競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

スプリングステークス 2018 出走予定馬:ゴーフォザサミット&田辺想定

time 2018/03/13

スプリングステークス 2018 出走予定馬:ゴーフォザサミット&田辺想定

スプリングステークス2018の出走予定馬展望

第67回 スプリングステークス(GII)

日程:2018年3月18日()
コース:中山芝内1800m

予想用・出走予定馬一覧

ゴーフォザサミット(田辺想定)

百日草特別では先行しながらしっかりと抜け出し強さを見せたゴーフォザサミットがスプリングステークスに出走予定だ。前走の共同通信杯ではまさかの出遅れて上がり最速を繰り出すも4着と賞金を積めず。何としても権利は最低限、賞金も積み上げたいこの一戦だが強烈な末脚を中山の舞台で引き出せるか。

まずはしっかりとゲートを出ないと。そして基本的には府中の決め手勝負で良さを出しているので、中山1800mで分散しながらとなるとどうか。未勝利で強かったのでそこまで心配しなくても良いかなと思うが、ゲートに関しては不安定なので。

百日草特別(5下)1着

東京芝2000m良 8頭2枠2番
2:00.9 61.6-59.3 S^2
13.2-12.3-12.1-11.6-12.4-12.7-12.5-11.4-11.1-11.6

2走前の百日草特別から振り返りたい。東京の2000m戦でペースはもちろん遅く2.3とかなりのスローからの3F戦。途中少しペースが上がったり下がったりはあったが、前半のポジショニングとそこからの直線の鋭さ勝負。

2番枠からまずまずのスタート、そこから押して先行策を取ってから控えて2列目ポケット。道中も控えてから少し掛かり気味な面は見せたがシッカリとコントロールし少し外に出して3角。3~4角では2列目の外の位置から促しながら2馬身差ぐらいで直線。序盤の加速の地点では反応はイマイチでジリジリ、2馬身差のまま。L2の最速地点で徐々に伸び始めてここで1馬身半差ほど、L1で前が下がったところをキッチリと捕えきった。

正直途中から外を意識したのは正解だったかなというぐらい加速性能はイマイチだった。ただトップスピードに乗ってからの質、持続力は高いレベルにあったと思う。普通に高速馬場ではあったが、それでもL1の地点では恐らくこの馬自身のラップで考えれば11秒台前半…11.3~11.4ぐらいかなと思うし結構長トップスピードを維持できているのかなと。

共同通信杯(GIII)4着

東京芝1800m良 12頭7枠10番
1:47.7(+0.3) 48.0-47.2 S^1
12.9-11.1-11.7-12.3-12.2-12.4-11.7-11.5-11.6

前走の共同通信杯ではまさかの出遅れが響いたのは間違いない。ただ出遅れたことで早めに動く意識も働いたか、結構強烈な末脚を引き出してきた。ペースはややスローだが、中弛み気味からの直線勝負。前とは少し離れていたので上位勢は上がり33秒台前半~半ばを繰り出しているように恐らく後ろは前を早めに捕えに動いてのTS持続戦だったとみている。

10番枠から出遅れて最後方からの競馬となってしまう。道中も1頭交わした程度でほぼ最後方から動けないまま3角に入っていく。3~4角でも最後方近くなので内内で我慢しながら直線で最内を突く。序盤の段階で仕掛けるしかないので最内のスペースをシッカリとついて追い出すがまだ伸び始めは遅い。L2で中団に取り付いてL1で3馬身差ある差をじわっと詰めての4着だった。

まあ正直に言えばオウケンムーンやサトノソルタスと比較すればL1でもうちょっと伸びてほしかったし足りない所もあるが、相手も強かった。エンジンが掛かればトップスピードの質・持続力は流石というところは見せた。もちろんこれが実力というわけではなくてあくまで末脚の絶対量の問題。この馬は本来これをある程度前目で引き出せるので良いのだが、ここまで出遅れてしまってそれができなかったのがきつかったかなと。多少の出負けならともかく、結構ゲートが不安なのはある。個人的には距離は前半ゆったり楽にという点でもうちょっと欲しいタイプだと思うし、1800で前半からそこそこ流れて位置取りも悪いとなると結構難しかったかな。もうちょっといい位置を取れないと。

未勝利1着

中山芝内1800m稍 11頭3枠3番
1:49.4 49.7-48.3 S^1
12.5-13.1-12.1-12.0-11.4-11.8-12.1-12.2-12.2

中山1800m戦では未勝利勝ちがなかなかのパフォーマンス。ペースは1.4とスローではあるがそれなりには流れていて、そこからのロンスパでL5最速。特化とまではいわないがポテンシャルを相当問われた一戦だろう。

3番枠から坂スタートで出負けして後方からの競馬。そこから内目を通しつつもリカバーして向こう正面では中団馬群の中に入れていく。向こう正面でロンスパの流れになり、3~4角では中団の外目から仕掛けを待ちつつ4角で仕掛けて上手く外に誘導。序盤で中団からスッと伸びて好位列、L1で一気に先頭まで突き抜けての完勝だった。

ポテンシャル面で底を見せなかったし、ロンスパでエンジンがかかってからの良さを見せることができている。少しロスがあってもエンジンをかけてしまった方が良いタイプかなというのは感じる。中山1800はどうしても前半が落ち着きやすいが向こう正面でペースアップしたときに長く脚を使えるという実績があるので積極的に動いていきやすい。一方で坂スタートではあったがここでもゲートはイマイチよくなかった。今回もそこはカギになるし、全体で流れれば基礎スピード面、スローならばポジション面とこの二つはどうしても課題になる。

2018スプリンターズステークスへの展望

ポテンシャル面やTS持続が高いのはあるんだが、個人的には要所の動き出しの反応…ギアチェンジ面はちょっと物足りないと思う。どんなレースでも伸びてくるのはエンジンがかかってからL1の減速地点だし、緩い地点からトップスピードに乗せる過程であまり優位性を取れていないと。割と典型的なハーツクライ産駒のイメージ。そう考えると中山1800でスプリングステークスの傾向としてもL2最速になりやすいのはこの馬としてはマイナス材料。同じ1周コースでも札幌1800の新馬戦ではルーカス相手に12.3-12.6-11.9-11.4-11.7と加速していく過程…最速地点L2は札幌では4角地点後半になるが、明かに置かれてしまっていた。12.6と緩い流れからコーナーで一気に動くという競馬では良さが出ていなかった。もちろん成長して結果を出してきたともいえるが、コーナーで加速する形では不安がある。未勝利の様に向こう正面で上がり切ってポテンシャル戦ならそう心配していないが、スローの流れで出負けして後方、3角までそうペースも上がらずL2でスッととなると個人的には疑問が多いかなと。その辺りを田辺がどう意識して乗ってくるかがカギとなる。この馬もタイプ的には向こう正面での動き・ポジションが重要で、出負けして後ろからならリスク覚悟で動きたい。またいい位置を取れても内で我慢するよりは早い段階で好位の外ぐらいを取って3角手前でじわっと前に対してプレッシャーをかけていきたいかな。いずれにせよ動き出しの地点は反応があまり良くないので、意外と信頼するのは危険かもしれんね。噛み合えば勝負になる馬だけど、噛み合わなければ…端的に言えばスローでL2最速、出負けすればかなり危うい。その辺を意識して判断したい。振れ幅は大きいけど一応内過ぎない内目の枠を引ければ、そして内に先行馬が揃ってリカバーしやすい並びがベストかな。外枠だと出負けしてポジションを上げていくのは難しいからレースを支配されると後は自分で向う正面で動くぐらいの意識は必要になる。なので扱いが結構難しい。

――――――――――――――――――――――――
《昨年のスプリングSも◎-穴で当然的中!》
――――――――――――――――――――――――

今年のスプリングSにも
トライアルだから大きく狙える馬がいる!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『勝つ馬はすでに見えています!
しかも相手もほぼ1点!』

byダービージョッキー大西直宏

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スプリングS【◎-穴の1点】特別無料公開!
絶対お見逃しなく!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

先週は10万馬券を狙い撃ち!
当社独占スクープ情報で万馬券量産中!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

《先週日曜阪神9R》◎スプマンテ
【10万5740円&3万4130円】的中!!
――――――――――――――――――――――
《阪神2日目2R》6万6160円的中!
――――――――――――――――――――――
《阪神2日目10R》4万4040円的中!
――――――――――――――――――――――
《小倉6日目7R》3万5170円的中!
――――――――――――――――――――――
《中山1日目3R》2万8060円的中!
――――――――――――――――――――――
《小倉6日目9R》2万0080円的中!

※※その他的中多数!※※

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ダービージョッキー大西直宏が買う
【スプリングS】◎-穴の1点

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。