競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

共同通信杯2018 出走予定馬:アメリカンワールド、前走見せたギアチェンジは特筆すべきもの…スローでこそで府中1800は歓迎か

time 2018/02/08

共同通信杯2018 出走予定馬:アメリカンワールド、前走見せたギアチェンジは特筆すべきもの…スローでこそで府中1800は歓迎か

日程:2月11日()
第52回 共同通信杯(GIII)
東京芝1800m
予想用・出走予定馬一覧

スローの前走未勝利戦では鮮やかに抜け出し勝利をものにしたアメリカンワールドが共同通信杯に出走予定だ。新馬戦はカツジに完敗も重馬場、1800延長も2走前はペースも速く、緩やかな前走でようやく本領発揮。スローの1800mなら強敵相手でも侮れないぞ。

前走の勝ちっぷりは印象的に大きかった。1800に延びたこと、ゆったりとしたペースからスッと反応できたし能力的にもかなり高いレベルのものを見せたと思う。これならここに入っても楽しみが多い。

新馬戦 4着 15頭2枠3番
京都芝内1600m重 1:39.1(+0.3) 49.7-49.1 M
13.0-11.3-12.2-13.2-12.8-12.4-11.8-12.1

新馬戦から順を追ってみて行こう。新馬戦は相手がカツジで完敗の4着だった。重馬場でペースは平均に流れてはいるのだが中弛みはあったしそこまで速い流れだったともいえないがバランス的には平均。

3番枠から好発を切ってまずはハナ争いに楽に入っていく。最終的にはそこから控える形で番手を確保、道中中弛みでペースを落としながら3角。3~4角でも番手外で進め4角出口で少しておごたえが悪くなって直線。序盤でも伸びは微妙でジリジリと伸びずばてずという程度、4着に敗れた。

力の要る馬場ではあったしその流れで前半はそこそこ速く中盤は中弛みでそこからの再加速という競馬、加速していく過程でイマイチ反応できなかったしこの時点ではまだ完成度が低かったか道悪の影響かなという感じ。ここはカツジは強かったが決してハイレベル戦というわけではない。パフォーマンス的にもイマイチだったとみている。

未勝利 3着 11頭6枠7番
京都芝外1800m良 1:48.9(+0.1) 47.5-48.8 H^1
12.7-11.2-11.6-12.0-12.5-12.3-11.9-12.2-12.4

2走前の未勝利戦も1800への延長となりながら甘くなった。といってもかなり流れていて1.3とハイペースとなっている。そこからのL3最速で仕掛けも早いポテンシャル戦。

7番枠から好発を切ってハナを主張できるレベル。最終的には内から主張するグリンテソーロを行かせて番手の位置を確保する。道中も結構流れていたのである程度促しながらの追走、3角でも番手の位置で4角が最速という流れ、ここで押して押して追走に苦労して直線となる。序盤でそこから伸びたいところだがイマイチで外のインスピレーションに交わされる。更にL1にはウォルビスベイにも交わされての3着と完敗だった。

テンは速いがペースが速く追走自体は少しおっつけながらの競馬になっていたし、その流れからL3最速で仕掛けも早く終始しんどそうにしながらも3着までそれなりには踏ん張ってきた。ただ、正直1800でも流れちゃうとちょっと基礎スピード面での不足は感じられるし、今の段階ではもうちょっと距離が欲しいかも?というのはある。

未勝利 1着 16頭3枠6番
京都芝外1800m良 1:50.8 50.4-47.2 S^3
13.0-11.9-12.6-12.9-13.2-12.6-12.1-11.1-11.4

ただ前走未勝利戦では一変した。決定的に違うのはペースで3.2と超スロー、そこからのL2最速11.1とトップスピード戦でしかも3角の下りを終えてからの4角L3で12.1からの11.1へのギアチェンジ戦となっている。

6番枠から好発を切って楽にハナ争いに加わるが、最終的には控えて2列目で進めていく。道中はこれまでにないゆったりとした流れで馬群の中でしっかりと折り合って3角。3~4角でも2列目のポケットの位置で仕掛けを待ちながら、4角出口で一瞬のスペースを突いて一気に反応。直線序盤で4馬身差ギアチェンジで突き放すと後は楽勝だった。

なかなかお目に掛かれないギアチェンジの性能。ペースが上がらない中で直線で11.1と一気に速い脚を引き出せたのは驚きだし、この時の馬場を考えると最速ラップはかなり優秀だ。驚くほどのギアチェンジを見せてきたといえるだろう。左回りでも引き出せれば、という条件は付くがこの性能は素晴らしいしスローでゆったりと進めてきたからこそ緩急の幅を広げることができた、だからギアチェンジを活かせたという感じでやはりスローで仕掛けの遅い流れが理想だろう。

●2018共同通信杯に向けての展望

父キトゥンズジョイというとダッシングブレイズのイメージだが、ダッシングは母父オナーアンドグローリーでスプリント色が強い。ジャンダルムもビリーヴとの配合だが2000をこなしているし、この馬も距離自体はもうちょっとあってもよさそう。前走の感じならば府中で緩い流れから直線で一気にというのは考えやすいかなと。要所での鋭さがスローで緩い流れの中で一気に引きだせた、強烈なギアチェンジ型という感じでこの時点でここまでの反応を見せられる馬というのはなかなかお目に掛かれない。少なくとも前走のメンバーでは3枚ぐらい抜けた直線でのギアチェンジだったと思う。あそこまで加速性能が高ければかなり楽しみな一頭になる。ただし、新馬戦にせよ2走前の未勝利負けにせよ、それを使えるのは限定的な感じはあるし、そうでなければ甘さがもろに出てしまう。ペースが上がってしまったり、L3最速のTS持続特化になった時に何処まで踏ん張れるかどうかもポイントだろう。特にペースに関しては現時点ではあまり幅を持っていないと思う。ゲートに関しては多分今回のメンバー中ではトップクラスに上手いし、ポジション取りに関しては心配していない。内枠を引いてスッと出て、外から何かを行かせて2列目ポケットか番手辺りで立ち回り、スローならば頭もあるかな。ブラゾンダムールと比較しても前半のポジショニングと要所のギアチェンジはかなり武器になると思うし、こちらを上位に取った方が良いかも。クラシック戦線に向けてどういう競馬ができるか、かなり面白い馬だと思う。

――――――――――――――――――――――――
《先週》きさらぎ賞は◎-穴で予告通り的中!
※1番人気で馬群に沈んだダノンも的確にジャッジ※――――――――――――――――――――――――

『今週も自信ありますよ!』
byダービージョッキー大西直宏

今週の共同通信杯は【◎-穴の1点】で狙う

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第52回 共同通信杯(G3)
―――――――――――――――――

『勝つ馬はすでに見えている』

『さらに相手もほぼ1点』

『2連勝中のグレイルの取捨も任せろ』

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1点で決まれば馬連でも想定30倍以上!

この1点は迷わず便乗!絶対にお見逃しなく!!

こちらで無料公開!

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。