競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

東京盃 2021 予想:本命02サブノジュニア

time 2021/10/06

東京盃2021の予想

大井11R ダ1200m
馬場想定:良~稍、やや高速ダート想定
風向想定:東北東5m/s想定

展開予想

 忙しくて地方交流の方が最近やれてなかったので再度、気持ちを切り替えてやれるだけ頑張ります。

 まずは現在稍重という状況から晴れるので夜には良まで回復している可能性は高いだろうと。基本的には少し雨が残っていると思うし、前日を見ると自分の大井のイメージよりは時計が出ている印象なのでやや高速ぐらいで想定しておく。風が東北東からで、大井競馬場だとHSが完全向かい風、BSが完全追い風となる。なのでスタート後は追い風の影響を受けるので、5m/sほどとそこそこの強さなら割と速度に乗っていきやすいイメージで入りたい。

 展開予想だが、恐らく外からサイクロトロンが主張してくる可能性が高い。他にこれと言って逃げられそうな馬がいないが、内からフランシスコダイゴが1000からの延長で積極的に先行。リュウノユキナもある程度前だろう。中目のクルセイズスピリツもそれなりには速いが逃げるところまでは?ペースはそれでも追い風で上がるとは思うが、一応34.0-36.5ぐらいで1:10.5ぐらいを想定しておきたい。

予想

◎02サブノジュニア
○?(noteのみ)
▲?(noteのみ)
△04コパノキッキング
△08ニシノレオニダス
3連複:◎軸○▲△BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△

◎サブノジュニア

 ここは条件が揃った感はあるかな。もともとサブノジュニアってある程度時計が出やすいダートの方が合ている印象だし、その上でハイペースで内から捌いて鋭くってのが持ち味だから結構いい状況だと思う。

 JBCスプリントを勝った時が稍重の大井ダ1200で33.4-37.3と超々ハイ。この流れで中団やや後方で中団馬群の中目を立ち回りつつ直線でそとにさばいてからラストでぐんと突っ込んできた。L2での鋭さが際立っていたし、コパノキッキングなんかは伸びあぐねている中でこのハイペースでの鋭さが武器。

 それに2走前の東京スプリントでも不良で33.9-37.6とこれも超々ハイ。 12.1 – 10.4 – 11.4 – 12.2 – 12.2 – 13.2とよどみなくという流れではあったが中団馬群のこれも内目を通しつつ直線好位馬群の中目を通してしぶとく捌いてリュウノユキナに強襲する競馬ができていると。

 基本的にダートスタートのハイペース型の馬だと思っているし、そのうえで大井で求められる急コーナーから直線での加速に高いレベルで対応できる、加えて言えば時計が出やすい馬場の方が良い。この辺が噛み合っているし、風向き的にもHSが向かい風になる予報なので、直線で向かい風を馬群の中で避けつつ捌けるってのはこの馬の良さが出やすいだろうと。前走のアフター5スター賞では完敗だったが、そもそも1:12.3と重馬場の割には時計が掛かっていたというのもあるし、こちらも休み明けで叩き台の叩き台という感じ。JBCが最大目標だろうが、ここは条件も揃ったし叩き良化を期待して。

○?

▲?

△コパノキッキング

 あとは10秒台の想定となったとして、コパノキッキングは押さえておきたいかなと。近走はちょっとパフォーマンスを落としているとは思うが、それでも昨年の東京盃では33.8-37.0と超超ハイから 12.1 – 10.6 – 11.1 – 12.2 – 11.8 – 13.0とL3-2での再加速で中団中目から直線外に出してしっかりと反応してきたけど…という3着。ただジャスティンとの差は明確に詰めていたし、加速の競馬そのものも対応できる。押さえておきたい。

△ニシノレオニダス

 アフター5スター賞では必死に追って2列目の内、少しスペースがある状況で進めていたが3~4角で上手く立ち回って直線最内からしぶとく食らいつく競馬。ワールドリングには敗れたが内容は悪くない。ただ、2走前のトライアルの内容が良く、 12.4 – 10.7 – 11.4 – 12.4 – 11.9 – 13.0とL3-2で再加速という中で2列目外から結構加速に対応してしぶとく伸びてラストで逃げるエンジェルパイロを楽に捕えてきた。時計的にも11秒台に入れていたのは好感だし、軽いダートならこちらの方をという感じかな。

sponsored link

京都大賞典2021攻略法


シャフリヤール、レイパパレ。。。
先週はダノンスマッシュが。。 競馬は難しいですね。。
今週末もデータ+無料予想~これで攻略してみます。
────────────────────
まず京都大賞典に関するデータをご紹介
今年は阪神2400mで行われますが、 阪神外回りができてから同コースで行われていた重賞となると神戸新聞杯のみ。 その神戸新聞杯過去14回の好走血統を見ると ディープインパクト、キングカメハメハ、ステイゴールドが複勝率40%程度で双璧、 主流血統が活躍しやすいコースといえそうです。
今年の注目馬はヒートオンビート★★★
父がキングカメハメハで母の父はディープですからいかにも阪神2400mは走りそうです。
────────────────────
そして最後に答えあわせはコチラ
鳴尾記念8901%から快進撃!
阿武隈ステークス 10550%
越後ステークス  4689%
キーンランドカップ6535%
夏のG2、G3、メインで収支200万超え
────────────────────

────────────────────
継続中なここに頼ります。
京都大賞典2021予想
前日夜買い目無料公開されます。
ヒートオンビート+ここのいれる穴馬
これはありかもですね!
諸々参考にしてみてください(無料公開予想)

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。