競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

きさらぎ賞2018 出走予定馬:レッドレオン、新馬戦は序盤からもっさりも道中押し上げしぶとく…距離延長プラスも相手は手強いぞ

time 2018/02/01

きさらぎ賞2018 出走予定馬:レッドレオン、新馬戦は序盤からもっさりも道中押し上げしぶとく…距離延長プラスも相手は手強いぞ

日程:2018年2月4日()
第58回 きさらぎ賞(GIII)
京都芝外1800m
予想用・出走予定馬一覧

1戦1勝とキャリアは浅いが新馬戦では押し上げながら先行ししぶとく粘り込んでの勝利と不気味さ光るレッドレオンがきさらぎ賞に出走予定だ。3年後に解散をすることが決まった名門角居厩舎が送り出すだけに話題先行になるかもしれないが、その期待に応えて無敗の重賞馬に成り上がることができるかに注目だ。

血統的には距離はもうちょっとあってもとは思うし、新馬戦の内容的にも1800への延長ぐらいならという感じ。時計的に掛かっていたので判断が難しいが、ラストを落とさずに入っているのは好感かな。

新馬戦 1着 16頭5枠10番
京都芝内1600m稍 1:38.7 49.6-49.1 M
12.7-11.7-12.7-12.5-12.2-12.7-12.1-12.1

前走の新馬戦は通して雨が降っていたので馬場差を判断することが難しい。ただ明かに悪化しているシンザン記念との時計・ラップ比較で明確に見劣っているので高く評価するのは危険、という感じ。ペースは平均、ラップ推移的にも大きくは緩まないが一応L4で12.2からL3地点で12.7と落としている。

10番枠からゲートは五分に出てそこから押しての追走だがなかなか反応できずに中盤まで下がってしまう感じ。そこから向こう正面の段階で押して押してリカバーして一気に先頭列に近いところまで持って行く。3角でそこから3角地点で息を入れて2列目の外で進め、4角で再び進出、出口で鞭が入って3番手で直線。序盤で一気に抜け出し先頭、L1で食い込んでくるボナヴィーゴに肉薄されるが何とか残しての勝利だった。

最序盤でもっさりしていてゲート自体は良かった方だけど二の足が遅くて追走に苦労していた感じ。向こう正面の段階で押し上げられてそこからしぶとく粘ったのでその辺りは評価したいが、ラップ推移的に見るとやっぱりこの時点の馬場で11秒台を踏めていないというのは不満。少なくともシンザン記念との比較では明らかに見劣る。シンザン記念は1:37.1勝ち馬上がり34.4、L1最速11.5である。まあアーモンドアイが化け物レベルの可能性は十分あるが、2着のツヅミモン、3着カシアス比較で見ても明かに見劣る。少なくとも現時点でクラシックどうこうといえるパフォーマンスを見せているとはいいがたい。

2018きさらぎ賞に向けての展望

父ディープインパクト、母父スマートストライクでミスプロ系との配合になる。また母母父にシアトリカルでヌレイエフが入っていると。個人的には血統だけ見れば京都1800は合いそうな感じはする。トーセンラーやトーセンスターダム、きさらぎ賞を勝ったディープ産駒3頭のうち2頭は母父がミスプロ系。ディープ産駒牡馬はミスプロ系との配合だと比較的距離への融通が利く印象だし、新馬を見ても前半かなりもっさりしていたからね。1800やそれ以上の距離が合う可能性は高いと思う。後は力関係だけど、正直新馬戦の内容だけ切って取るなら消したい。力の要る馬場でペースもある程度流れた中での押上げだったとはいえ、ラストのラップ自体は平凡。もうちょっと速いラップを踏めたはずでシンザン記念上位勢との比較では見劣る。後は距離延長で良馬場でパフォーマンスを上げてくればというところでそこでの警戒は必要だが、それでも現時点では未知数なタイプでも他に魅力的な馬が多いので、拾わない可能性が高い。一応3着ヒモでは考えておくがそれ以上は無いかな。

――――――――――――――――――――――――
《ホープフルS》5万2380円【完全的中】
《朝日杯FS》◎○▲2630円【完全的中】

――――――――――――――――――――――――

▼今週の3歳重賞も任せろ!!▼

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《現在6年連続的中》
第58回 きさらぎ賞(G3)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今年もこの舞台だからこその穴馬を掴んでいる!
【3連単の想定は300倍以上】最終結論はコチラ!

GI馬主・佐々木主浩の最終結論を無料公開



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。