競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

フィリーズレビュー 2018 レース回顧・結果:リバティハイツ、超ハイペースでしぶとくバテ差し重賞初制覇!

time 2018/03/11

毎週日曜の22:00からツイキャスでフィリーズレビューなど重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!

http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

2018フィリーズレビューのレース回顧・結果

阪神芝内1400m良
1:21.5 33.7-36.1 H^3
12.3-10.3-11.1-11.7-12.0-11.9-12.2

一言で言えば田辺ェェェ。何してんねん、阪神1400なんてほっといても流れるのに前についていってわざわざハイペースに巻き込まれに行く必要が無い。結果的に本命・対抗馬で無駄につぶし合ってのオーバーペースってのは勘弁してほしい。33.7は流石に速く、後半は36.1だから2.4で1400では超ハイになる。自分の想定の中では34秒半ばぐらいで丁度良いぐらいのハイ、と思っていたのでそれより1秒近く速い入りだと前目の馬にはかなり辛かったはず。基礎スピード特化戦。

1着リバティハイツ(北村友)

10番枠からまずまずのスタートを切ってそこから無理の無い範囲で下げずに好位の中目で進めていく。前がぶっ放す中で仕掛けを待って3角でも中目でギンコイエレジーの後ろをつけながら直線で外に出そうとする。ただ序盤では蓋をされて好位列で我慢、L1で外に出してからしぶとく伸びてきっちりとバテ差した。

まあ正直やってみないと分からないレベルの極端なハイペースの中で上手く無理のない範囲で中団につけたし仕掛けも消極的で我慢した分が最後まで踏ん張れた要因にはなる。ただ、前目の馬には相当厳しい流れになったが、この馬の位置でも基礎スピードを非常に高いレベルで問われた中でしっかりと最後まで踏ん張れたからこその勝利。これまで後半型の競馬で結果を出してきていたけど基礎スピード面で目途が立ったのは大きいかな。普通に強かったと思うし時計的にも速かった、またギンコイエレジーやデルニオエール辺りもやれているからレベル的にもこの辺が高かったのかなと。ただこの感じだとマイルでというよりは基礎スピードを活かした1200~1400寄りの感じはするんだけどね。

2着アンコールプリュ(藤岡康)

9番枠から出遅れて最後方近くからのスタートとなる。道中も諦めて後方で我慢しながら進めていたが3角でじわっと外から動いて中団の後ろぐらいまで取り付く。4角ではまだ中目で我慢して仕掛けを待って直線で外。序盤でそこから鞭が入るがまだ地味な伸び。しかしL1で中団から一気に伸びて2着争いを制した。

追い切りが良かったけど、出遅れたことで前半無理のないリズムで入れたのがかえって良かったかなという感じ。前がオーバーペースは間違いないとして中団ぐらいの位置でも恐らく前傾ラップになっていたと思うから、後方で前半の厳しい流れをやり過ごせた+3~4角でも大外には出さずにロスを最小限に止める形で上手く脚を使ってきた。ただこのレースに限れば厳しい流れの中でリバティハイツの方が基礎スピード面で一枚上だったというところだろう。この馬もスローの決め手勝負の中でトップスピードの質の高さを見せていた馬なので、この流れでもやれたのは評価できるしこちらの方が桜花賞ならチャンスはあるかな。

3着デルニエオール(岩田)

2番枠から五分のスタート、そこから無理なく楽に先行してスピードに乗っていくが前が速いので控えて好位ぐらいで進めていく。前半は前にスペースを置きながらでちょうどリバティハイツの内で進めて我慢しながら3角。3~4角でも3列目の内でジッと我慢、4角で一つ外に出し出口で外を狙って直線。序盤で外に誘導しながら上手く確保、L1でしぶとく伸びて少し抜け出したが内外からの強襲を受け最後は3着を死守した。

アンヴァルとの争いはかなり際どかったがこれで権利を取れたのは大きい。血統的にステイヤー色が強いステゴ×マックだったのでここまでこの流れに楽についていけるというのは意外だった。ただそれでも岩田がしっかりとペースが速いと判断して全く無理をしなかったし、3~4角で最終的には少し中目に誘導したがかなりロスなく立ち回っている。まあこの展開で正攻法でリバティハイツに逆転されているので基礎スピード戦では一枚相手に見劣ったけど、このレベルでしっかりと脚を使えたなら評価しないといけない。血統的にはもうちょっと長い距離でも良さそうだけどね。

4着アンヴァル(藤岡佑)

1番枠から五分のスタート、そこから押して先行策を取ろうとするが結構内の各馬が速かったので無理せず下げて中団からの競馬になる。道中も結局デルニエオールの後ろで進めながら追走、前にスペースを取りながら3角に入っていく。3~4角でも前にスペースを保った状態で仕掛けを待ちながら直線。序盤で上手く誘導しながらスペースを潰しつつ2列目、L1差し掛かったところで少し窮屈になるが捌いて最後まで伸びを見せるも及ばず、権利面で天と地の差の4着となった。

まあ上手く乗ってくれたとは思うんだけどね。結果的に序盤からかなりハイペースだったので、個人的には想定よりは後ろの競馬になってしまったと思う。ただすぐ外の各馬が結構速かったしゲートも良くは無かったのであの位置はある程度仕方ない。L1も来ていたんだけど、直線半ばで若干窮屈になってしまった分だけ着差が着差でって感じ。それでもトータルで見て上手く乗ってくれたとは思う。

5着ギンコイエレジー(古川吉)

16番枠からまずまずのスタート、押して先行策だが流石にハナ争いは無理で、4頭の逃げ争いを窺いながら好位の5番手で進めていく。道中もラブカンプーが飛ばす中で前4頭からは少し離れた5番手で3~4角・3~4角でも行為の中目で進めつつ、4角で外に持ち出して促しながら3列目で直線。序盤で追い出されるがここでは微妙でまだ3列目付近。しかしL1でしぶとく伸びて最後まで食らいついての5着だった。

前の中では一番頑張った馬。もちろん前4頭が少し抜けていて若干後ろの5番手なのでギリギリのバランスだったのかもしれんが。多分この馬の位置なら目視で大体34秒前半ぐらいだと思う。3走前の新馬戦エアシンフォニー戦で悪くない競馬をしていたんだが、流石にここの上位がリバティハイツも含めてここまでやれるとは思わなかったなあというのが率直な感想で、もちろん紅梅S組にとっては無茶が過ぎるペースだったにせよ、レースレベルとの比較で見ると強かったのかなと。ネオ系はあんまり基礎スピードをこれぐらいの距離で活かしてくるイメージではなかったからちょっと意外だけど、この感じなら1400走れば500万下は順当に勝ち上がれそう。良い基礎スピードを持っている。

10着モルトアレグロ(田辺)

7番枠から五分のスタート、そこから押して先行策だがハナを窺うところまで行って最終的にはラブカンプーを行かせて番手。ただこのハイペースの流れを作る形で番手でラブカンプーを突いて息をなかなか入れさせない。3~4角でもしんどくなったラブカンプーに並びかけに行って直線。ただ序盤で一瞬出し抜かれてしまったし、そもそもそれ以前にオーバーペースでL1で失速してしまった。

はぁ、正直何考えているのかよくわからない。このレース、どう見てもある程度流れるのは明白なメンバー構成で、この馬としてはここまで速い流れで番手では流石に難しい。もちろん出して行ったら案外行けたってのは分かるが、それで前半を突く形になったのだから早い段階でコントロールしないとオーバーペースになってしまう。この馬自身がアンヴァルみたいに1200でハイペースでゴリゴリにやれていたらそれもありだけど、後半部分も問われてこその馬。ラブカンプーでもオーバーペースになっているような流れを作ってしまっては如何ともしがたい。阪神1400は放っておいても基本は流れるんだから、もうちょっと意識して入ってくれないと困るわ。よりによって俺の本命対抗で潰し合いされても…。相手も10番人気なわけで。スローで前に行く状況ならいいけど、これは流石に途中で気づけよ…。

なおアマルフィコーストはスタート直後に落馬で競走中止。

 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。

 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。
で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

 

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

 

 

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
ちなみに昨秋のセントウルステークスは憶えていますか?

 

その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

 

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、

 

06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

 

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※

重賞予想解説者:北条直人

 

↓↓

 

【結果】
——————————–
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
——————————–
この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓
うまコラボ:12月28日(木)的中率結果
=========================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 三連複:54.2%
三連単54.2%

=========================================うまコラボ:12月24日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:41.7%
三連単41.7%

=========================================うまコラボ:12月23日(土)的中率結果
=========================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 三連複:25.0%
三連単25.0%

=========================================

一般的に三連単は平均10%と言われているので、
平均の約3~4倍、、

 3回に1回は三連単が当たっていました!

 

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

 

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】

 

 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

確かにこんなサイトは今までありませんでした。

 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。
週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
http://www.collabo-n.com/
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。