競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

阪神牝馬ステークス 2018 出走予定馬:ミスパンテール&横山典想定

time 2018/04/05

阪神牝馬ステークス 2018 出走予定馬:ミスパンテール&横山典想定

2018阪神牝馬ステークスの出走予定馬

第61回 阪神牝馬ステークス(GII) 阪神芝外1600m

日程:2018年4月7日()

予想用・出走予定馬一覧

ミスパンテール(横山典想定)

4歳世代の実力馬がターコイズステークス、京都牝馬ステークスと重賞連勝、破竹の勢いで阪神牝馬ステークスに出走予定だ。昨年のクラシック戦線では苦杯を舐めたが同世代のライバルを相手に今年こそは逆襲を誓う。強烈な切れ味でライバルをまとめて差し切れるか。

ターコイズSでも京都牝馬Sでも一瞬の反応の良さというのが目立つ。チューリップ賞ではリスグラシューには先着したがソウルには完敗、ローズSでは流れた中で伸びあぐねていて、基本的には顕著にスローのほうがいい。そのうえで成長を経てソウルスターリング相手にどこまでやれるか。今の馬場だ上がり切らずにスローバランスになりやすいと思うしリスグラシューは右回りでの決め手勝負でなら優位。チャンスはある。

ターコイズS(GIII)1着

中山芝外1600m良 16頭4枠8番
1:34.2 47.7-46.5 S^1
12.5-11.6-11.8-11.8-11.8-11.7-11.2-11.8

まずは2走前のターコイズSから振り返る。この時はペースも1.2とややスロー、馬場はやや高速~標準ぐらいの感じでラップ推移的にみてもL2最速戦。終始11秒後半からのギアチェンジを問われる2Fのトップスピード戦。

8番枠から五分のスタート、そこからある程度促して追走して中団で進めていく。道中も中団馬群の中で進めながら我慢の展開で3角。3~4角でも比較的馬群が凝縮する中で中団の内目でじっと我慢しフロンテアクイーンの後ろで直線。序盤でスペースがないが我慢して好位列まで取りつく。L1で進路確保すると一気に伸びてまとめて切り裂いた。

ここでは馬群の中で比較的緩やかな流れに乗りながら直線スペースのないところでL2最速、加速していく過程でも楽に置かれずついていけたこと、そして進路確保したL1の坂の上りで一気に突き抜けたという点を評価。L1では前も落としていたのはあるだろうが、それでも馬群の中で進路がなかなか作れない中で勢いをつけきれない中最後まで伸びてきたというように機動力、自力での加速性能が高い、という印象を受けたかな。またスローなのもよかったと思う。

ローズステークス(GIII)10着

阪神芝外1800m良 18頭2枠4番
1:46.3(+0.8) 46.4-46.9 M
12.4-10.9-11.3-11.8-12.2-12.0-11.6-11.3-12.0

4走前のローズSでは今回登録しているメンバーの中では最下位の10着となる。ペースが平均に流れたし道中の淀みも小さく、高速馬場の割に最速11.3とそこまで速く無いラップとなった。後半だけでなく、平均ペースが示す通りで前半の基礎スピードを問われた一戦。

4番枠から五分のスタートを切ってそこから無理せず控えて中団に持って行く。道中も我慢しながら中団の内内、3角でも中団の中目で進めながら4角で促しながら直線。序盤で追い出されているが伸びがなく中団のまま。L1序盤で少し接触があったがそれにしても全く伸びないままの10着完敗だった。

ここでは1800mという距離もあったかもしれないが、それでもラストの伸びがいまいちでおそらく前半のペースがある程度速かったことも大きかったかなと。チューリップ賞の時もマイルの平均ペースで後方から無理せず入れたというのはあるが、この一戦ではそこそこポジションをとっての競馬になったのも大きい。桜花賞がなければ距離かな、とも思うが46.5-48.0で厳しい流れとなった桜花賞で崩れているのも馬場だけでなく前半のペースの問題がある。

京都牝馬S(GIII)1着

京都芝外1400m良 12頭6枠8番
1:23.0 36.1-34.7 S^2
12.4-11.4-12.3-12.2-11.8-11.3-11.6

前走の京都牝馬Sも強かったが突き詰めればやはりスローからしっかりと加速する、という強みを活かしたといえる。ペースは1.4でかなりのスロー、ラップ推移的にも12.2から11.3まで持って行くギアチェンジが問われているし、3角下りのL4地点でも上がってない、平坦地点での加速となっている。

8番枠からまずまずのスタートを切ってそこからある程度促しつつも最終的には中団外。道中も好位列を前に置くような感じで進めてエンジェルフェイスの後ろから3角へ。3~4角でもエンジェルフェイスの後ろで我慢して直線。序盤で進路がないので外のエスティタートが伸びるのを待ってその外に出すと、すっと反応してL1までしっかりと伸びきった。

要所で進路がないという中で待たされても進路ができてからすっと加速できるので伸び始めが速い。普通の馬だとここで置かれてしまうんだが、その心配がないのがここ2走できっちりと勝ち切れた強みだと思う。スローで仕掛けが遅くて多少進路がなくて待たされても、すぐにこの鋭さを引き出せるので安定して突っ込んでくる。

2018阪神牝馬ステークスへの展望

チューリップ賞ではソウルスターリングに完敗もリスグラシューは撃破している。右回りでの決め手勝負となるとリスグラシューは置かれるリスクがあるし、こちらは逆に器用に伸びることができるのでその点を考えると相手はソウルスターリングとの比較、となるか。ソウルも秋以降のパフォーマンスが読みにくいところがあるが、阪神マイルだと4角の坂の下りでトップスピードに乗せられるのでそこで安定するイメージはある。春の段階の力差で考えると逆転は難しいが、ソウルも順調でなければ使ってきた強みも含めて逆転まで。ラビットランなんかも近走の内容が物足りないしね。ただしやはりスローが望ましいのでそういう展開になるかどうかかな。今回のメンツだとおそらくスローになると思うし、その流れの中で決め手を引き出せれば安定して上位争いに入ってくるとみるべきか。徐々にゲートもうまくなってきているし、器用な馬なので枠次第で評価を変えたいところもあるが最低でも連下では押さえたい所。

▼昨年は超穴馬レーヌミノル(8人気)が1着▼

【NEW】さらに先週の大阪杯でも!【NEW】
穴馬ペルシアンナイト(6人気)が2着に激走!
――――――――――――――――――――――――
ラッキーライラックに迫る超穴馬はこれだ!
1番人気相手の馬連でも想定30倍以上!

【桜花賞】の超穴馬を今すぐ教えます!

――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

桜花賞といえば
毎年のように当社指名の超穴馬が激走!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

《昨年》穴レーヌミノル(8人気1着)
【5020円】的中!
――――――――――――――――――――――
《一昨年》穴アットザシーサイド(6人気3着)
【2万0330円】的中!
――――――――――――――――――――――
《2013年》穴アユサン(7人気1着)
【3300円】的中!
――――――――――――――――――――――

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

人気はなくても絶対に聞き逃せない!

【桜花賞】の超穴馬を今すぐ教えます!

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。