に特化した競馬となった。もちろんここまでドスローなので前半はポジショニングが全て。基礎スピードは問われていない。

1着11ミスパンテール(横山典)

好発を切ったのでそのまま促してハナを取り切る選択をとる。道中ハナを取り切ったことで各馬もそこで落ち着けてきたのでペースを一気に落とすことができ、最初の3Fは11秒台に一度も入らないまま3角に入っていく。3~4角ではソウルスターリングもある程度プレッシャーをかけてきたので若干ペースは上がる、4角で一気に最速地点に持ち込んで直線。序盤でしぶとく粘りレッドアヴァンセと2頭で少し抜け出す形。L1までしぶとく踏ん張ってレッドは封じ込み、追いこんできたリスグラシューを退けての勝利となった。

まあノリなら逃げるかもなあとは思っていたが、逃げてここまで誰も突かないとさすがに残っちゃうか…という感じはある。もちろんこの馬自身がしっかりとトップスピードの質、持続力を高いレベルで持っているからこそではあると思うが、4角で一気に引き上げたことでここで外を回した馬に対しては優位に運べたというのはある。このあたりはノリらしいいやらしさというか、外から来ていたソウルスターリングに対しての戦略ではあったかなと。この脚を逃げて目標がない状況で引き出せたというのは大きな材料で、これで前半出していってもいいし前目を取る選択肢も増えた。後方からでは一線級相手にはこれまで届いてこなかったからね。ただペースが速くなると微妙だし前に行けばいいというよりはしっかりとペースとの相談で現実的な位置を、というのが基本かな。今回みたいに誰もいかない、みたいなケースはなかなかレアではあるしね。最序盤のポジションが恵まれた面もあるのは確か。要所の反応がいいのでヴィクトリアマイルでは好位~中団ぐらいで前半無理なく入れれば怖い。

2着10レッドアヴァンセ(北村友)

五分には出た、というぐらいだが前がそんなにいかないのでじわっと取り付いて楽に番手まで上げられてしまう。道中もそのままミスパンテールについていって番手で3角。3~4角でも番手外で進め、ソウルが外から並びかけくる中で徐々に促しながら4角でミスパンテールとともに先頭列で直線。序盤で追いだされてしぶとく食らいつくがミスパンテールに少し前に出られる。L1でも必死に食らいついて最後は外のリスグラシューの追撃を振り切り2着を確保した。

ここで賞金を積めたのは大きかったなあ。右回りで反応が鈍い面があると思っていたけど、4角の下りから前を向いて促しながらミスパンテールに食らいついていけたしリスグラシューをしっかりと封じ込めたのだからこれは評価しないといけないかな。もちろんこの位置を取れたのは完全にラッキーで、あのスタートだと通常重賞レベルで先行するのは難しい。枠の並びやメンツも含めて前半要素は明らかに恵まれたのでこの先行策をそのままうのみにするのは危険だろう。ただ左回りではユートピアSや3走前の三面川特別でもそうだが要所で動けるイメージなので、その点を踏まえてヴィクトリアマイルでもある程度の位置を取れれば警戒したい。ただこちらも今の段階ではスロー専用ぽいんだよなあ。クラレントの下だからやれそうな気もするんだけど。

3着03リスグラシュー(武豊)

やや出負け、そこから内枠を利してできる限りリカバーという意識、最終的には内のスペースを詰めながらアドマイヤリードの後ろで進めていく。3~4角ではペースが遅いのを察知してアドマイヤの後ろを伺いながら3列目で直線。序盤でそこからすっと進路確保したが一気には伸びずにまだ2列目付近でジリジリ。しかしL1減速地点での伸びはさすがで最後は詰めての3着だった。

想定より力の要る馬場になったのが大きいかな。軽い馬場だともう少し顕著に置かれていた可能性が高い。まあそれでも桜花賞の時に比べると明らかに直線入りでの反応がよくなっているしこの馬なりに成長してきているんじゃないかな。ただ前走の東京新聞杯で加速している過程でグンと来ていたのと比べると阪神外回りではどうしても伸び始めが遅くなっている印象ではあるかな。府中のほうがいいと思うし、ヴィクトリアマイルでというところで高速馬場になるといろいろ微妙にかみ合わないかもとも感じるところ。ハーツの仔なので純粋な高速マイラーって感じではないと思うんだよなあ、タイプ的にみても。1800~2000のほうが力を発揮しやすいと思う。今回もドスローで内のスペースを詰めていけたからまだよかったけど、出負け気味で前にすっと入られて後方、ってなったら難しかっただろうし。ヴィクトリアマイルとかより天皇賞秋とかのほうがおもしろそうな適性ではあるかな。

4着02アドマイヤリード

好発を切ってそこから先行策もミスパンテールが内に切ってきたので控えて2列目。そこからもコントロールしながら折り合いは結構楽で3角。3~4角でも2列目の中目で進めてレッドアヴァンセの後ろから直線。序盤でソウルの内から進路を取ろうとするが先にジュールポレールに入られてしまってその後ろから内を狙う。L1でジリジリと伸びてきたが4着まで。

ん~ミルコにしてはちょっと消極的だったかな。幸に前に入られてしまうとは。一瞬ソウルの後ろと迷った感はあって、両にらみしているうちに入られてしまった感じかなあ。L1はリスグラシューともどもそこそこ伸びてきていたのでここでのワンテンポの遅れがなかったらどうだったか?というところではあるね。良い進路取りではなかったと思うが前半のポジション取りはこの馬としてはかなり良かったと思うのでトータルで見ればまずまずという感じ。この位置を取れればこの馬も良いと思うけど、坂の上りで自力加速が問われる府中のほうがよさそうな感じはするね。次が楽しみな内容。

5着01ジュールポレール(幸)

まずまずのスタートから先行していって前のミスパンテールの後ろにつけて2列目のポケットと理想的な入り方。道中も3~4角で最内を立ち回る形でロスなく直線に入ってくる。序盤ですっと進路を外に持ち出して理想的な競馬に持ち込みここから追い出されて伸びたかったが一瞬伸びかけてL1で甘く、最後はリスグラシュー、アドマイヤリードに差されて不利もあったが5着だった。

最後は少し不利があったがその前から脚色が衰えていたのであんまり関係ない。5着は変わってないだろう。個人的には絶好の展開だったと思っていたんだが、それで伸びあぐねてしまった。まあ力関係だけで言えば昨年の阪神牝馬Sで負けたアドマイヤリードとの差も変わってないし妥当といえば妥当なのかもしれんが、ここまでうまくかみ合ったなら…というのはあるかな。もうちょっとL2で切れるイメージだった。このレベルでとなると休み明けの影響もあったのかもしれないし、難しいね。

10着06ソウルスターリング(ルメール)

出負けして後方からの競馬となってしまう。道中もやはり折り合い面で少し苦労していて壁を作って対応しようとしていたが途中であきらめて押し上げて一気に2列目外。レッドをけしかけながら3角では先頭列に近いところまで押し上げ、4角でも先頭列外からコーナーワークで少し置かれて2列目で直線。序盤で追い出されるがもう脚がない。最後まで良いところなくの完敗だった。

直線に入ってからしばらく手前を換えなかったというのもあるが、根本的にはキレ負けだと思うんだけどね。結局ドスローで前に持って行ったけどあまりにも遅い流れを変えることはできなかったし、4角で2頭分外を回る羽目になった中で最速11.0はこの馬場を考えるとかなり脚を使わされた形になる。トップスピードの質的に優位に立っていたわけではないので、ここまでトップスピード持続戦に特化してしまうと難しい。JFもチューリップ賞も平均ペースなわけで、その中で脚を使って良さが出ていた。それがここまでドスローだと難しかったと思う。状態面とかよりももうちょっとステイヤー的な競馬をした方がいい。オークスみたいな競馬が理想で、ゆったり入って早めに仕掛けて分散して、という競馬に持ち込みたい。モズカッチャン比較でみてここまで崩れる馬では本来ないはず。適性がかみ合ってない。こういうタイプはルメールよりも自由に動いてしまうミルコに替わった方がいいかもしれんね。毎日王冠で逃げて結果が出なかったのが足かせになっていると思うし、逃げてもしっかりと後半仕掛けを早めて分散する意識を持てれば違うと思うんだけど。この馬はトップスピードの質が高いわけじゃない、4速ギアを長く使えるイメージで良いと思うんだけどなあ。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第78回 皐月賞(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼最近も凄穴◎・激走○で高額的中続出!▼

3月20日 高知5R
『第20回 黒船賞』
◎ブルドッグボス
△エイシンヴァラー
(9人気・単勝234.3倍) ←強烈!!!
○キングズガード
3連単 29万0640円
3連複  1万4200円
━━━━━━━━━━━━

3月10日 阪神11R
◎タガノエスプレッソ
(9人気・単勝33.4倍)
△サトノファンタシー(4人)
△ラテンロック(6人)
3連複 4万4340円
馬 単 2万2030円
━━━━━━━━━━━

3月3日 中山11R
『第13回オーシャンS』
◎ダイメイフジ
(1人気・単勝5.0倍)
◯キングハート
(10人気・単勝31.3倍)
△ナックビーナス
(2人気・単勝5.1倍)
3連単13万4890円
3連複 1万3740円
━━━━━━━━━━━

2月26日 中山11R
『第92回中山記念』
◎マルターズアポジー
(6人気・単勝14.1倍)
○ウインブライト
(2人気・単勝5.3倍)
△アエロリット
(5人気・単勝7.4倍)
3連単 4万1500円
3連複   8640円
━━━━━━━━━━━

今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『皐月賞(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・皐月賞

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。