競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

アルゼンチン共和国杯 2021 予想:本命03サトノソルタス

time 2021/11/07

アルゼンチン共和国杯2021の予想

東京11R 芝2500m
馬場想定:良、やや高速馬場想定
風向想定:北北東1m/s想定

展開予想

 明日は天気が曇りと微妙なところだが、雨は降ってもぱらぱらぐらいでほとんど影響ないだろうと。土曜がやや高速~標準ぐらいとみているのでそれぐらいでの想定。風は北北東からなので3角地点が完全向かい風にはなるが、1m/s程度なら誤差の範囲だろう。

 展開予想だが、逃げ馬がはっきりとは読めない中で外からアンティシペイトがとりあえず出していってハナも窺う。これに対してオーソリティは恐らく行かせて番手外~2列目外で良いという運びになりそうなので他に逃げ馬がいなければ隊列はすぐに落ち着く可能性の方が高いかなと見る。内枠の馬は外の2頭が先行する想定で運びやすいのでオウケンムーンやサトノソルタスあたりはゲートを出ればある程度先行はできるかなと。展開としては多分スローだろうな…という予測やね。62-58.5ぐらいで見ておきたい。超スロー想定で。

予想

◎03サトノソルタス
○?(noteのみ)
▲?(noteのみ)
△07アドマイヤアルバ
△09ディアマンミノル
×06アイアンバローズ15アンティシペイト
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎サトノソルタス

 まあ対抗馬と悩んで本命にしたのは、土曜はそこまで内が悪くないなという感じからかな。それと、思ったよりも隊列的にペースが上がらずに団子になりそうというのとこの馬自身が内枠を引けたのでこれならという感じ。

 まず前提として基本的にサトノソルタスってトップスピード戦が求められる方が合っていると思う。金鯱賞2着のイメージかな。ここではサートゥルナーリアには完敗したけどそれ以外との比較では結構良い競馬。63.6-58.0とドスロー、12.4 – 11.8 – 11.2 – 11.1 – 11.5と後半は速いラップを求められてL2の坂の上りが最速。この形で2列目で進めて直線外からしぶとく伸びてダイワキャグニーにはL2で迫る競馬ができたし、L1でこれを捕えて2番手は単独確保という形。ドスローでの後半特化でしかもある程度早めの仕掛けにはなっている。坂の登りでも結構動けたと思うし、前を取れたのも大きいがしっかりと鋭く引き出せたのは好感。

 そのうえで、前走のオールカマーは決して悪くないと思う。そもそもオールカマーのレベルが結構高いと思うし、その中で60.7-59.1とかなりのスローでも12.1 – 12.0 – 11.8 – 11.5 – 11.7 – 12.1と割とロンスパでL3最速でも11.5。これがちょうど4角地点になるし、これで後方外から押し上げてって時点でちょっと厳しかったと思う。それでもこの形でステイフーリッシュ辺りとそんなに差が無かったからね。もうちょっと分散するといまいちなイメージだったので、ウインウインにグローリーヴェイズと結構ハイレベルなところが相手と考えればこのロスがあってもやれたのは良い材料。

 できればこの枠なので好位の内ぐらいは取ってほしいというのは本音だけど、前半がスローならトップスピード戦で強いし多少ロンスパになって分散しても3~4角で内を通せれば前走のオールカマーの感じならというところ。ここは全体のレベルは低いと思っているので楽しみかな。

○?

▲?

△アドマイヤアルバ

 基本的にトップスピード戦向きなのでここ2走は展開を考えればそんなに悪くない。宝塚はポテンシャル~ロングスプリントの間ぐらいの4F戦だったし、前走のオールカマーもポテンシャル戦に近い。どちらもそんなに悪くない。目黒記念が64.0-58.0で単騎2頭が離してというふざけた競馬だったのは確かだが、12.7 – 12.5 – 11.1 – 10.6 – 11.1とトップスピード戦で先行策から食らいついて3着は単独確保。ヒートオンビートには完敗だけど、トップスピード戦という点で考えても前目からの一足は使ってきたからね。近走はある程度速いラップを求められた方が良いと思うし、アル共はそういう競馬になりやすいので先行できればの警戒は必要かな。15番人気も正直落とし過ぎだしここ2走はハイレベルでもあったから、この低調なメンバー構成で展開が向けば浮上していい。

△ディアマンミノル

 追い切りが良かったので連下で狙うという感じかな。ロングスプリントでもやれるしポテンシャル戦でもやれるけど、ポジショニングが悪いので展開次第になりがちだしアル共の傾向的にもそこはマイナス材料。メトロポリタンSが60.8-59.3とスローから12.5 – 12.3 – 12.2 – 11.4 – 11.4 – 12.0と割と中盤でも速くなってからの3F勝負でそこまで速いラップは求められなかった。これで後方外からジリジリラストで突っ込んできたという形。ただこういうラストの減速で突っ込んでくるタイプなのに加えて後ろからになる可能性が極めて高い馬なので、底はどうしてもマイナス材料で、追い切りの良さを評価しても連下までかな…という感じ。

×アイアンバローズ

 あとはアル共型の競馬になったときにある程度対応できるアイアンバローズを押さえたい。2走前の緑風Sが東京2400だが62.5-57.5とドスローで11.9 – 11.7 – 11.5 – 11.2 – 11.2 – 11.9とロングスプリント。これで好位の内からロスなく進めてラストで何とか捕え切った。まあこの辺からもそこまで高いレベルでとは思わんが、今回は相手関係が比較的楽なのと、メンバー構成的にも前を取れる可能性はある程度高いだろうと。×ぐらいでの押さえならという感じやね。

×アンティシペイト

 逃げ馬もアル共は馬券に絡みにくいレースではあるんだが、まあここは自分の形で進められそうだし湾岸Sだけやれれば展開が向けばチャンスはある。湾岸Sがスローでの強敵ウインキートスに完敗も2着は踏ん張った。64.0-59.1とドスローから12.6 – 12.3 – 12.1 – 11.6 – 11.2 – 11.9とL2最速。これで加速はしたけどウインキートスにはあっさり交わされる。それでもL1で踏ん張ってきたしネプチュナイトやクラヴェルを振り切ったというところからもある程度無酸素運動の競馬で良さが出たかなと。まあ本音を言えば1勝クラスで東京2400を勝った時が平均ペースで強かったので、単騎で飛ばすぐらいのレースをしてほしいとは思っているけどね。天才となりつつある武史がそこまで思い切ってレースを作れるかどうか?というところも含めて注目はしたい一頭かな。

sponsored link

【独占】四重賞攻略法
ダート、ハンデ、2歳戦・・・いろいろデータ見るのが大変。
11月1週目からマイナスにはなりたくない!
少しでも参考になればと私個人の独自見解まとめました。
─────────────────────
◎京王杯2歳ステークス
直近5年ノーザンF生産馬が(3-1-0-1)と大活躍。 特にルメール騎手が騎乗した馬は3戦全勝です。 前走カンナSを勝利したコラリンは前回に引き続き今回もルメール騎手騎乗予定、信頼度の高い本命馬かもしれませんね。【コラリン】
◎ファンタジーステークス
過去10年、前走重賞で7番人気以内だった馬が 4番人気以内になると(3-1-3-1)と大活躍。 昨年のメイケイエールもこのパターンでの勝利でした! 今年も小倉2歳S1着ナムラクレア、2着スリーパーダが中心になりそう ここから相手にどの馬を選ぶかでしょうね 。【ナムラクレア】【スリーパーダ】
◎アルゼンチン共和国杯
過去10年の好走馬30頭中14頭がノーザンF生産馬。 特に3~4歳の若い馬は(4-3-1-5)と好成績です。 今年は3歳馬の登録がないのでノーザンF生産の4歳馬が活躍しそう。 昨年の勝ち馬オーソリティなのか?他の馬なのか?5番人気以内の馬から選ぶと良さそうです。 【5番人気内の馬】
◎みやこステークス
今年行われた古馬のダート重賞は9鞍ありますが とにかく荒れるレースが多いですよね。 人気馬の成績を見ても 1番人気(3-1-0-5) 2番人気(2-2-2-3) 信頼度は今一つ。。 3着以内に来る確率では1番人気よりも2番人気の方がいいですね 。みやこSの場合は前走2000m戦に出走していた馬が(0-1-2-28)と未勝利で2着も1回のみ。今年は帝王賞3着のクリンチャーが人気しそうですから、人気なら少し疑って掛かってみるのも面白そうです。【2番人気】
─────────────────────
非常に毎年難しいこの合間の四重賞。
でもでもでも~~最後に頼るのはここです。
ダートだ~ハンデ戦だ~2歳戦だ~
GII、GIIIでも優秀なここの無料予想を見てからにします。
─────────────────────

─────────────────────
無料公開予想3連複5頭10点でGII、GIII攻略
検証した結果、紐、穴はここを見てからにしようと思います。
土曜)ファンタジーSor京王杯2歳S
日曜)アルゼンチン共和国杯
四重賞週無料公開買い目はコチラ
メルマガ登録し確認メールをクリックしログイン。
これにて毎週無料で買い目受け取れるようになります。
今年無料公開したサイトで収支No1なはずです。
頼りになるので上記データ+ここの買い目参考にしてみてください。(大荒れしたらごめんなさい!)

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。