競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

桜花賞 2018 出走予定馬:マウレア&武豊想定

time 2018/04/02

桜花賞 2018 出走予定馬:マウレア&武豊想定

2018桜花賞の出走予定馬

第78回 桜花賞(GI) 阪神芝外1600m

日程:2018年4月8日()

予想用・出走予定馬一覧

マウレア(武豊)

阪神ジュベナイルフィリーズは3着、チューリップ賞は2着と徐々に着順を上げてきたマウレアが引き続き武豊とのコンビで桜花賞に出走予定だ。徐々にパフォーマンスを上げてくるも、ライバルの背はまだ近くない。ちょっとずつ差を詰めて、桜の大舞台での逆転を狙う。

さすがにラッキーライラック相手にJF,チューリップ賞で2度の完敗を喫してしまっていることを考えても逆転まではなかなか難しい。少なくともこちらは前走並みのパフォーマンスをキープしてラッキーが何かしらの不利を受けるなり出負けするなり、不可抗力がないとというところかな。弱点の少ない馬だけど基礎スピード面ではまだ未知数だし、後半勝負ではラッキーに見劣るのでそのあたりをどう考えるか。

チューリップ賞(GIII)2着

阪神芝外1600m良 10頭4枠4番
1:33.7(+0.3) 47.5-45.9 S^2
12.6-11.2-11.6-12.1-12.0-11.7-10.7-11.5

前走のチューリップ賞から振り返る。内容的には前目で進めたラッキーライラックを見ながらの競馬になったが最後まで差を詰められずの完敗ではあったと。1.6でかなりのスローに突入。ラップ推移的にみてもL2最速でL3が11.7と遅め、仕掛けがやや遅い競馬だったと思う。

4番枠からまずまずのスタートを切ってから控えて好位。先行争いしていたラッキーライラックが下がってきたのでその後ろを意識しながら3角に入っていく。3~4角でもラッキーの内から進めて好位列で直線。序盤で仕掛けを待ちつつラッキーライラックの後ろのスペースをとってしぶとく食らいついて2列目。L1でリリーノーブルは競り落としたがラッキーとの差は詰まらずの完敗だった。

ラッキーを目標、3~4角でも内で立ち回ったのがそこまで大きなメリットという展開でもなかったがそれでも前にスペースががっぽり空いていたのでデメリットがなく大きかったし、直線でも仕掛けを待ちつつもラッキーの直後を通せた、坂の上りまでにしっかりと勢いをつけながらも伸びきれなかった。正直かなりうまく乗ってくれたと思うしこれで負けたとなるとちょっとアイデアが要るぞ、となる。

阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)3着

阪神芝外1600m良 18頭2枠4番
1:34.5(+0.2) 47.7-46.6 S^1
12.4-11.3-11.6-12.4-12.2-11.9-11.0-11.5

3走前の阪神JFでもラッキーライラックには完敗だったが、ここでは結構悪くない競馬。それだけにチューリップ賞での差はちょっと痛かったが。ペースは1.1とややスロー、ただここも仕掛けどころが遅くL3では11.9とまだ緩い、直線前半のL2最速でギアチェンジもある程度問われた一戦。

4番枠から五分のスタートから押して押して先行、出足をつけていくが結局は中団の内目からのスタートとなる。道中も中団馬群の内内で我慢して、3~4角でも中団の内から仕掛けを我慢、徐々に外目に誘導しながら直線となる。序盤でリリーノーブルの後ろをとるがスペースが狭くここで待たされる。ラッキーが抜けた後で外に出してからそれなりに伸びてきたがの3着だった。

ここでは直線での進路取りで上位2頭と比べると苦しくなった。本来ならはんしんそとまわりだとそこまで4角で窮屈になることは少ないが、レースラップからもここが11.9と上がってこなかった、前があまり加速しなかったのでスペースを取れずに直線に入ってしまったのでギアチェンジ面で少し苦労する形になったと思う。この段階では踏み遅れてのL1の差し込みができていたし、まだそこまで大きな差はなかったと思うんだが…。

クイーンカップ(GIII)5着

東京芝1600m良 16頭5枠10番
1:34.2(+0.5) 46.0-47.7 H^2
12.6-11.0-11.0-11.4-11.8-12.0-11.5-12.4

ただ2走前のクイーンカップでは完敗を喫した。このレースでは東京マイルだがペースが速くテトラドラクマが作る厳しい流れに支配されてしまった。ラストも最速はL2の11.5だが消耗度合いのきつさはL1の12.4が示している通り。高い基礎スピードを要求された一戦。

10番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと先行策をとっていくがペースが速くなる中でついていく競馬となってしまう。3角では内ポケットに入れて進めて2列目で直線を向く。ただそこから追い出されても反応がなく、L2では前にスペースがあるのに伸びきれない。そのまま伸びあぐねての5着完敗だった。

まあこの敗戦自体は仕方がないし、基礎スピードが問われてどうなのかというのが分かっただけでも収穫だったと思う。ただ、46秒ペースはさすがに速かったとはいえ、前半勝負で甘くなった以上、基礎スピード面でプラスアルファを補うのは難しいということも分かったかなと。

2018桜花賞への展望

現状ラッキーライラックとは勝負付けが済んでしまった感が強いし、前半ポジションを取りに行ったとしても簡単ではないだろう。またペースが上がって前目を取りに行くと崩れるリスクもあるしなかなか難しいなと。一応チャンスがあるとすれば、スローの流れの中でラッキーライラックよりも2列以上前を取れれば、というところ。内枠を引いて2列目の内内、47.5ぐらいの流れで無理なく良い位置をとってロスなく立ち回ってどこまでだろう。要所でしっかりと動ける方なのは武器だが、トップスピードの質、持続力ともに最上位には一枚見劣る。桜花賞で狙うとなると少なくともラッキーライラックより上はないし、チューリップ賞の感じからも内枠などがかみ合う分を評価しても連下まで、3着ヒモがベースになるかな。逆転するのはなかなか簡単ではないと思う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
桜花賞(GI)3連複10点勝負
昨年も5020円的中!

ラッキーライラックを脅かす穴馬で
万馬券も狙えるプロの馬券!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
3/25 中京6R    4万8120円的中
3/24 中山6R 1万9840円的中
3/17 中京7R    1万6880円的中
3/11 中京9R    2万8670円的中
3/10 中山9R 14万2050円的中
3/4 中山10R    3万8170円的中
3/3 小倉10R   10万7600円的中
2/24 阪神11R    1万9590円的中
2/18 フェブラリーS 4万1560円的中

桜花賞(GI)を無料で見る方法

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。