競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ニュージーランドトロフィー 2018 レース回顧・結果:カツジ、後方からのスタイル変更で大外一気出し切り重賞初制覇!

time 2018/04/08

毎週日曜の22:00からツイキャスで桜花賞など重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!

http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

2018ニュージーランドトロフィーのレース回顧・結果

中山芝外1600m良

1:34.2 47.1-47.1 M
12.5-11.1-11.6-11.9-12.0-12.1-11.6-11.4

この日は強風がすごかったのでそのあたりの影響がどう響いたのかがちょっと読みにくい。ただ3~4角で緩んでL1最速という競馬になっているので、普通に考えれば3~4角で緩んでいるわけでここで外から取り付けた馬が有利な展開。外差しが上位に来たのは割と納得の展開ではある。あとは風がスタンド前では追い風?だったようなのでその辺りも勢いにうまく乗せきった馬に対してプラスに働いたのかもしれないし。風が強い時の中山って3~4角で緩みやすいイメージではあるね。風のファクターもJRAはそろそろ考えてほしいね。

1着05カツジ(松山)

五分には出ていたが前には行けずに後方での競馬を選択、これまでにない形で進めていく。道中も後方馬群の後ろに下げ切って後方2番手で3角で外を意識。3~4角で前がペースを落としたところで外から各馬が動いていくという中で大外を回して取り付いて直線。序盤で中団から一気に外々伸びて2列目を切り裂く。L1で粘るカシアスを捕えて最後は内のケイアイノーテックとのたたき合いを制しての重賞初制覇。

この馬としては完全に後半特化の競馬に持ち込む形で驚くほどパフォーマンスを上げてきた。まあ追い切り面もかなり動いていた印象だったので楽しみはあったが、正直この競馬でまとめて差し切るというのは意外。ケイアイノーテックも少し待たされた形になったのが響いたかもだが、それを差す形になった。L2で切れた印象で、これは3~4角のゆるみで取り付いて最速地点まで勢いを持って入れたのが大きい。むしろL1で思ったよりもケイアイノーテックに抵抗されたかなという感じだがそれでもしっかりと脚を使ってきたし、この感じだとペースとかよりはむしろ要所でじw差っと段階的に加速してやる競馬のほうがいいのかな。前につけて要所ですっと加速、とかそうすると脚を引き出せないのかもしれない。今回は後半特化に持ち込んだことで3~4角でコーナーのゆるみもあったがこの馬自身は外からしっかりと勢いをつけて直線に入ってきたからね。時計的には馬場がよかったので水準だけど、L1を11.4でまとめてきたなら例年のレベルよりは高いと思うんだよなあ。この競馬でどこまでやれるか楽しみかな。ケイアイノーテックを後ろから物量で差したということを考えれば意外と距離が延びてもやれるかもしれんね。

2着14ケイアイノーテック(戸崎)

出負けして外枠だったがそれでもある程度出していって中団には取り付く。道中もそれなりにペースが流れていたが中団外でアンブロジオの後ろで壁を作りながら進めて3角。3~4角でもアンブロジオの後ろで我慢していたがこのあたりでペースが落ちてきたので外に出してじわっと進出。4角では楽な手ごたえで促しながら外過ぎないところを通して好位列で直線。序盤でそのまま伸びてしぶとく2列目につけてくるが勢いで外のカツジに見劣る。しかしL1では抵抗して最後はしぶとく差し返しを見せての2着だった。

微妙にね、微妙にかみ合ってない。惜しい競馬になったと思う。結論から言うとこれでも仕掛けが遅かったパターンだと思うがこのレベルだと責められない。パトロール見るとわかりやすいけどL1では差し返してて入線後は明らかに前に出るんだよね。L1最速ラップで3~4角で前が下がってきたので軽く仕掛けながら取り付いたと思うんだが、ここからさらにもう一段の加速が直線で問われている中で、外から一気に勢いをつけきってしまったカツジが脚を出し切れたような感じになったのに対してこちらは多分直線入りでの本仕掛けになっていてエンジンのかかりが遅かった感じがする。入線後の脚色の違いがその辺に表れている気がするんだけどねえ。なのでこのケイアイノーテックは力負けと思わないほうがいいと思う。それもあるけど、そうだとしたらやっぱりギアチェンジは甘いと思うんだよねえ。前は向けていたわけで確かに本仕掛けを探りながらの難しい展開になったと思うがそれでも外から前を向いて促されても反応がいまいちだったから中弛みで取り付いたカツジにトップスピードの乗りの速さで見劣った感じだし。朝日杯でもちょっとエンジンのかかりが悪かったからなあ。高速馬場ならある程度ペースが上がっても大丈夫なのはわかったし、これなら安定してきそうだけどどうしてもエンジンのかかりというのはこれからもネックになってくるかもしれない。一度豊とかミルコとか仕掛けをしっかりと意識できる騎手に乗ってもらいたいね。

3着02デルタバローズ(大野)

五分には出てそここあらある程度先行策をとりつつ、最終的には好位の内目で進めていく。道中も3列目のポケットで進めて我慢の展開。3~4角で一つ外に出して進めるが前がペースダウンの流れで仕掛けられないまま直線。序盤で3列目からうまく外に持ち出して追われるがやはりその分反応が少し遅い。それでもそこからしぶとく伸びて最後は3着を何とか確保した。

この展開は内で我慢する形では難しい流れだったとみているんだが、その中で前半好位をとってそこそこの流れに乗って中弛みで我慢させられて進路確保から直線で加速する、という競馬にしっかりと対応できていた。総合的に弱点がなかったからこそしっかりとこの展開で流れに沿って動けたのかなという感じ。全く適性的に読めなかった馬だけど、案外機動力があるので今後も暗手強いてくるかもしれないね。1600~1800辺りで先行していければ。

4着03ゴールドギア(武藤)

やや出負け、そこから無理せず下げて後方で進めていく。道中も最後方まで下げ切って展開を待つ。3~4角で前がペースダウンしたところで外目を意識しつつカツジが上がっていくその外からぶん回して4角では一番外をぶっ飛ばして直線。序盤でそこからもしぶとく食らいついて3列目。L1でも食らいついて最後は3着争い際どいところだが4着までだった。

追い切りがよくなっていたので気にはなったけど、ここまでくるのはさすがに展開面での恩恵が大きいとは思う。結局3~4角でかなり緩んでいて馬場の割には遅かったのでここでの距離ロスよりも直線までに勢いをつけるタイムロスを減らすことができたメリットの方が大きかったかなという感じ。この辺はカツジも含めて後方外差しが利きやすいラップ推移だったことも大きいかな。とはいえそれだけでは差し込めないわけで、この馬も力をつけてきている過程かもしれないね。

5着04アイスフィヨルド(北村宏)

まずまずのスタートから好位を取ろうとするんだが結局そこで見劣って中団に下がってしまう。3~4角でも中団で包まれて直線。序盤で少し伸び始めが遅くL1までじりじりで5着完敗。

内容的には内で包まれてしまった段階で苦しい展開だったのは確かだと思うが、そうなると3着のデルタバローズに内容的に見劣っていると。要所での反応面でもう少し期待していたがそこが鈍かったのもあるし、位置取りも一列後ろになってしまったのも痛かったし、総合的にちょっと足りないなと。

6着10ファストアプローチ(田辺)

やや出負けしてそこからある程度押して先行策、好位を確保する。道中掛かってしまって中団馬群の中で折り合いをつけさせながら3角。3~4角で前がペースを落としてくる中で進路がなく外に誘導しながらなんとかケイアイノーテックの直後をとる。序盤でそこから追い出されて一瞬反応するんだがL1で伸びきれず、じりじりとなだれ込んでの6着だった。

ポジションが思った通りに取れなかったのも響いたし、掛かった中で折り合わせようとして中団馬群の中に入ったのが3~4角での中弛みでかみ合わずに待たされてしまったのはある。それでもケイアイの直後は取れたので最低限の競馬はしているが伸びきれなかった。総合力という観点でもワンパンチ足りんね。

7着06カシアス(浜中)

五分のスタートから押してハナ、楽に主導権をとる。道中は平均ペースで刻んでいたが3~4角でペースを落とす形になりここで一気に各馬に取り付かれて直線となる。序盤で一瞬出し抜きかけたがL1で甘くなっての7着完敗。

ん~…物足りない負け方だったかな。後半勝負でもある程度やれる馬だが、前半そこそこ流れさせた中で3~4角で緩めて外から押し上げられた運び方がどうだったか。結果的にみてもL1最速で各馬余力を残す中で直線での決め手勝負になっていたわけだし、前半ここまで平均で引き揚げていたなら3~4角でも緩めないほうが良かったかもしれないなあ。まあ風の影響があったかもしれないしこの辺の判断はちょっと難しい面はある。

8着12リョーノテソーロ(吉田隼)

五分のスタートから無理せず後方外目で進めていく。道中もケイアイノーテックの外で進めて3角。3~4角でも後方で進めていたがワンテンポ仕掛けが遅れて外の各馬の押し上げを待ってからの直線。序盤で追い出されるが伸びがない。そのまま最後まで良いところなく。

ん~…流れ的にそこまで伸びないような流れではなかったと思うんだけどな。ワンテンポ置かれたのは確かでそれが痛かったにせよL1の地点で来ていないならさすがに質的に見劣ったかなという感じはある。単純に力関係的に足りなかったのかも。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第78回 皐月賞(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
皐月賞を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年はアーリントンCから特殊ローテで挑んだペルシアンナイトに自信の◎を打ち馬連8710円ズバリ的中。同厩舎の9番人気アルアインとのワンツーを決め、荒れたクラシック一冠目に輝いた!

今年の皐月賞は好メンバーが揃う。4戦無敗で皐月賞では1人気確実なダノンプレミアム、弥生賞で初めて敗れたワグネリアン、前哨戦スプリングSを勝ったステルヴィオ、2歳王者タイムフライヤー、3連勝で皐月賞に向かうオウケンムーン、2戦無敗馬キタノコマンドールや共同通信杯では人気を裏切ったグレイルなど能力の高い馬が揃うレベルの高い一戦。

実は、3冠で一番勝てる可能性があるのが皐月賞で、ココを目標に渾身仕上げで送り出す陣営の勝負情報を入手済。有力馬を纏めて負かす力は十分。波乱の立役者となる激走穴馬の正体を馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『皐月賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第78回 皐月賞(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
皐月賞を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。