競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ローズステークス 2021 予想:本命05クールキャット

time 2021/09/19

ローズステークス2021の予想

中京11R 芝2000m
馬場想定:良~重、標準馬場想定
風向想定:南2m/s想定

展開予想

 土曜は台風の影響で不良馬場から始まったが重に回復。金山特別なんかを見ても、この時点でそこまで時計は掛かっていないかなという感じ。このまま明日は回復基調だが午後から雨が降るかも?という予報でちょっと読みにくい。幅を持たせつつ良~重、イメージ的には標準馬場前後としておきたい。

 展開予想だが、雨の影響もあるうえに坂スタートの中京2000なので恐らくそこまで引き上げてという意識は持ちにくいかな。ひとまずエイシンヒテン辺りがハナを主張しそうでこれを行かせてストゥーティやクールキャットといったところが出負けしなければ先行。外からはアンドヴァラナウトが先行してこれがどこまで引き上げようとするか次第かなという感じ。基本的には落ち着くイメージで入りたい。61.0-59.0ぐらいで2:00.0前後を想定。

予想

◎05クールキャット
○?(noteのみ)
▲?(noteのみ)
△11プリュムドール
△12アンドヴァラナウト
×04スパークル09タガノパッション
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎クールキャット

 今の中京って馬場が読みづらいところがあるので狙いが難しいが、色々な可能性を考えてもクールキャットが良いかなと。

 まず感覚的に土曜の中京は馬場の3分どころより少し外の方が良い感じ。内を通すとしんどくなるので、逃げ馬よりそれを見ながら3~4角で外を意識できるタイプの先行馬を狙いたいなというのが一つ。それとクールキャットは意外とポテンシャルはあるんだよね。フラワーCが49.7-47.4でかなりのスローから12.1 – 11.6 – 11.8 – 11.8 – 12.2とL4最速の競馬。コーナーで速いラップをというところで出負けして後方から3~4角で外外をぶん回す形で割と正攻法で進めたんだが最後までしぶとく差し込んで突っ込んできた。ユーバーレーベンとの比較でみてもラストは詰めていたしロスも多かった中でやれたので、余力を持って後半有酸素運動なら長く脚を使えるはず。もちろん坂スタートで出負けしているので中京2000だとそこは不安材料だが、それでも出負けして後方過ぎなければだし、ルメールなのである程度リカバーもしてくれるだろうというのとゲートそのものも出てくれるかなと。

 そのうえで、やはりフローラSで見せたように要所で加速、しかも坂の登りで動けるところにある。東京2000で60.4-59.2とややスローだがアンフィニドールが単騎で進めて12.8 – 12.6 – 11.3 – 11.0 – 11.5と中弛み顕著。ここで取り付きつつ好位の外からとスムーズだったにせよ直線半ばまでの加速の段階で坂の登りでスッと加速して動いて先頭に立ってきたし、L1でユーバーレーベンらの追撃を問題としていないわけでね。この点を踏まえても無酸素運動勝負でも要所での加速、最速で良い脚を使えているように総合的に良い馬。

 ゲートさえ出負けしなければ、ペースが上がり過ぎなければというところやね。基本的にスローバランスでこそのトライアル馬だと思っているし、1~2秒程度のスローで3~4角で2~3列目までに入っていれば勝ち負け期待、出負けして後ろからでも後半のポテンシャルと要所の動きがあるのである程度は対応してくるかなという軸としての評価。追い切りも良かったのでこれが本命かなと。紫苑Sを見ても思うが、今年は春のクラシック路線が優位だと思うし。

○?

▲?

△プリュムドール

 高速馬場でギアチェンジやトップスピードの質を高いレベルで求められると?だが中京は良いと思う。2走前の未勝利勝ちが中京の2000で60.5-59.5とややスローから12.1 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 12.0のラップ推移で中団内目から進めながら坂の登りで最内からするする反応して加速ラップで先頭列に来ているからね。結構動けるなという印象だった。適度に渋った状況が残ると思うし、スローだとしてもそこまで切れ味勝負にもならないかなというところで、その点で台頭してくる可能性は考えておきたいね。未勝利でも地味にプログノーシス相手に結構踏ん張っての2着があるしここで3着以下を千切っている。有酸素運動が求められて安定してくる感じだし、2000でも軽い馬場だと基礎スピード面、トップスピード面で?というのもこの馬場なら警戒。

△アンドヴァラナウト

 ん~逆にこちらは高速馬場で流れるようなら強め狙おうかなと思っていたんだけど、ちょっとこの馬場は微妙にマイナスに作用しそうかな。アンドヴァラナウトの一番の武器は基礎スピードが求められてもギアチェンジを鋭く引き出せるところだと思う。前走がまさにそれで、新潟2000だが58.2-60.0とかなりのハイで単騎でなく全体の流れでもそういう状況。そこから11.9 – 12.8 – 12.7 – 12.0 – 11.1 – 11.4と3角前後で中弛み顕著、2列目内で我慢して直線で進路確保からのギアチェンジが素晴らしく半ばで一気に抜けてきた。このギアチェンジをこの厳しい流れに乗ってやれたという点を評価したいからね。基礎スピード色が結構強い可能性が高いし。新馬でも上がり33.4は出せているけど当時の馬場とペースを考えればそこまででもない。スローになると無酸素運動勝負でも量的に見劣る可能性はあるし、ポテンシャルは未知数だからね。なので連下までにした。

×スパークル

 あとはヒモ穴のスパークルを。一見地味なんだけど、個人的には4走前の白梅賞は味のある競馬だったなと。中京マイルで稍重で渋って時計もある程度かかる状況。47.6-47.4と平均から11.8 – 12.1 – 11.8 – 11.5 – 12.0とL2最速坂の登りの加速で中団外から出口で大外、直線で追われてジリジリと伸びて差を詰めてきたしラストまで食らいつく内容。ヴィジュネルを物差しにすればマイルの時計が掛かる馬場ではアールドヴィーヴルと新馬戦で接戦を演じているわけでね。これに対して捕え切れなかったまでもしっかりと食らいつけていたし坂加速も見せた。前走小倉1800でスローバランスでもしっかりと勝ち切って相手もジュンブルースカイとそこそこ。まあ強く狙うところまでは難しいパフォーマンスだけど、内枠で前にクールキャットがいる可能性が高い中でこれの後ろぐらいを取れれば。

×タガノパッション

 追い切りがよく見えなかったなと。オークスのパフォーマンスだけやれれば当然ここでは最上位の一頭。59.9-59.4で平均、12.4 – 12.1 – 11.3 – 11.7 – 11.9と中弛みからのL3最速で少し仕掛けが早いロングスプリント戦。これで後方からワンテンポ待って直線まで中目を通してそこから馬群を割って伸びてきた形。アールドヴィーヴルが外から動く形になったのもあってラストはアタマ差でねじ伏せた。まあ嵌った面も多少はあるけど(そもそも前目、中弛みで巻き込まれた馬には苦しいレースだった)それでもこのロングスプリント能力は世代でも上位だと思う。スイートピーSを勝った時みたいに46.5-47.9とハイペースを中団外目から正攻法で突き抜けてという競馬もできているし素材は良い。ただ、中京2000はやはりどうしてもある程度器用さが求められるし、後半勝負でもポテンシャル勝負で?というのは3走前の未勝利勝ちが平凡だったところからも気になる材料。軽い馬場の方が合っている可能性も高いので、追い切りも含めて軽めで押さえまでとしたい。

sponsored link

今回は検証途中で御紹介
今週末ケフェウスSに注目開始!
だいたいこの辺りから ドカン!!とくる事多いので
────────────────
普段は連チャン、収支、買い方うまい!
と感じたらご紹介ですが、 そろそろきそうな予感!!
一緒に検証もありかなと思い中間報告まとめてみました。
────────────────
結論からいうと現在回収率120%
札幌日経OP -6000円
エルムS   +32550円
札幌道新SP賞+450円
小倉記念   -6000円
佐世保S   +7000円
札幌記念   -1000円
小倉サマーJ -4350円
新潟二歳S  -6000円
札幌二歳S  +1350円
新潟記念   -6000円
馬単BOX12点500円
60000円→現在72000円
──────────────
10レース中6レースは的中しており
エルムSでは2,4,6,13で結果馬単4-13。12,4,3,7人気構成。



佐世保Sでも9,4,3,2人気構成でしっかり抑えてるので ・・・
【2頭でしっかり回収、もう2頭で配当狙い】
そんな感じでしたのでそろそろ爆発あるかもと感じております。
サイト名は・・【レガシー】。。なんか映画ぽい作り(笑)


→今週末はケフェウスS無料開放
週末前日夜に買い目無料開放されるので一緒に検証してみてください。
※この流れいい事ありそうな予感がしてきたので!


何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。