競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

阪神9R ゆきやなぎ賞 予想:本命09ヴェルテアシャフト

time 2018/03/10

阪神9R ゆきやなぎ賞(5下) 芝外2400m
馬場想定:良、高速馬場想定

展開予想

逃げ馬は恐らくタガノスカイハイが行く形、これを行かせながらヴェルテアシャフトが番手を狙っていくかなと。内からサトノワルキューレはある程度先行しつつヴェルテアシャフトを目標にできるポジションを狙う、エタリオウ辺りも外から2列目辺りを狙いそう。この辺でペースが落ち着くと思うし雨の影響を意識すれば仕掛けもちょっと遅れるかも。

予想

◎09ヴェルテアシャフト
〇04サトノワルキューレ
△03ドレーク
△10エタリオウ
3連複◎軸〇△BOX
3連単F◎〇-◎〇△-◎〇△

◎ヴェルテアシャフト

ここは逃げることもできるし今後を見据えての番手の可能性もあるが、新馬戦の段階では阪神2000で63.5-59.6と超々スローからの12.9 – 12.1 – 11.6 – 11.3 – 11.7とL2最速戦でしっかりと加速してL1までしぶとく寄せ付けず。高速馬場なので何ともだが新馬戦としては上々だし追い切りを見ても休養明けでラップ推移からも上げてきていてしっかりと仕上がっている印象。ここから。

〇サトノワルキューレ

前走の梅花賞では直線で外からエタリオウに内に切り込まれる形になってワンテンポ置かれたがL1は伸びていた。13.4 – 12.7 – 11.8 – 11.6 – 11.6のラップ推移を見てもL3-2の地点で置かれてしまったのはちょっと響いたと思う。もともと先行できる馬で今回は内枠、上手く2列目のポケットから直線でヴェルテアシャフトの後ろを取れれば面白い。

△ドレーク

前走のゆりかもめ賞は勝ち馬に突き放されたにせよ東京2400で稍重、12.9 – 12.5 – 11.9 – 11.8 – 11.7のラップ推移で3~4角離れた前を捕えに動く形でL2までは良い脚を使って差のないところで食らいついていた。L1は甘くなったが外から動いてのものは流れを考えると評価したい。後はサトノワルキューレあたりを目標に好位で入れれば。

 

△エタリオウ

ステイゴールド産駒で、前走の梅花賞は後方から外々を押し上げて直線で内に切り込みながらしぶとく伸びて最後はかなり際どいところまで差し込んでの2着。2走前のシャルドネゴールド戦がややキレ負けして物足りない競馬だが相手関係を見ると結構強敵だったしその中で番手から最後までしぶとく踏ん張っての2着。スパッとはキレないがTS持続自体はそこそこ持ってそう。後はある程度の位置を取ってほしいところかな。

PR【重賞4レース予想】3連単を狙いやすいのは阪神スプリングジャンプ

的中に特化した予想。
3月3日(土)三連単・三連複44.4%、単勝80.6%という高水準の的中率を叩き出しました。
このデータを使って、今週の重賞「中山牝馬S」「阪神スプリングジャンプ」「フィリーズレビュー」「金鯱賞」をひも解いて行きたいと思います。
無料会員になれば誰でも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

各レースの過去4年分をまとめてみました。
このデータで狙いやすいと分かるレースは「阪神スプリングジャンプ」です。

過去4年指数上位馬が馬券に絡んでいます。
そして、最も取りたいのは3連単ですよね。
週末までにじっくり研究したいと思いますが、現時点でわかっていることは過去4年1着から3着まで2014年の3着を除いて【赤文字の指数で馬券決着】している点。ここに注目です。

また、週末4重賞のうち「フィリーズレビュー」の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日お昼頃に無料公開されますので楽しみにしてみてください。
⇒ こちら

全てのデータを見たかったら、たった月額1,980円で見れちゃいます。
毎日、データを確認しながら指数をうまく使って週末4重賞を「最少点」で的中させませんか?見やすく、豊富なデータを誇る指数サイトはこちら ↓↓↓

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。