競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

高松宮記念 2018 レッドファルクスの敗因分析:直線進路を外に切り替えるロスもあったが…馬場とペースが大きい

time 2018/03/25

2018高松宮記念:レッドファルクスの敗因分析

中京芝1200m良

1:08.5 33.3-35.2 H^2
12.0 – 10.3 – 11.0 – 11.4 – 11.5 – 12.3

昨年のスプリンターズSの覇者で高松宮記念でも1番人気に支持されたレッドファルクスだが8着と伸びあぐねた。敗因を分析していく。

8着06レッドファルクス(M.デムーロ)

やや出負けして後方からの競馬を選択する。道中も前がかなり飛ばしていく中で後方の内内で我慢の展開。3~4角でも内目を立ち回りながらロスなくも後方で直線。序盤で追い出されて伸びかけるがここで進路を外に換えざるを得ない。L1でもジリジリと伸びてきてはいたが破壊力は影を潜めての8着完敗だった。

まあミルコも騎乗的に良くなかったけど、それ以前にL1の伸びが足りないのが結局のところ馬場とペースだろうと思う。力の要る馬場で2秒近いかなりのハイとなると、流石にこの馬の位置でもスローバランスに持ち込むというのはなかなか難しくなる。この馬は明らかに高速馬場でトップスピードを維持することで高いパフォーマンスを引き出してきたが、今回は良馬場でも時計がかかっている状況、ややタフといっていいレベルまで入っていた。その中でここまで流れてしまうと脚を残しても前との差が大きいし、トップスピードの質を高めたい馬がこの馬場で流れてしまってはなかなかそこまで乗せきれず、勢いがつききらないだけいつもの惰性も生かせない、という悪循環だったと思う。加えて言えば直線で勢いをつけたのに進路を換える形になったのはこの馬の傾向的にも良くなかったと。

この馬はやはり前半できるだけ無理をせず、そこで貯金をして後半早めに仕掛けてトップスピードに乗せて維持したい、そういう馬。10秒台のラップを踏んでからのTS持続は高速馬場では強烈なんだが、今回のように馬場が重くなるとペースが上がってくればあの位置としても脚を残す余力がなかった。いつもの脚を使えなかったうえに直線での進路の問題もあったので、仕方ない負けなのかなと。仮にスムーズにさばけていたとしてもいつもの破壊力を見せられてなかったので際どいところかな。流石にもうちょっと食い込んできていたとは思うが。今回無理せず入ってくれたけど、それでも伸びに繋げられなかったので、前傾ラップは向いてないということだろう。後半に余力を残せないと厳しいタイプだと思うね。本質的にスプリンターではない中で、後半の尋常でないTS持続で勝負できていたという感じ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
大阪杯(GI)3連複10点勝負

好メンバーが揃った一戦で
一発狙える激走必至の穴馬が!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
3/17 中京7R    1万6880円的中
3/11 中京9R    2万8670円的中
3/10 中山9R 14万2050円的中
3/4 中山10R    3万8170円的中
3/3 小倉10R   10万7600円的中
2/24 阪神11R    1万9590円的中
2/18 フェブラリーS 4万1560円的中

大阪杯(GI)を無料で見る方法

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。