競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

フィリーズレビュー 2018 出走予定馬:アマルフィコースト&浜中想定

time 2018/03/07

フィリーズレビュー 2018 出走予定馬:アマルフィコースト&浜中想定

第52回 フィリーズレビュー(GII)

日程:2018年3月11日()
コース:阪神芝内1400m

予想用・出走予定馬一覧

アマルフィコースト(浜中想定)

6月の新馬戦で勝ち上がり、中京2歳ステークスで連勝を収めたアマルフィコーストがフィリーズレビューに出走予定だ。ファンタジーステークスでは中団からの競馬でイマイチ伸び切れずの3着と賞金を積めなかっただけに、この舞台では何としても権利だけでなく賞金も積みたいところ。桜花賞へ向けて良いステップを踏むことができるか。

今の段階ではペースを引き上げてしまった方が良いと思うしその点で阪神1400は良い材料。新馬戦だけやれればタイプ的に近いラブカンプーとの比較では優位に立てそうな感じはある。

新馬戦1着

阪神芝内1400m良 12頭4枠4番
1:22.1 35.0-35.2 M
12.4-11.0-11.6-11.9-11.9-11.2-12.1

新馬戦から順を追って入りたい。阪神の1400m戦で超高速馬場状態、ペースは平均でL3が11.9、そこからのL2最速11.2なので結構ギアチェンジやトップスピードの質が問われている。

4番枠からまずまずのスタート、そこから無理はせずにじわっと促しながらで最終的にハナを取り切る形となる。道中もそこから先頭列3頭雁行状態の最内で進めながらペースを平均に引き上げて3角。3~4角で少しペースを落として先頭をキープ、楽な手ごたえで2馬身ほど広げて直線。序盤で一気に出し抜いて突き放し4馬身ぐらいの差。スカーレットカラーには最後に差を詰められたがそのまま後続の追撃を問題なく退けての2馬身弱差の完勝だった。

ここではゆったりと入っていきながらも最終的にハナを取り切り平均、そのまま3~4角で息を入れてそこから一気に加速をして突き放したのが勝因だろう。ギアチェンジの性能が高いし、前で平均にコントロールして息を入れてという競馬で良さが出ていたと。ダイワメジャー産駒らしい総合力の高さを見せた。ただ超高速馬場ではあったのでこのペースなら結構息を入れられたと思うし、厳しい流れで結果を出したのはこれがMAXなので、1200向きのスピードタイプが引き上げた時に対応できるかまではちょっとわからない。この時点では十分のパフォーマンスだったが。

中京2歳ステークス(OP)1着

中京芝1600m良 7頭3枠3番
1:34.7 47.7-47.0 M
12.8-11.4-11.6-11.9-11.9-11.6-11.6-11.9

2走前の中京2歳Sでは距離延長ということもあったがそれでも後半型の競馬で結果を出してきた。ただ、相手はアドマイヤアルバでそこそこ強敵ではあったが最後は結構決定的に詰められた。L3で最速タイと仕掛けもある程度速かったが新馬で見せた出し抜くほどの決め手を引き出せなかったのでマイルはちょっと長いかもというのは感じたかな。

3番枠からまずまずのスタートから控えてコントロール、抑えて中団でと新馬戦とは違う形で進めていく。先頭列、2列目からは少し離れた単独の5番手で3角。3~4角でも好位の外から押し上げながら5番手で直線。序盤で追い出されてここで伸びて先頭に近いところまでいくが外のアドマイヤアルバが手ごわく食らいついてくる。L1では1馬身あった差がジリジリと詰まって最後は首まで迫られたが競り落とした。

後ろからの競馬で進めたが、一応長く脚を使ってラストまで踏ん張った。アドマイヤアルバにL1は詰められているのでトップレベルでは何ともだが。アドマイヤも当時は良い物差しだったが、千両賞ではちょっと物足りない面もあったからね。少なくともそれにラストでかなり詰められたので後半勝負でとなると今となってはクラシック戦線ではまだ足りない、という感じ。

ファンタジーステークス(GIII)3着

京都芝外1400m良 13頭7枠10番
1:23.0(+0.1) 36.3-34.9 S^2
12.7-11.6-12.0-11.7-11.4-11.7-11.8

ファンタジーSでは距離短縮の形で伸び切れず3着までと賞金を加算できなかった。ペースは1.4でかなりのスロー、そこからのL3最速なので仕掛けが早く出し切りやすい展開。馬場も良で力がいる状況だったので11.4と最速ラップは遅めだが、これで差し届かずベルーガには内容的に圧倒されてしまったと。

10番枠から好発を切っているのだが抑えて中団に下げる形になる。掛かりながらも抑えてポジションダウン。3~4角でペースが上がっていく中で中団の外目から追走しながら直線。序盤で中目をついてそれなりに伸びて3列目。L1でもジリジリ伸びてはいるがベルーガにあっさり交わされコーディエライトには届かずの3着だった。

まあ流石にここまで下げる必要があるのかってぐらい下げてしまっているのでもうちょっとまともに乗れよ、というか陣営も前目を意識しろよとは思う。ただ末脚勝負ではやっぱりここでもベルーガに完敗を喫しているし、あんまり強気にはなれないかな。少なくとも桜花賞では仮に出たとしてもなかなか末脚勝負では難しいと思う。まあ1400で平均ペースでならやれそうな感じだが。

2018フィリーズレビューへの展望

新馬戦の内容がこの馬らしいと思うんだけどね。まあペースに関しては34秒半ばぐらいまで行くとどうかわからんが、少なくとも1400で流れやすいレースなのでこれまで程に掛かるということはないかな。とりあえずここ2走の形を取るのであれば、ある程度全体が流れてくれた方が良いのは間違いない。新馬戦で見せた緩い地点から直線入りで一気に加速できているし、この路線ならこのギアチェンジとトップスピードの質は武器になる。その点でも極端なスローにはまずならない阪神1400は良い。後は相手関係だろう。例えばラブカンプーなんかは基礎スピード面ではこちらより上だと思うが、平均での決め手勝負なら多分こちらの方が上。モルトアレグロはハイペース適性も高いと思うが、要所でスッと動ける感じではないので前目からの一足で出し抜ければというところはある。アンコールプリュはディープ産駒で阪神1400適性の疑問もあるし、スローで良さが出たのでペースを平均まで引き上げればこちらが優位、と考えればこの面子なら勝負になるんじゃないかなあ。後は下手な競馬をしないことだけかな。外枠を引いて折り合いにビビッて下げ過ぎると嫌だし、全体がハイペースで流れればポジションをそこまでこだわる必要はないが平均で支配されると後ろからでは甘くなりそうなのでそこは注意したい。本番でどうこうはともかく、この面子なら信頼度は高いかな。不安は浜中かなあ。浜中もnetkeibaでマイルCSの言い訳してるそばからしょうもない斜行するから言い訳って言われるんやで、きっちり乗ってくれんと困る。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第52回 フィリーズR(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フィリーズRを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞の前哨戦、1967年に阪神4歳牝馬S(現3歳)として創設。2001年にフィリーズレビューに名称が変更された。桜花賞のトライアルレースで3着までが優先出走権が与えられる。過去の勝ち馬では、エイシンサニー、イシノルーブル、キョウエイマーチ、フサイチエアデール、ローズバド、ヤマカツリリー、ラインクラフト、アストンマーチャン、アイムユアーズ、メイショウマンボ、クイーンズリングなどGI戦線で活躍した馬が多い。

過去10年、人気別の成績では、1人気[2.3.0.5]、2人気[2.0.2.6]、3人気[2.1.0.7]と上位人気馬はそれぞれ2勝しているが、1人気が連対率5割をキープしている。平均配当では、馬連1万2820円、3連複4万8710円、3連単32万4990円と波乱傾向。16年8人気ソルヴェイグ、10年9人気サウンドバリアー、08年11人気マイネレーツェルが優勝し波乱の立役者となっている。二桁人気馬も4頭馬券圏に好走しているように、若駒牝馬でもあり荒れる牝馬重賞。

ステップレース別では500万条件[4.3.3.50]と最多勝利数の4勝を挙げている。その他では阪神JF組[2.3.4.16]、エルフィンS組[2.1.1.14]、クイーンC組[1.1.1.14]。同レースをステップにして桜花賞で好走したのは08年のレジネッタ(桜花賞1着)、昨年のレーヌミノル(桜花賞1着)の2頭のみ。距離が異なるだけに本番に直結するケースは少ない。

競馬セブンではここ5年で4度的中のドル箱レース。13年には3連単9万6300円の特大万馬券を的中している。今年のフィリーズレビューでも人気にならない厩舎の秘密兵器やとなる陣営が「桜花賞では勝負にならないから、ここが目一杯勝負」と送り出す勝負馬など、紙面上には載らない関係者情報を独占入手!週末情報は馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フィリーズR・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第52回 フィリーズR(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フィリーズRを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。