競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

弥生賞 2018 出走予定馬:サンリヴァル&藤岡佑想定

time 2018/02/28

弥生賞 2018 出走予定馬:サンリヴァル&藤岡佑想定

第55回 弥生賞(GII)

日程:2018年3月4日()
コース:中山芝内2000m

弥生賞の出走予定・登録馬一覧

サンリヴァル(藤岡佑想定)

芙蓉ステークスでは番手から鮮やかに器用に抜け出してきたサンリヴァルが弥生賞に出走予定だ。前走のホープフルステークスではGIの流れに巻き込まれた中でも先行馬では唯一しぶとく粘って4着、上位は確保した。ただ賞金的には足りない立場で皐月賞に向けてここは是が非でも権利を取らなければならない一戦、好調藤岡佑介の勢いで切符を確保したい。

タイプ的には一番狙いたい馬なんだが、今年に限ると相手がかなり強敵でここ2走のパフォーマンスでは食われる可能性がかなり高い。後は何頭に喰われるか。馬券的にはアツいと思うが…本番より弥生賞向きだとは思う。

新馬戦1着

新潟芝外1800m良 15頭3枠5番
1:50.1 50.2-46.6 S^4
12.8-11.9-12.4-13.1-13.3-12.8-11.8-10.6-11.4

まずは新馬戦から振り返る。新潟の外回り1800m戦で当てにしづらい面もあるが超々スローからの3F勝負。L2最速だしL3はそここまで速くないので仕掛け的には少し遅めだったかも。

5番枠からまずまずのスタートを切って無理せず離れた3番手で様子を見て行く。道中もゆったりした流れの中で楽に離れた3列目の内目で進めながら3角。3~4角でも前が引き上げない中で我慢しながら3列目の中目で直線で外。序盤で早くも鞭が入ってそこからの反応は地味ながらL2で先頭列に並びかけてくる。L1で抜け出したところに外からキングスヴァリューが食い込んできて決定的に迫られるが何とかアタマ差残した。

まあ結構強敵ではあると思うがキングスヴァリューやナラトゥリス辺りにL1は来られているし、加速している地点での反応も目立ったわけで手放しで称賛できるほどではないかなと。ただ前目からしっかりと捻じ伏せてきたのは一定の評価。この一戦自体はあまり高く評価しているわけではないが、ゲートもそこそこ出たしこれといった弱点は見当たらなかった。

芙蓉ステークス(OP)1着

中山芝内2000m良 8頭4枠4番
2:03.6 63.9-59.7 S^4
13.0-11.7-13.3-12.4-13.5-12.9-12.5-11.7-11.1-11.5

2走前の芙蓉Sは器用な勝ち方で、これが弥生賞にはつながってきそうな感じはあると。レベル的には結構楽だったと思うがペースは4.2で超々スロー、ラップ推移的にもL2最速11.1と顕著でトップスピードを問われたし、何よりギアチェンジが必要だった。

4番枠から五分のスタート、そこから無理なくじわっと先行して楽に番手を確保する。道中も逃げ馬を少し離して行かせながら単独の2番手でドスローの流れを楽に進めていって3角。3~4角でもまだ後ろの仕掛けを待って我慢、4角で外から上がってきたファストアプローチに合わせて促し直線。序盤でスッと加速してファストを出し抜き、L1は余裕たっぷりで流しての完勝だった。

ここで評価したいのは前受けの形、先に外から動いてきたファストアプローチに対してしっかりと反応良く直線で突き放している所にある。仕掛けを待っているわけで、外から勢いをつけてきた馬よりもギアチェンジを問われているわけだがそこでしっかりと動けたなら要所の反応に関してはかなり高いレベルにある。素材的にはともかくだが、このギアチェンジは結構な武器になるはず。

ホープフルステークス(GI)4着

中山芝内2000m良 17頭5枠9番
2:02.0(+0.6) 59.6-61.8 H^2
12.5-10.8-12.5-11.8-12.0-12.3-12.6-12.8-11.9-12.2

前走のホープフルSはレースレベル的な疑問は今のところ残しているけどこの馬の場合は苦しい競馬を強いられたのでそこは評価している。ペースは見てのとおりで2.2とかなりのハイ。ラップ推移的にも3~4角でペースダウンしてL2で再加速、最速は11.9とそうでもないがL3の12.8からの加速度は高い状況だし、減速に合わせるよりここで取り付く立場の方が楽だった。

9番枠から好発を切って楽に先行争いに加わっていく、前が飛ばす中で番手を確保とかなり結果的には厳しい形に。道中も先頭列3頭雁行状態の真ん中で進めて最終的にはそこから控えて単独の2列目。そこから更に3角手前で外から上がって再び番手で進めていく。ただし3~4角で逃げ馬ジュンヴァルロがペースを大きく落とす中でここで我慢せざるを得ない。4角で流石に仕掛けて先頭に立って直線。序盤では一気に脚を使って出し抜きたかったが流石に甘く並ばれる。L1でも下がってしまって外差しに完敗の4着。

流石に運がないというか、こういう競馬では差し馬の方が圧倒的に有利な流れだった。ただし、評価したいのはこの馬自身はL3-2でしっかりと加速する脚を持っていたということ。12.8までペースダウンしてしまった4角地点で後ろも取り付いてきて仕方なく動く形になったんだが、そこから11.9のレースラップまで持ち上げたのはこの馬で、L2の段階ではまだ先頭列にいたし自身走破でも11.9~12.0辺りとみていいだろう。なので加速は間違いなくしていると。このハイペースの中でもしっかりと脚を残せていたという点では評価できるし、流石に前半無理せず中弛みで取り付いた差し馬に対しては苦しかったがスローで支配できればまた違ってくるだろうと。

2018弥生賞への展望

単純な素材、全馬が力を出し切れるような競馬になってしまうと多分この世代で最上位には無い。ただし、総合力、完成度という観点で見ると芙蓉Sで見せてきたギアチェンジの高さ、ホープフルSで見せた基礎スピードの幅の広さというのは大きな武器になる。特に弥生賞は傾向的に見てもスローからのL2最速戦というような競馬が多いので、そういうレースには噛み合いやすいタイプの馬なのは間違いないと思う。昨年で言うところのマイスタイル的な感じ。素材型が人気の上位、というところから馬券的には3連複の軸としてはかなり楽しみはあると思っている。ただ、もちろん素材的に高いレベルにある3頭(ダノン、ワグネリアン、オブセッション)が3頭ともギアチェンジ面で高いレベルにあるようなら難しい。ダノンは多分問題なく強敵だが。ワグネリアンもオブセッションもどちらかというとエンジンがかかってからがいいタイプ。差し損ねた時にこの馬が出し抜いて粘っていての2,3着というところまでは考えても面白いと思う。個人的にはそこ狙いで、1着までは難しいかなとは思いつつも展開の利、総合力から3複軸妙味として対抗に据えたいかなと。馬券的には面白い一頭だと思っている。

―――――――――――――――――――――――――

【【弥生賞】】
今年は少頭数でもとっておきの超穴馬がいる!

―――――――――――――――――――――――――

ダノンプレミアム相手でも馬連想定30倍!

≫≫ 弥生賞の超穴馬 ≪≪

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

同舞台のホープフルSは
超穴馬ステイフーリッシュ(8人気)が激走して
【【3連単5万2380円的中】】

――――――――――――――――――――――

さらに!先日の京都牝馬Sも
東からの勝負遠征!超穴馬デアレガーロから
【【3連単1万0260円的中】】

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今回の超穴馬も絶対に見逃せない!

【【弥生賞の超穴馬】を今すぐ無料で教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎◎ 中山・阪神開催も絶好のスタート! ◎◎

先週土日だけで何と万馬券【11本】獲得!
――――――――――――――――――――――

3月も独占の勝負話で大金獲得のチャンス!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》阪神2R 【6万6160円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》阪神10R【4万4040円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》小倉7R 【3万5170円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週土曜》中山3R 【2万8060円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》小倉9R 【2万0080円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週土曜》小倉5R 【1万6280円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》阪神6R 【1万3190円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》中山9R 【1万1200円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週土曜》小倉6R 【1万1010円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》小倉11R【1万0950円】的中
――――――――――――――――――――――
その他的中多数!(100倍以下は割愛)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ダノンプレミアム相手でも馬連想定30倍!

【弥生賞の超穴馬】今すぐ教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。