競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

日経賞 2018 予想:本命04ロードヴァンドール

time 2018/03/23

日経賞 2018 予想:本命04ロードヴァンドール

2018日経賞の予想

中山11R 日経賞(GII) 芝内2500m
馬場想定:良、標準馬場想定

展開予想

金曜正午の段階で稍重、恐らく金曜以降は快晴に近いので良馬場で回復する可能性が高いだろう。先週よりは少し軽くなるかもとは思うが一応標準馬場としておく。逃げるのはロードヴァンドールでほぼ確定的。これを見ながらガンコが競ってくる、内からはノーブルマーズもこれらを行かせて2列目で進めてというところだろう。トーセンバジルもこの辺りの様子を見ながら2列目~好位。ペースは上がってこないと思うし、61秒半ばぐらいから後半59秒ぐらいを想定。かなりのスロー~超スローぐらいまである。

予想

◎04ロードヴァンドール
〇07トーセンバジル
△12ガンコ
△14キセキ
×02ショウナンバッハ06ノーブルマーズ11サクラアンプルール
3連複◎〇軸△×流し
3連単F◎〇-◎〇△-◎〇△×

◎ロードヴァンドール

ちょっと悩んだのは悩んだが、最近はちょっと消極的な予想になっているので自分の気持を強く押し出してこれを本命に。ロードヴァンドールは結構前から距離に関しては持つと思っていたけど、前走の日経新春杯は想像以上に強かった。力の要る馬場で60.7-58.6とかなりのスロー、12.3 – 12.5 – 12.3 – 11.6 – 11.4 – 11.6と後半は3F勝負だがそれでも上位3頭の中で一番斤量が重い状態でL1までかなりしぶとく粘った。ガンコにはL3-2の加速の地点で少し脚色で見劣ったがL1での踏ん張りはこちらの方が上だったし意外とポテンシャル面の高さを見せたと思う。その前には金鯱賞で2着したときに60.4-58.8とかなりのスローからの11.7 – 11.7 – 12.0 – 11.9 – 11.4 – 11.8と6Fのロンスパからの2段階加速でL2でスッと動けていたし、この馬は意外と長距離的な競馬で良さが出ていると。血統からどうしてもこの距離だと嫌われると思うが、ここは素直に前走を信じて思い切って本命視したい。他も不安はあるからね。前半スローに持ち込んで向こう正面ならある程度どういう仕掛けのパターンに持って行ってもチャンスはあるし、馬場も3~4角からある程度外への意識を持ってくれれば。

〇トーセンバジル

相手は悩んだけどこの馬にした。不安が一つあって、やはり今の中山で標準ぐらいに時計がかかるというのがプラスかどうかは微妙。ただここ2走の内容は評価できるし、阪神大賞典でも61.5-60.4-60.7と平均的な流れの中でサトノダイヤモンドを目標に12.3 – 12.6 – 12.3 – 11.7 – 11.8 – 12.3のラップ推移でサトノの直後、外々を回してジリジリと3着まで来た。基礎スピードも問われたにせよポテンシャル面も無いとロスが多い中では難しかったし結構頑張った。前走の香港ヴァーズが62.88-58.45と超スローからの25.80-23.74-23.56-23.15と5~6Fのロンスパから2段階加速。ここで上手くモレイラが3~4角を上手く内目で立ち回ってくれてもう一段直線で加速、という流れに対応してきた。これなら中山2500の2段階加速も問題ない。後は馬場がどうかだけかな。それも渋ったら別だけど、恐らく乾くだろうし標準ぐらいなら。ベストは京都大賞典みたいに超高速で前目からスッとだけど、休み明けでもミルコだし好位から3~4角で馬場の良いところを狙いながらロスなくというバランスもとってくれそう。対抗では狙いたい。

<PR>

<PR>

△ガンコ

まあ対ロードヴァンドールで考えた時にどうしてもそれ以上は狙いにくいと。2走前の日経新春杯では60.7-58.6とかなりのスローからの12.3 – 12.5 – 12.3 – 11.6 – 11.4 – 11.6と3F戦の中で番手からロードヴァンドールにL2で襲い掛かったがL1で返り討ちにあった。加速していくまでの過程は良かったのだが4kgのハンデ差がありながらL1で甘くなったのは物足りないし、少なくとも後半の末脚の絶対量ではロードヴァンドールの方が評価は上、という感じ。この馬の場合、前走も3走前もそうだがある程度前半要素をとわれているというのはある。松籟Sは重馬場でタフな状況、61.6-61.2と平均だったこともあって12.9 – 12.3 – 12.3 – 11.5 – 12.2と2F戦で仕掛けが遅かったのも良さが出たという感じ。仮にロードが逃げてこの馬が番手、となった時にしっかりとペースを60秒台半ばぐらいまで引き上げられればいいと思うが、魔術師のノリと藤岡兄で舞台が中山2500となるとそう上げられないだろうと思う。スローからの後半勝負でとなるとロードを競り落とせない可能性が高いとみて連下まで。

△キセキ

悩ましいけど連下にした。ひとつはやはり香港ヴァーズからの遠征明け初戦、ということになる。もちろんこれだけならトーセンバジルも同じだが、今回は鞍上がルメールに替わって馬場が悪い中で後方一手が基本のキセキ、という組み合わせ。馬場が悪いと3~4角で各馬が外々に膨らむので、基本的に外から動いていきたいこの馬としては必要以上に外を回す羽目になる可能性がある。それと、神戸新聞杯では61.4-58.6と超スローからの12.2 – 11.9 – 11.3 – 11.4 – 11.8とL3最速のTS持続戦で内内をロスなく立ち回ったが思ったほどL1での伸びがなかった。もちろん相手がレイデオロとはいえ、サトノアーサーレベル相手に結構完璧に立ち回って伸びで違いを作れなかったならコーナリングで窮屈なのが良くないのかもしれないと。前にレースを支配されて、今のルメールが向こう正面で一気に動けるかどうかというのもあるし、状態面でもカギではある。総合的に弱点が少ないトーセンバジルの方が今回は良いかな。

×ショウナンバッハ

追い切りは常に良くなっているので状態面は良いはず。前走の中山記念では前が飛ばす中で後方で進めて直線入りで進路どりに少しまごついた中でそれなりに伸びてきた。今回も内内で立ち回ることは可能だと思うし、この距離なのである程度ポジションを取ってトーセンバジル辺りを目標にできれば。ただパフォーマンス的に見ても、オールカマーや中日新聞杯が良いので多分高速馬場向きだと思う。その点で狙っても3着まで。

×ノーブルマーズ

元々期待していた馬だが、前走の迎春Sでは中山外回りの2200m戦でドスローからの12.0 – 12.0 – 11.7 – 11.5 – 11.8というラップを2列目からじわっと動いて直線入りで堂々先頭と結構要所で良い動きを見せている。このクラスでは流石に要所で鋭くまでは難しくても前目で食らいついての粘り込みは警戒。ポテンシャル戦でウムブルフ撃破は結構評価できる。

×サクラアンプルール

追い切りが良ければ重い印も考えた一頭なんだけど…坂路の動きが良くなかった。まあ、それはそれとして今回ロードヴァンドールの展開をいじくるとしたら田辺かな、というのはある。もともとある程度前でも競馬できる馬でこの距離ならポジションを取ることも可能。しかも番手勢がガンコの藤岡やノーブルマーズの高倉と関西騎手で中山2500の手練手管を持つノリを競っていくのは難しいから、田辺がどこかで動くかも?というのは意識としてはある。サクラアンプルールは有馬も着順こそひどいが明らかな不利を受けたもので4角出口から直線入りまではスワーヴやシュヴァルグランとはそんなに差のない脚を使えていたからね。ただ前走の中山記念は1800が本質的に短いといってもちょっと物足りなかった。内目を上手く立ち回って直線までに外に出せたし勝つかなと思った中で甘かった。追い切りもイマイチ、3着までかなと。

――――――――――――――――――――――――
【高松宮記念】の超穴馬を今すぐ教えます!
《昨年は16番人気のティーハーフが激走》

――――――――――――――――――――――――今年もとっておきの超穴馬がいる!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★レッドファルクスと決まっても馬連想定30倍以上!

今年の『超穴馬』を今すぐ教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

高松宮記念では
毎年のように当社指名の超穴馬が激走!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

《2014年》穴スノードラゴン(8人気2着)
【7990円】的中!
――――――――――――――――――――――
《2013年》穴ハクサンムーン(10人気3着)
【2万7200円・1万1340円】的中!
――――――――――――――――――――――
《2012年》穴サンカルロ(3人気2着)
【1070円・59300円】的中!
――――――――――――――――――――――
それだけでなく!

《2016年》6690円・1740円的中!
《2017年》3230円・2150円的中!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ドル箱中のドル箱GI
【高松宮記念】の超穴馬は今年も見逃せない!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。