競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

京都記念2018 出走予定馬:ミッキーロケット、前走4着も離されてしまい…後半末脚勝負では分が悪く代打松若がリスクを背負えるか

time 2018/02/07

京都記念2018 出走予定馬:ミッキーロケット、前走4着も離されてしまい…後半末脚勝負では分が悪く代打松若がリスクを背負えるか

日程:2月11日()
第111回 京都記念(GII)
京都芝外2200m
予想用・出走予定馬一覧

昨年の日経新春杯では粘り込んで重賞初制覇を果たし期待された実力馬ミッキーロケットが京都記念に出走予定だ。ただ昨年それ以降は下降線、GIでは存在感を発揮できず、今年初戦の日経新春杯も新興勢力相手にまさかの完敗を喫した。相手は更に強化されるが56kgで挑む立場、チャレンジャーの気持ちで再スタートできるか。

う~ん…前走の負け方が良くないからなあ。力の要る馬場は良いと思うしある程度流れてもやれると思うし、もうちょっと頑張ってほしいんだけど現状を冷静に判断すればちょっと足りないかな。

日経新春杯(GII) 1着 14頭4枠5番
京都芝外2400m稍 2:25.7 60.2-60.9 M
12.8-11.5-11.3-12.2-12.4-12.3-12.3-12.5-12.0-12.5-11.8-12.1

日経新春杯でも昨年の方をまずはみておきたい。稍重で時計も掛かっていたややタフな馬場状況、ペースは平均だがややハイに肉薄するレベルでそこからL3-2で12.5-11.8と結構加速する競馬。ペース自体が速かった分仕掛けどころが遅くなったという感覚かな。

5番枠からまずまずのスタートを切ってそこから馬なりに近い形で先行争いに加わって最終的に控えて好位で進めていく。道中も前がある程度話して進める中で離れた3列目で我慢しながらで3角を迎える。3~4角で前が減速したので楽に取り付いて2番手で直線。ただ序盤では仕掛けていたシャケトラの方が反応良く一旦前に出られそうになる。そこからL1でしぶとく踏ん張って勝利をものにした。

前々で進めていて3~4角では動いているように見えるがラップ推移的には恐らく前が勝手に落としていたから馬なりで取り付くような感じになったと思う。その中でシャケトラの方が4角地点で早めに促していたのもあって直線前半の最速地点での反応の差につながったかなと。ただL1をしぶとく踏ん張ってきたし、この時点では対シャケトラで2kgの斤量差があった。普通に強かったのは間違いないが、どちらかというとしっかりと前半基礎スピードで勝負した、というのが大きいかな。

日経新春杯(GII) 4着 12頭6枠8番
京都芝外2400m良 2:26.3(+0.9) 62.0-59.4 S^3
12.9-11.4-11.7-13.0-13.0-12.6-12.3-12.5-12.3-11.6-11.4-11.6

ただ1年の年月を経た今年の日経新春杯では4着といえども大敗を喫してしまった。ペースは2.6で超スローに突入、ラップ推移的に見ても3F勝負でL2最速戦。そこまでトップスピードは問われていないにせよ明確に後半勝負であると。57.5kgを背負わされていた面はあるがそれにしても負けすぎ。

8番枠からまずまずのスタート、そこからしっかりと好位で進めていくがペースはかなり遅くなる。道中も超スローの流れの中で好位から少し下げて中団に近い位置で3角に入っていく。3角下りである程度勢いの乗せながら差を詰めてきて4角では11.6とそこそこ速い中で2列目の外まで進めて直線。しかし序盤でパフォーマプロミスに内から抜け出されてこれに食らいつけず置かれる。L1では完全に甘くなって置いていかれての4着完敗だった。

前残りの展開だといわれればそうだが、決定的なのは前の馬に自信より速い脚を使われてしまっていたということ。この馬自身トップスピード面は強気にはなれないもののTS持続は悪くないレベルにあった。それがこのレースでは完敗を喫してしまった。57.5kgの影響も考慮に入れたいが、それにしたってここまで下がるとなると流石に心配。後半勝負ではトップクラスで通用しないことははっきりしていたが、正直2番手グループでもここまで完敗を喫してしまうレベルとは思わなかった。この馬自身あまり使える脚が長くないのかもしれない。

宝塚記念(GI) 6着 11頭1枠1番
阪神芝内2200m稍 2:12.3(+0.9) 60.6-59.1 S^1
12.5-11.1-11.6-13.1-12.3-11.7-11.6-11.8-11.7-11.8-12.2

宝塚記念が個人的には物足りないし、この時点でロンスパは意外と合っていないのかも?と。稍重ではあったがそこまで重い馬場ではなく標準ぐらい。ペースは1.5でかなりのスローに肉薄レベルだが前半3Fだけで見れば35.2とそこそこ速く、1~2角での中弛みが目立ったし、ラップ推移的には6Fの超ロンスパなのでポテンシャル面が問われた。

1番枠からまずまずのスタート、そこから促しながら先行争いに入っていく、結構促されたが結局下げて好位の真ん中で進めていく。1~2角でペースダウンして巻き込まれて好位の中目、そこからミルコが早めに突いてキタサンがペースを一気に引き上げてロンスパの流れを好位の中目で立ち回る。3~4角でも促されているのだが反応鈍く中団に下がりながら直線。序盤でも追い出されて食らいつこうとするが差は詰まらず、L1では離されての完敗だった。

前半に脚を使った面はあるにせよ、後半のロンスパで完敗だったのは個人的には痛かったなと思う。シャケトラはこれでも結構頑張っていたし、そこ比較で見ても0.3差の完敗だからね。個人的にはこの一戦でトップクラス相手には展開的に恵まれないと苦しいなと感じた。そんなに悪い流れではなかったと思うし、日経新春杯も長く脚を使ったというより全体が流れた中で良い位置を確保したことで仕掛けを待てた立場だったというのもある。神戸新聞杯が良かったのでそのイメージを持っていたんだけど、それは危ういなと感じだしたレース。

●2018京都記念に向けての展望

ゲートは上手いし、ある程度流れた方が良い。また今回のメンバー構成だと逃げ番手勢が多く、レイデオロとの間にスペースができると思う。その間にしっかりと入り込むことが絶対条件かなと。ある程度縦長になってもペース自体が上がり切ることが少ないコースなので、リスクを背負って積極的に好位を確保していきたい。少なくともレイデオロより前を取らなければ勝負にはならんだろう。クリンチャーと比べるとゲートは安定して上手いし出足は確実に速いのでそこでどういう競馬をするかだろう。ただモズカッチャン辺りと比較すれば要所の反応やキレは物足りないし、クリンチャーに行かせてレース全体をハードな流れにさせた方がこの馬としてはまだチャンスがありそう。縦長の中で上手くスペースを広げてレイデオロとの差を意識した競馬に持ち込みたいところ。後はそういったバランスを松若が取れるかだが…。宝塚記念の敗因は前半よりも後半のポテンシャル特化に近い競馬になったのが痛い、と考えれば日経新春杯を勝った時の様に前目で仕掛けを待つ形の方が…と。それでも近走の内容が悪く下降線気味、強くは狙えない。消極策なら馬券的にも手を出したくないし、正直当落線上という評価かな。

PR【穴馬含めた馬券の共通点が見つかった】2月11日重賞

データ


こんな的中率を持った指数データを使った検証結果、11日の重賞で3連単を的中させるための共通点が見つかりました。

僕がエクセルでまとめたデータを見てみてください。

まず前提として、他の指数は数字が大きいほど走る馬を示していますが、この指数は「数字が小さいほ

ど走る馬を示しています。」ここを間違えないようにしてください。
そして、この指数から出る予想の上位6頭が、平場含め全レースで総合的に走る馬を示しています。
その6頭で馬券を組み立てると、2018年1月20日の様な3連単50%という高い的中率を誰にでもだせます

この指数はすでに数十万人という規模程の競馬ユーザーが使用しています。
僕を含めその人たちが考えるのは、「外れない予想」だと思います。
3連単的中率50%でなく100%を目指します。
僕はこの指数を独自で研究をして、今の口癖は「負ける気がしない」です。

このデータを知る知らないでは、お金がかかっている競馬で楽しめてる人と楽しめていない人の差がで

てきます。
ぜひチェックしてみてください。
→ 無料会員登録ページ

■共同通信杯
指数1位~3位がほぼ馬券を独占しているのがわかります。
指数は過去データの蓄積で、どんどん精度が上がるので2015年万馬券で指数2位しか馬券に絡んでませ

んが、2016年は9万馬になりながらも指数1位と4位が馬券に絡む精度となりました。
さらに、指数値メモをみてください。
「指数値メモ=コラボ@指数」というものの数字です。
このコラボ@指数の数字が小さい程、走る馬を示しているという事です。
僕の勝手なまとめ方なので参考程度に見てほしいのですが、要するに、
【共同通信杯2014年~2017年まで4年間すべて、コラボ@指数30以下で馬券決着】

■京都記念
指数1位~3位がほぼ馬券を独占しているのがわかりますが、2016年だけ悲惨な成績です。
ですが、ここも最少点数で3連単を取るために見てもらいたいのは、指数順位ではなく、
【京都記念2014年~2017年まで4年間すべて、コラボ@指数32以下で馬券決着】

ぜひ参考にしてみてください。
→ 無料会員登録ページ

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。