競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

高松宮記念 2018 出走予定馬:ファインニードル&川田確定

time 2018/03/23

高松宮記念 2018 出走予定馬:ファインニードル&川田確定

高松宮記念の出走予定馬展望

第48回 高松宮記念(GI)

日程2018年3月25日()

コース中京芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

ファインニードル(川田確定)

昨年のセントウルステークス、そして今年はシルクロードステークスを制してスプリント路線の主役候補まで成長っしてきたファインニードルが高松宮記念に出走予定だ。川田とのコンビで挑んだ前走のシルクロードステークスでは2列目内から鋭く抜け出し57kgのハンデで完勝を収めた。昨年秋は枠に恵まれなかったGIの舞台で今度こそ開花となるか。

前走のシルクロードステークスは内内で上手く脚を残して完勝したが、相手関係は比較的楽だった方だと思う。それでも突き抜けたし課題だった少し力の要る馬場にも対応してきた。後半の脚をしっかりと引き出せる余裕さえ持てればここでも侮れない存在。

シルクロードS(GIII)1着

京都芝内1200m良 18頭1枠1番
1:08.3 34.0-34.3 M
12.2-10.9-10.9-11.1-11.5-11.7

前走のシルクロードSから振り返る。この時は良馬場でも少し雨が残っていて時計も標準には掛かっていた。その中でペースも平均、京都だがL2の地点では11.5と結構落ちている。コーナー地点では速いラップを踏んでいるのでここでのロスが勝敗を分ける競馬にはなっているだろうと。

1番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと先行策、セイウンコウセイが主張したのでその後ろで上手く2列目のポケットにつける。道中も前にスペースを置いて理想的に3角。3角の下りでもブレーキをすることなく前のスペースを詰めながら出口まで最内を通して番手で直線。序盤で外に出してしぶとく伸びて先頭に立つ。L1までそれを維持してしぶとく抜け出し後続を寄せ付けずの2馬身差完勝。

京都1200の教科書的な勝ち方だが、ペースがそこそこは上がっていて上手くスペースを確保できた。また内枠というのも好材料だったと思うし、早い段階でベストポジションを確保できたのが完勝できた要因だろうと。終始一貫して減速ラップだったことも大きいかなと。この馬は内での立ち回りが非常に上手いので、その辺りもこの馬の良さと枠、コース、展開が噛み合ったといえる。噛み合えば強いが、条件的にフィットしないといけない感じはする。

スプリンターズS(GI)12着

中山芝外1200m良 16頭7枠13番
1:08.3(+0.7) 33.9-33.7 M
11.9-10.8-11.2-10.9-11.1-11.7

2走前のスプリンターズSはその条件が悪い方向で噛み合ってしまった。ペース自体はこの馬としては平均で理想的、L3最速でも問題ないと思うが、枠が悪くてここまでに苦労してロスの多い競馬になったのが響いた。

13番枠から五分のスタートだが少し窮屈になって一旦下げて中団、そこから大外に持ちだしリカバーしようとするが結局好位列の外々と内には入れられないまま3角。3角の緩やかな地点で雁行状態の好位列の一番外で下げるに下げられず、ロスの多い競馬。4角でも5頭分ぐらい外々を回して脚を使わされて直線。序盤でもう反応する脚を持っておらず、ラストまで良いところなくの惨敗だった。

ここでは枠の並びも悪かったしペースも上がり切らなかったので2~3列目が凝縮してその外を回す羽目になった。そのうえでL3の4角地点が最速でここでロスが多くなったことで脚を使って直線までに甘くなったと考えるのが自然だろうと。レッドファルクスが異次元なだけで、本来この展開だとコーナー部分でのロスが響いているはずで、余程のTS持続力がないとこれだけ大外を回してしまっては難しい。この馬は後半のTS持続でそこまでのレベルにはまず無かったと思う。

セントウルS(GII)1着

阪神芝内1200m良 14頭5枠7番
1:07.5 33.8-33.7 M
12.2-10.8-10.8-11.1-11.1-11.5

昨年秋に強かったセントウルSもこの馬らしい勝ち方だったと思う。とにかく条件がかっちり嵌れば強い。ここでも高速馬場で平均だが3~4角でも淀みがない、コーナーで速いラップを踏んでいる。

7番枠からここでは五分に出たか?という程度でそこから二の足でグーンと前に行ってコントロール、2列目のポケットに入り込む。出して行って前をカットされてもしっかりと折り合って2列目のポケットで3角。3~4角でも2列目のポケットでジッと我慢して置かれず直線。序盤でも前が壁だが狭いところをすっと割って一気に先頭に並びかける。L1で抜け出したところで鋭く伸びてきたダンスディレクターが差を詰めてくるがセーフティ、2列目との差は詰めさせなかった。

ここでも取り上げるべきはコーナリングの上手さ、そして二の足の速さでスッといいポジションに取れるという点。3角までにいい位置を取ってしまえば崩れる心配は少なくなる。後半のTS持続も前目からはしっかりと引き出せるほうではあるが、やはり前半に良い位置を取ってこその馬だというのはスプリンターズSからもわかるかなと。

2018高松宮記念への展望

まず間違いなく内枠の方が良いタイプで、二の足が速いのでスッといい位置を取れる。また3~4角でのコーナリングが上手い。阪神内回りは3角の入り、4角の出口が結構急なんだがここでもスッと置かれずついていけているので内内で、というのは重要なポイント。枠順次第で評価を変えたい一頭というのはこの辺りかなと。2走前のスプリンターズSの様に外枠でとなると少し不利を受けて中団外々でとなってしまうリスクもある。そうなるとレッドファルクスはもちろんだがダンスディレクター辺りと比較してもTS持続がそこまで高いわけではないので、いかに前半にいい位置を取れるか。ハイペースも最低限対応できるが北九州記念でも少し窮屈になったとはいえラストの伸びで物足りなかったし、少なくともベストではない。平均ペースぐらいで上手く好位の内を確保できればチャンスも広がってくる。

――――――――――――――――――――――――
【高松宮記念】の超穴馬を今すぐ教えます!
《昨年は16番人気のティーハーフが激走》

――――――――――――――――――――――――

今年もとっておきの超穴馬がいる!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

レッドファルクスと決まっても馬連想定30倍以上!

今年の『超穴馬』を今すぐ教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。