競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中日新聞杯 2021 予想:本命05ラストドラフト

time 2021/12/11

中日新聞杯2021の予想

中京11R 芝2000m
馬場想定:良、標準馬場想定
風向想定:西北西2m/s想定

展開予想

 まず馬場からだが、先週の中京を見ても少なくとも高速馬場ではないな、という評価やね。現時点では標準馬場ぐらいと想定しておいた方がいいかな。風は西北西からなので4角地点が完全向かい風になる形。

 展開予想だが、逃げ馬がはっきりしない。このメンバー構成ならショウナンバルディ岩田が楽にハナを切る形でスローが可能性的に濃厚。シフルマン辺りが主張すればとは思うが、シフルマンって番手ばっかりだからスロー濃厚でも逃げまでこだわらないんじゃないかな。坂スタートで結構速いアドマイヤハダルの豊がドスローを嫌って向こう正面でハナを奪うぐらいまでは考えてもいいと思う。まあちょっと読みづらくて、2つの展開を考えるべきかな。スローでの直線ヨーイドンか、向こう正面で捲り勃発からの2段階加速的か。いずれにせよ遅いペースになると思っていて、61.5-59.0ぐらいを想定。スロー前提だが2:00.5前後を。流れたらさすがに59.8-59.7ぐらいで1:59.5ぐらいの時計は出るとは思っているけど、多分前半が上がってこないと思う。

予想

◎05ラストドラフト
○?(noteのみ)
▲?(noteのみ)
△03アドマイヤビルゴ
△18レイエンダ
×04トラストケンシン08ヒンドゥタイムズ
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ラストドラフト

 本命はラストドラフトにした。マジで三浦頑張れよと。まず馬場が標準ぐらいでそこまで軽くない。スパッと切れるというほどではないのでそこは良い材料。

 昨年アル共2着はオーソリティ相手に2着。東京2500で59.9-60.1と平均ではあるが12.6 – 12.6 – 11.3 – 11.2 – 12.4と中弛みからの3F勝負。これで中団の中目から3~4角で包まれた状態で直線に入ってきたが、進路確保ができて3列目から坂の登りでしっかりと動いて2列目に来ていたし、L1でオーソリティ相手に詰めるところまでは無理でも2着はしっかりと確保してきた。坂の登りである程度動けるのが強みで、中京・東京でも実績があるというのはその辺だろうと。またこの時点でのやや劣化していたユーキャンスマイルや覚醒前とはいえサンレイポケットを撃破できているわけで、本来はグループAに近い存在だと思う。

 AJCCでは不良の中山2200で63.3-62.0とスローだが12.6 – 12.1 – 12.0 – 12.4 – 12.2 – 13.3と後半5Fのポテンシャル戦という中でこれも中団外から正攻法でしぶとく最後に差し込んでヴェルトライゼンデやアリストテレスに迫る脚色だった。アリストテレスはポテンシャル戦ではグループAに入るので、その点を考えるとポテンシャル戦が一番適性的には高いのかなと。正直距離をもっと延ばせばいいんだけど、長距離が特に下手な三浦だと日経賞みたいになるし難しいところ。

 前走の秋天も悪くはないが、突き詰めるとそこまで長く無酸素運動は維持できない。60.5-59.4と超スローから12.3 – 12.0 – 11.8 – 11.1 – 11.1 – 11.4と直線勝負の競馬になっているが、これで中団馬群の中mでコントレイルを目標にしながら直線半ばまではそれでも馬群の中からじりじりと食らいついてきていた。まあさすがにここでは質量で足りなかったんだけど、ハイレベルで速いラップを求められすぎた感じはある。

 今回は坂スタートで、中京2000だと結構いいスタートを切れる馬。東京2500のアル共でもゲートがよかったし坂スタートが得意だと思う。加えて言えば内枠に先行勢が揃ってくれたのでスタートしてすぐにその後ろのスペースを拾いやすい。ショウナン、アドマイヤビルゴが先行するとしてアイスバブルは後ろからになるだろうからそのスペースをまず拾ってペースが落ち着けば無理なく、2,3列目というのが狙えるはず。どうしてもスローでのトップスピード戦だとそこまで維持できないのである程度の位置は欲しい。その点で2,3列目なら問題ないという判断。それと、仮にロンスパになったとしてもポテンシャルが高いレベルにあるし2段階加速でもやれる馬なので。後は三浦がやれることをやってくれれば。頼むから好発からすっと下げて中団~後方だけは勘弁してくれよ。

○?

▲?

△アドマイヤビルゴ

 ここ2走の内容からと、やはりロングスプリント性能が本質だと思うのでそこがかみ合えば。ただ、古馬との戦い以降ではワンパンチ足りない状況。昨年若葉S勝ちが59.9-58.7でスローからの12.1 – 11.9 – 11.5 – 11.5 – 11.7のラップ推移を単騎逃げのキメラヴェリテが刻む中で離れた2列目からこれを追いかけながら直線で最後までしぶとく伸び続けた。2番手以下は実質ロングスプリントの形だったと思うしこれで一等違うパフォーマンスだったと。まあ相手関係は今となっては低調だったとは思う。ここ2走も悪くはないが、ケフェウスSでは重馬場でも62.6-58.6と超々スロー、12.2 – 12.1 – 11.6 – 11.2 – 11.5のラップ推移でL2最速。これで番手からしぶとく抜け出してというところを外からアラタに食らいつかれてのクビ差2着。前走のカシオペアSでは49.9-45.2とドスローでの12.1 – 11.5 – 11.2 – 10.7 – 11.8のラップ推移で2列目から進めるが最速地点でジリっぽくなってL1で若干盛り返す感じだったしトップスピードの質もやや物足りない。中京2000でどういう展開になるかだが、スローで今の馬場ならそこまで極端に速いラップはないだろうし連下での押さえは必要だろうと。

△レイエンダ

 藤沢厩舎もそろそろ解散が間際に来ているし、ルメールも乗せてここは頑張ってもらいたいところ。そういう部分もなくはないが、単純にそろそろ面白い。レイエンダって藤沢厩舎あるあるだけど、なんとなくマイル使っとけ見たいな部分があったんだけど、根本的に高速馬場のマイルでは基礎スピードが質的に足りていない。前走の京成杯AHは好走したけど、45.6-46.4とややハイから11.0 – 11.2 – 11.4 – 11.4 – 12.4と淡々とという流れで後方内内で脚を温存してなだれ込んだだけで、足を温存できたから差し込めたなら前半無理をしない方が良い。マイルではそういうタイプの馬になる。もともとエプソムCを勝った時が稍重でも軽い馬場の中で12.6 – 12.3 – 11.0 – 10.8 – 11.1とドスローからの直線ヨーイドンで番手からしぶとく抜け出す競馬ができていた。この辺からも前半無理なく前を取れればやれる馬で、今回は逃げ先行勢が手薄。行けるかどうかはわからんがルメールが本気で前をとってくればスローで仕掛けが遅れたときに面白い存在になるかなと。ただ、ポテンシャル戦はイマイチなので前半スローの段階で無理なくいい位置からの無酸素運動的競馬になればという前提ではある。

×トラストケンシン

 あとは府中でたまに鋭さを見せるトラストケンシンを押さえておく。今回は内目で前目をとる馬が多く、再序盤で意外とスペースが広がると思うので結構いいところを狙えそうかなと。そのうえで、前走の甲斐路Sでは後方外から11.9 – 11.8 – 11.4 – 12.1 – 12.3のラップ推移でじりじりと伸び続けての勝利。目黒記念ではドスローからとはいえ後方馬群の中で包まれて大外誘導が遅れたが、それでもL2の坂の登りでもしぶとく伸びてきていたし、トップスピード戦でもラストまでじりじりとなだれ込んでいた。ここがかみ合えば…というところで枠の並びがいいのと坂スタートでペースもさほど上がらないだろうという点から一発大穴で3着突っ込みがあれば…という狙いやね。

×ヒンドゥタイムズ

 もともとトップスピード戦、ロングスプリント戦で結構やれていた馬。チャレンジCなんかは阪神2000でレイパパレが相手だったが、62.0-57.9と超々スローから12.1 – 11.4 – 11.1 – 11.4 – 11.9のラップ推移でロングスプリント。これで2列目内で完璧に立ち回って直線それなりに食らいつくが外のブラヴァスに差されての3着。まあ完璧に立ち回ってこれなのでブラヴァスより一段下なんだが、今回のメンバー構成なら前目で忍び込んでかみ合えばの怖さはあるかな。坂スタートでもある程度前を取れているし、このメンツで忍び込めれば警戒やね。

sponsored link

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると話題になっています。
 自分の力だけでなく、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。

 

で、「うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
因みにこのセントウルSの結果は覚えてますよね?

こうなりました↓
結果
1着レシステンシア(指数2位)
2着ピクシーナイト(指数1位)
3着クリノガウディー(指数4位)
4着ジャンダルム(指数5位)
5着カレンモエ(指数3位)

指数5位までの馬が掲示板を独占!
あっさりと3連単53.2倍的中!

特に圧倒的人気のレシステンシアを指数1位のピクシーナイトが僅差まで差し込んできた時には鳥肌立ちました!


遡って高松宮記念の指数もチェックしておきました↓


1着ダノンスマッシュ2着レシステンシア3着インディチャンプなので、ほぼ指数順!
さらには16番人気4着のトゥラヴェスーラを推してるところも末恐ろしいところ↓


少し調べてみましたがこの人↓
北条直人という人がコラボ指数を考案したとのこと

「北条直人の競馬ブログ」より

過去に遡って的中率も調べてみたところ、、↓↓

コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!

この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://miraito.collabo-n.com
3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
ここはオススメできます!

 「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。

 プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。今週も3連単で当てたいですからね!

 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
http://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。
 

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。