競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中山11R アネモネステークス 予想:本命01レッドレグナント

time 2018/03/10

中山11R アネモネステークス(OP) 芝外1600m
馬場想定:良~稍、ややタフな馬場想定

展開予想

土曜の馬場想定が想定より2段階ぐらい軽かった…。まあとはいえ軽くはない、というのは確かで1000万下1200で流れて9秒を切るかどうか(10秒ぐらいを想定していたが)という中で恐らくややタフな馬場というところだろう。明日は標準ぐらいまで回復するかもだが一応ややタフ想定。

展開だがこの馬場で前がどこまで飛ばす意識を持てるか結構難しいし、馬場のバランス的にもなかなか難しい面はある。ひとまず逃げそうなレッドレグナントだがこれは別に逃げには拘らないのである程度逃げを意識しつつ他が外から行けば行かせて番手。その相手がアングレームあたりかなと。江田照だしこれが積極的にハナを切ってくれば控える。ハーレムラインはいずれにせよこれまで番手で通していて逃げの手は打たないと思うので、この2頭についていくイメージ。ペースは馬場の影響であまり上げたくない意識が働くと思うし、実際今の馬場だと豪華メンバーのここでも34秒台半ばが出ればいい方だと思う。一応1:35.0として想定しても47.5-47.5で平均、47ぐらいでは入るとみてややハイまで想定しつつ平均前後。極端なスローにはならないと思うが。

予想

◎01レッドレグナント
〇05ハーレムライン
△08テンワールドレイナ
△11ラテュロス
×02ノーブルアース×06ダンシングチコ
3連複◎〇軸△×BOX
3連単F◎〇-◎〇△-◎〇△×

◎レッドレグナント

素質としては申し分ない。一応ここ2走が違うパターンでの完勝だが現時点ではあまりペースは上がり過ぎない方が良いと思う。2走前の札幌1500も圧巻で35.5-36.0と平均、12.6 – 12.5 – 12.1 – 11.4 – 12.5と中弛みからのL2最速で一気に出し抜いて勝負を決めてL1は完全に流したからラップは大きく落ちたという感じ。ただ中盤の息が入っているのでペースコントロールしてのもの。前走のサフラン賞も48.6-46.6とかなりのスローからの12.1 – 12.1 – 11.6 – 11.5 – 11.4と3F勝負でL1最速ラップで逃げ切っている。2着のミュージアムヒルが強敵だったんだが直線勝負でスッと出し抜いてL1も減速せずに最後も流してのもの。かなり強かったが、前半をセーブしたことで後半の末脚の絶対量に繋げている。またペースをコントロールできる、要所で動ける、といった総合的な武器を持っていてそういう流れならまずこの馬でいいと思う。不安は戸崎ぐらい。

○ハーレムライン

撃破するとしたらハーレムラインかなと。2走前の中山マイルの走破時計1:33.9は非常に優秀で、46.2-47.7とかなりのハイに肉薄するレベルからの11.6 – 11.8 – 12.0 – 11.6 – 12.3とL3-2での再加速。これで2列目からしっかりと脚を使って抜け出せている。ペースは違うが同日のハイレベルフェアリーSが1:34.6。基礎スピードでレッドを撃破する可能性は大いにある。また前走の500万下では府中のマイル戦らしい47.9-46.7とややスローからの12.1 – 11.4 – 11.3 – 11.9と3F勝負でしっかり番手から抜け出し後続を捻じ伏せてきた。どちらにも高いレベルで対応できるという点では近いが、ペースが上がり切らず余力があればレッドの方が後半のトップスピード持続力は高いかな。

△テンワールドレイナ

まず追い切りが良い。南Wで37.3-12.5はなかなか優秀で、内目を通しているにせよこの馬のラップ推移で比較すればかなり速い。そのうえで前走は47.9-46.7とスローからの12.1 – 11.4 – 11.3 – 11.9と3F勝負で中団から伸び切れなかった。2走前の中山マイルではハイペースで流れた中で11.5 – 12.1 – 12.5 – 12.3 – 12.1と前が落ちてきたコーナー地点でじわっと押し上げ長く脚を使ってL1では12.1と最加速ラップを踏んでいる。ハーレムラインには見劣るが厳しい流れで良さが出ているのも良い。連下で押さえておきたい。

△ラテュロス

アルテミスS組は評価が非常に難しいんだが少なくとも雨で力の要る馬場の中47.5-47.4と平均からの12.3 – 11.4 – 11.5 – 12.2と流れてL3最速という流れで先行策からスッと脚を使って3着というのは悪くはないはず。サヤカチャンがその後さっぱりだから何ともだが、平均ペースの中で脚を使えた基礎スピードは一定の評価をしないといけない。JFも前目につけて結局後半のTS持続負けという感じだったので少し時計がかかる馬場で全体のペースが上がった方が良いのかも。その点では今回は正念場だが条件は噛み合いそうで連下には押さえておきたい。

×ノーブルアース

ちょっと血統面からの入り方で。この馬はこれまで後ろからだったりスローの流れで後半勝負に特化してイマイチ切れずに終わっているという感じ。前走の中山1800m戦でもドスローからの12.1 – 12.2 – 12.1 – 11.6 – 11.8と2段階加速でL2最速、イマイチ切れずにジリッと。ハーツの仔なので前半ゆったりの方がとも思うんだが、ロベルト系との配合でヘイルトゥリーズンのインブリード持ちになると結構流れてもやれるイメージはある(ハーツならマジックタイムとか)。今の力の要る馬場で流れた時に怖さはあるので押さえておきたい。

×ダンシングチコ

割とスローで実績があるのでどうかなとは思うが、ダイワメジャーの仔なのである程度基礎スピードを問われた総合力勝負が向く可能性はあるだろうと。前走も3着以下は離していて、12.8 – 11.5 – 11.6 – 11.7とL3最速で仕掛けが早い中で何とか粘り通せたのは立派。ペースが上がってやれればの押さえ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
金鯱賞(G2)・3連複10点勝負

昨年も5万6390円的中
今年も激走必至の穴馬が!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
2/24 阪神11R    1万9590円的中
2/18 フェブラリーS 4万1560円的中
2/12 クイーンC 1万5560円的中
2/11 京都記念  1万6450円的中
2/10 小倉12R 2万5070円的中
2/4 東京8R  1万0280円的中
2/3 東京8R 1万8870円的中
1/28 東京9R 3万9500円的中
1/27 京都12R 1万2890円的中

金鯱賞(G2)を無料で見る方法

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。