競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京都牝馬ステークス2018 出走予定馬:ソルヴェイグ

time 2018/02/15

京都牝馬ステークス2018 出走予定馬:ソルヴェイグ

京都牝馬ステークス(GIII)

日程:2018年2月17日(土)
京都芝外1400m

予想用・出走予定馬一覧

1200m路線で存在感を見せ、昨年もオパールステークスを制した実力馬ソルヴェイグが京都牝馬ステークスに出走予定だ。1200でも強い馬だが、昨年はヴィクトリアマイルでも一瞬見せ場を作るほどで、距離への融通は十分見せている。1400の距離でどういうレースメイクをしてくるか、展開のカギを握る一頭でもあるがミルコ・デムーロとのコンビで久々の重賞制覇を狙う。

距離に関してはこれぐらいあった方が良いかもしれない。それと、あまりTS持続が高い馬ではないので仕掛けを待って入りたいというのはあるかな。その点でも内回りで仕掛けが早くなりやすいコースより、外回りで上手く縦長に持ち込んで仕掛けを遅らせることができるこの条件での浮上は十分あると思う。

オパールステークス(OP)1着

京都芝内1200m良 13頭5枠7番
1:07.5 34.3-33.2 S^2
12.2-11.0-11.1-11.2-10.8-11.2

まずは2走前のオパールSから。このレースと京阪杯がこの馬の特徴を表していると思う。ペースは1.1でかなりのスロー、ラップ推移的に重要なのは仕掛けどころで、ここでは明確にL2最速となっている。出来るだけ仕掛けを待って直線でスッと加速という競馬に持ち込めるかがポイントの馬。

7番枠から好発を切ってスッとハナを主張、内のイッテツを下げて上手くハナを取り切りそこからはレースをスローに支配する。3~4角でも仕掛けを待って息を入れながら直線。序盤で追い出されるとすってゃんのうして1馬身半ほどにリードを広げる。L1ではちょっと甘くなって最後は外差しのヒルノデイバローに食らいつかれるも1着を死守。

この馬のパターンとしては基本的に仕掛けを待つことが重要。使える脚が長くないので早めに仕掛けられてしまうとすぐに甘くなる。このレースでも理想的な仕掛けのパターン、スローで直線入りで加速してスッとという競馬でもL1は甘くなってしまっているのでこの辺りが前走の京阪杯では悪い方に作用してしまった感じ。

京阪杯(GIII)9着

京都芝内1200m良 16頭4枠7番
1:09.3(+0.5) 34.3-34.5 M
12.3-10.7-11.3-11.0-11.2-12.3

京阪杯で決定的に違ったのはペースよりも仕掛けどころだとみている。ペースは平均程度だがこの馬はハイペースでも問題ないぐらい基礎スピードは持っている。問題は仕掛けで、平均からのL3最速11.0、仕掛けが早くL1が12.3と消耗してしまっている。

7番枠から好発を切っていたが様子を見ながらネロを行かせて番手を確保。道中も番手でコントロールして仕掛けを待ちたかったが逆にネロが主導して4角でペースを引き上げて行ったのでここでついていって直線。序盤でいつもの一足が無く2列目に後退、最後まで良いところなくの完敗だった。

本来なら直線の入りまで仕掛けを待って一瞬の加速の脚をここで使いたかった。それがネロを行かせたことでネロが先にペースを引き上げる選択を取ったのがL3の4角地点となる。4角地点で最速ラップを踏めば番手で一つ外から当然そこで脚を使わされる羽目になる。この馬は京都の内回り1200だと安定しないんだけど、その理由はここにあるんじゃないかなと。このレースでは支配しきれずネロに主体的に早めの仕掛けを展開されたことが痛かったとみている。

ヴィクトリアマイル(GI)5着

東京芝1600m稍 17頭2枠4番
1:34.2(+0.3) 47.9-46.0 S^2
12.6-11.2-11.8-12.3-12.2-11.1-10.8-11.9

面白いのがこのヴィクトリアマイル。府中マイルでも稍重で渋っていた中でそこそこやれているように、距離に関しては幅を持っている。そしてこのレースでは1.9でかなりのスロー、L2最速で仕掛けのタイミングはそこまで早くなかった。その流れで12.2-11.1と加速していくギアチェンジ地点では一瞬見せ場を作ってL1で甘くなったという形。

4番枠から好発を切ってスッとハナを主張、ペースを早めにコントロールしながら、外から競ってくるリーサルウェポンを制してペースをしっかりとコントロール、スローに持ち込む。3~4角でも仕掛けを待ってペースを落としながらだが内からスマートレイアーが上がってきて少し早めの仕掛けで直線。序盤で追い出し一旦は先頭に立つがやはり一瞬。L2で並ばれてしまってL1はそれでも必死に食らいついての5着だった。

加速性能が高いので仕掛けを遅らせたい、という中でL2最速まで持って行けたのは良かった。ただL3でも11.1と最速に近いラップでL1が落ち込んだのもあってやはり甘くなるのも早かったかな。それでも結構踏ん張れていたし、距離自体はむしろこれぐらいあった方が良いのかなと感じるぐらい。

2018京都牝馬ステークスに向けての展望

距離的にはこれぐらいは合うと思うのと、京都1400は割と縦長に持ち込みやすいのでその点ではこの馬にとっては有利になる可能性が高いと思う。内回りだとどうしても3~4角の段階で各馬が仕掛けてくるが、外回りの1400なら昨年のように仕掛けを待ってL2最速というような競馬になればギアチェンジを活かしたいこの馬としては面白い形になるかな。前半のハイペース自体は問題ない馬で、キーンランドCでもタフな馬場の中で33.5-35.5を番手でしぶとく踏ん張れているし、前半が速くても中盤息を入れての一足は可能。その点でも割と逃げ先行勢が多く前半そこそこ流れて、中盤で息を入れる意識が働きそうな展開はこの馬にとってはプラスに働く可能性は高いかなと。後はミルコがどういうレースメイクをしてくるかというところ。多少早くても良いしゲートが上手いので早い段階で主導権を取り切って3角の上りまでにリードを作りつつ3~4角で上手く息を入れてしまいたい。展開・能力・適性を考えるとここでは楽しみな一頭かな。

――――――――――――――――――――――――――

前哨戦も2戦2勝で獲った!

《東海S》1万4690円的中《根岸S》2540円的中
――――――――――――――――――――――――――

ゴールドドリーム?テイエムジンソク?ノンコノユメ?

フェブラリーSで大きく狙えるのはこの3頭!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第35回 フェブラリーS(GI)
絞りに絞った3連複3連単1点で教えます!

―――――――――――――――――
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

混戦に見えても大きく狙えるのはこの3頭!

◎○▲の1点で3連単なら想定300倍以上!!

========================

この3週だけで万券25本

========================

2回京都6日目1R
8万0020円的中!
2万4020円的中!

——————–
1回東京3日目10R
6万7690円的中!
——————–
2回京都1日目1R
6万6250円的中!
2万3940円的中!

——————–
2回京都6日目12R
6万5140円的中!
1万1220円的中!

——————–
1回東京2日目1R
5万6200円的中!
——————–
1回中京6日目3R
5万6140円的中!
——————–
1回東京2日目10R
3万2630円的中!
——————–
2回京都3日目9R
3万1100円的中!
——————–
1回東京1日目7R
2万6880円的中!
——————–
2回京都4日目1R
2万2080円的中!
——————–

その他的中多数!

※200倍以下は割愛

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【フェブラリーS】3連複3連単1点は今すぐコチラから!

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。