競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

スプリングステークス 2018 予想:本命02ルーカス

time 2018/03/17

スプリングステークス 2018 予想:本命02ルーカス

2018スプリングステークスの予想

中山11R スプリングステークス(GII) 芝内1800m
馬場想定:良、ややタフな馬場想定

スプリングステークスの展開予想

スプリングステークスの展開予想はyoutube動画チャンネル『競馬をやって何が悪い。ch』にてアップロードしております。チャンネル登録もしていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

一応展開をざっくりといえば、恐らくコスモイグナーツとエポカドーロがそれなりに引き上げて行くと思うがこの2頭が少し離して少し離れた位置に2列目パールドバイ、ビッグスモーキー辺りになるんじゃないかなと。48.5-48ぐらいの感じで平均~ややスロー想定。

スプリングステークスの予想

◎02ルーカス
〇05エポカドーロ
▲07ビッグスモーキー
△08ステルヴィオ
△11ゴーフォザサミット
×01バールドバイ06ハッピーグリン
3連複◎軸〇▲△×BOX
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ルーカス

ここも人馬で。というか中山内回りは基本的にミルコ。実力的には正直ここで抜けているとは思わないんだが、新馬戦でも見せているようにしっかりと動いて脚を使えるのは魅力。新馬戦はスローから12.3 – 12.6 – 11.9 – 11.4 – 11.7とL2最速の流れで中団から外々押し上げながらしっかりと直線で抜け出した。ここは相手関係もそこそこ強敵だったし、この時点でこれだけやれればひとまず上等。2走前の東スポ杯はワグネリアンをマークする形になってしまったので苦しかったが、後方からとはいえ46.5-48.1とかなりのハイからの12.0 – 12.3 – 12.0 – 11.8 – 12.0とL2最速戦だが恐らく後ろからの馬にとっては早めの仕掛けでポテンシャル戦に近い。早い段階でワグネリアンには抜け出されてしまったがL1までしぶとく伸びてカフジバンガードは問題としなかった。良い位置を取ったカフジを差したんだからこれはやはり一定の評価をしたい。前走のホープフルSの場合は59.6-61.8とかなりのハイの流れに好位で乗ってしまったのが痛かったし、3~4角で息が入ったところで外から動かれてしまった。L2でも少し抵抗できていたので悪くはないがあまり基礎スピードを問われない方が良い。恐らく今回は速くても平均まで、この馬が中団で進めれば恐らくスローバランスで入れる。後は内から捌けるかだが要所である程度動ける方なのに加えてスペースの取り方、進路の取り方においては一番信頼を置けるミルコ。難しいところだけど軸としてはこの馬。

〇エポカドーロ

戸崎が強気の競馬に持って行けるかどうか。理想のパターンは1角までしっかりとペースを作って単騎気味、向こう正面でもリードを保ちつつ少し息を入れて3角に入れれば面白い。武器は前半のパワー型基礎スピードで、2走前の未勝利はラノカウ相手に48.1-48.0と平均ペースを作りながら12.2 – 12.3 – 11.7 – 11.8としっかりと2F戦で突き放しての完勝、最後は流していた。息を入れて後半しっかりと一脚を使ってきたし、L1も落とさず。また前走のあすなろ賞も小倉2000で60.5-60.3と平均からの12.7 – 12.4 – 11.7 – 11.7 – 11.8と息を入れての3F勝負で余裕で楽勝、突き放している。距離の融通が利くタイプだし、息を入れて後半ロンスパで長く脚を使えるのも魅力。新馬では10秒台の脚をとわれて明らかにキレ負けしていたので、条件的にもこういった力の要る馬場の1周コースは合うはず。後は前半から平均には引き上げたい。この面子なら通用すると思う。

▲ビッグスモーキー

まあ前走のすみれSが強かったのは間違いないと思っている。ただかなりの高速馬場ではあって、60.6-58.8とかなりのスローバランスで先行策から12.3 – 12.0 – 11.8 – 11.0 – 11.7とL2最速でギアチェンジを問われた中で2列目のポケットから直線少し置かれつつもL1までしぶとく。ケイティクレバーが強敵だったと思うしこれに対してL1までしぶとく食らいつけたのは収穫。力の要る馬場で平均気味になったときにどうか?というのはあるが、前走はキレ負けはともかく自身の範囲で加速できていたと思うので外から勝負出来れば。面白い一頭のはず。

<PR>

△ステルヴィオ

力は一番だと思うんだが、適性の問題。特にここ2走で考えた時に明らかにサウジ戦の方が朝日杯よりパフォーマンスが上。サウジ戦が46.1-46.9と流れた中で速いラップを要求されにくい中で強烈な脚を披露し一頭だけ33秒台が示す通りTS持続力を高いレベルで見せてきた。一方で前走の朝日杯は47.2-46.1とややスローの流れで後方からの競馬、外々からL1までしぶとく脚を使ってきたがダノンプレミアムには圧倒されてしまった。脚を残して鋭さを増すタイプではないと思うし、サウジ戦の感じならマイルぐらいがベストかなと思うんだが。1周コースの1800への対応力もコスモス賞で見せているとはいえそこまで圧倒できていない。今回はそこそこには流れると思うし、その流れでゲートがまずく中団~後方で外々正攻法から突き抜けきれるかどうか。エンジンの掛かりが遅いけどTS持続の方が合っている気がするから連下までとした。

△ゴーフォザサミット

権利が欲しい立場で外枠を引いてしまいこの枠の段階でリスクを取って前に行くのは難しいと判断。無理せず後方で我慢してステルヴィオを見ながら進めていくかなと。ただこの馬の場合3走前の未勝利でもポテンシャル戦で外から楽に突き抜けているし、アイスフィヨルド相手なのでこれを相手に突き抜けたのだから底は見せていない。共同通信杯でもカフジの後ろからしっかりとTS持続で差し切っているし素材比較だとカフジよりこちらの方が上かなと。

×バールドバイ

実力的には一枚足りないのは確かで、後は内枠で我慢して上手く一脚を使ってどこまで。枠の差でライトカラカゼを逆転は可能とみた。2走前の未勝利戦では2着も12.4 – 12.5 – 12.6 – 11.7 – 12.1とL2最速で0.9の加速が問われた中で2列目外からしぶとく反応して伸びていたし、L1でライトカラカゼに差されたものの悪くない競馬。2列目内内で前から少し離して息を入れながら3~4角で上手く内内を立ち回れれば。

×ハッピーグリン

権利が欲しい立場でこの枠の並び。恐らく中団~後方での競馬となるが、前にルーカスを置いて目標にして進める可能性が高そうかなと。一応セントポーリア賞は強かったが正直レースレベル的にはかなり恵まれたと思うので何とも。コスモス賞でも重馬場の札幌1800で49.6-48.5とややスローからの13.2 – 12.2 – 12.1 – 11.9 – 12.3とポテンシャル戦でL2では先頭に立ってしぶとく踏ん張って、L1でステルヴィオに差された形。まあこれもレベル的にそこまで評価はできないので押さえまで。

――――――――――――――――――
《昨年のスプリングSも◎-穴で当然的中!》
―――――――――――――――――
今年のスプリングSにも
トライアルだから大きく狙える馬がいる!!★★★★★★★★★★★★★★★★★★『勝つ馬はすでに見えています!
しかも相手もほぼ1点!』

byダービージョッキー大西直宏★★★★★★★★★★★★★★★★★★→スプリングS【◎-穴1点】特別無料公開!
絶対お見逃しなく!■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

先週は10万馬券を狙い撃ち!
当社独占スクープ情報で万馬券量産中!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

《先週日曜阪神9R》◎スプマンテ
【10万5740円】的中!!
―――――――――――――――――
《阪神2日目2R》6万6160円的中!
―――――――――――――――――
《阪神2日目10R》4万4040円的中!
―――――――――――――――――
《小倉6日目7R》3万5170円的中!
―――――――――――――――――
《中山1日目3R》2万8060円的中!
―――――――――――――――――
《小倉6日目9R》2万0080円的中!

※※その他的中多数!※※

★★★★★★★★★★★★★★★★

ダービージョッキー大西直宏が買う
【スプリングS】◎-穴の1点

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。