競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

きさらぎ賞2018 予想:本命08グローリーヴェイズ

time 2018/02/03

2018きさらぎ賞の予想

京都11R きさらぎ賞(GIII) 芝外1800m
馬場想定:良、ややタフな馬場想定
展開予想
展開予想は重賞ですので『競馬をやって何が悪い。ch』にてアップロードしております。こちらをご覧いただけたら幸いです。

 

予想
◎08グローリーヴェイズ
〇04ラセット
△09ダノンマジェスティ
△10カツジ
×06ニホンピロタイド07オーデットエール
3連複◎軸〇△BOX
3連単F◎〇-◎〇△-◎〇△×

◎グローリーヴェイズ

総合的に判断した。まず力の要る馬場なので最低限現実的な馬場の中で長く脚を使っている、質的に高いレベルでとなると前走のこうやまき賞は評価できる。この時の中京は高速寄りではあるが極端ではない、ペースは51.7-46.1と非常に遅かったが12.7 – 12.4 – 11.7 – 10.8 – 11.2と2F戦に近い中で中団の外目、勝ったカフジバンガードの後ろから直線入りで少し置かれてL1でグンと伸びてきた。トップスピードに乗ってからの方が良さが出そうな感じだし、ドスローとはいえこの馬場で出し切っていない33.4はなかなか評価できる。今の馬場で後半の末脚勝負ならこちらかなというのと、血統面も。まずディープ×ミスプロというのが良いのと、このレースはリファール色が強い馬が結構結果を出している。この馬はリファールの4×5のインブリード持ちになるし、母系にメジロライアンも入っている。割とノーザンテーストもちも良い印象なのでその辺も踏まえてかな。距離はもうちょっとあってもいいタイプだと思うし、仮に前半流れたとしても恐らく少し中弛みにはなると思う。そしてサトノフェイバーが逃げそうなここならそうペースを上げることもないだろう。ミルコなら緩みを察知して動けそうだし、期待したい。結局は騎手や…とつぶやいておく。

〇ラセット

逆に相手は細かい不安はあっても能力を評価したという感じかな。モンテロッソはドバウィ産駒で基礎スピード色が強そうな感じになるので血統的な距離という点では少し不安がある。実際前走なんかも46.5-48.0とマイルのハイペースで結果を出してきた。ただ、前走のパフォーマンスはかなり高くて、そのペースから12.1 – 12.2 – 12.2 – 11.5 – 12.1のラップ推移でL2で再加速の競馬をすっと反応して馬群から抜け出しての完勝。流れた中での一足は魅力。また一応2走前は上がり自体は平凡だが2F戦で出し切れない感じ、好位からそれでもL1は良い脚を使って出し切れていなかった。後半型の競馬にも一応目途を立てているので、個体で見れば距離延長もプラスに働く可能性はある。ただこちらはできれば平均では流れてほしいかなとは。

△ダノンマジェスティ

前走自体は評価できるが、評価のポイントは完全にTS持続特化で底を見せなかったというところだけ。テンはもっさりで追走に苦労してそのままエンジンの掛かりが遅く直線に入っても外々に刺さりながらで12.9 – 12.3 – 11.3 – 11.2 – 11.0と坂のあるL1で最速というように底を見せなかった。ただ瞬間的なキレは正直地味で、相手関係的にも結構楽だったと思う。またこの時の阪神は超高速に近いぐらいだったので、あまり額面通りに受け取らない方が良い。そして何より51.2-45.8と極端なスローバランス。馬場が軽い中で前半歩いているような流れでエンジンの掛かりが遅かった。血統的にアルアインの全弟なのでそういうイメージで入れば流れても力の要る馬場でも、とは思うがエンジンの掛かりの拙さ、出脚の鈍さ、力の要る馬場、ペースと非常に不安が多いうえにテン乗りの松若になると。普通に考えてもこれで1倍台半ばの人気なら嫌うのが理に適っていると思うが、ペースがスローになりそうなので2、3着付け狙いで。

△カツジ

この馬は前走のデイリー杯でも48.7-47.6とスローではあるが極端ではない、13.0 – 12.3 – 12.4 – 11.6 – 11.3と中弛みからの再加速ができているので距離に関しては恐らく持つ。ただし前走でも結局高いレベルではジャンダルムにキレ負けして完敗を喫しているし、この馬自身はラップをほとんど落としていないが最速という点では不安がある。その点でもスローになるとキレ負けのリスクが大きくなるかな。ただ血統的にはきさらぎ賞でいかにも好走しそうな感じで、母父ホワイトマズル、父はディープなので当然リファールのインブリードが生じるし、グレイソヴリン系トニービンを持っているのも傾向としては良い。その辺りも踏まえて連下で。

×ニホンピロタイド

新馬戦は地味ながらもしっかりと要所で伸びて抜け出しているし、雨の影響があったことを考えると悪くはない。それとシンプルに追い切りが良化していたのも印象的で、サトノフェイバーの番手につければ怖さはあるかな。

×オーデットエール

ゲート自体は結構上手い方だがとにかく二の足が遅くてここ2走は置いていかれての後方だから、外枠で中弛みで取り付けるチャンスがあるのは良い材料。新潟2歳Sでトップスピード戦でもそれなりにやれているからね。一応無理なく取り付いてのL1差し込み警戒しておいてもいいかなと。

――――――――――――――――――――――――
《ホープフルS》5万2380円【完全的中】
《朝日杯FS》◎○▲2630円【完全的中】

――――――――――――――――――――――――▼今週の3歳重賞も任せろ!!▼★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《現在6年連続的中》
第58回 きさらぎ賞(G3)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今年もこの舞台だからこその穴馬を掴んでいる!
【3連単の想定は300倍以上】最終結論はコチラ!

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。