競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

キーンランドカップ 2021 予想:本命07ヒロイックアゲン

time 2021/08/29

キーンランドカップ2021の予想

札幌11R 芝1200m
馬場想定:良、タフな馬場想定
風向想定:西北西3m/s想定

展開予想

 まず馬場はやはり時計が掛かっていて、タフな馬場まで想定しておきたい。風は西北西からなので4角地点が完全追い風という感じ。

 展開予想だが、正直メイケイエールの出方次第だろうと思うけどね。出負けして包まれたら途中でゴリゴリに外への誘導をして出し切らないと危険だし、ポンと出ればペースを作ってくれるだろうし、という感じ。外のヒロイックアゲン、セイウンコウセイやレイハリアといったところも先行すると思うし、内のロードアクアもこのメンツなら前を狙ってくるだろう。この辺の出方がどうなるか読みづらいが、馬場は時計が掛かっているので33.8-35.0ぐらいで想定しておきたいところかな。8秒台には入ると思うが…。

予想

◎07ヒロイックアゲン
○?(noteのみ)
▲?(noteのみ)
△04タイセイアベニール
△05メイケイエール
×01ロードアクア08セイウンコウセイ
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ヒロイックアゲン

 久々に大穴狙いの血が騒ぐレースというか、正直上位人気もみんなそれぞれ半信半疑だと思うんだよね。それでも想定通りの人気だし、特にメイケイエールなんか包まれた段階でかなりリスクがあるからね。タフな馬場状態でそういう中でのパフォーマンスで不安がある馬も多いし穴目で勝負したいなと感じるだけの条件が揃ったとは思う。単勝万馬券レベルの馬じゃないという評価やね。

 ヒロイックアゲンは個人的に一番驚きだったのがルミエールADかな。当時の秋新潟は普通に時計が掛かっていたし、そのうえで重馬場だからかなりタフな状況だったと思う。実際その日のレースはラップを見ても遅かったからね。その中で22.1-22.8でややハイ、11.9 – 10.2 – 10.8 – 11.0 – 11.8のラップ推移でラストを11.8でまとめてきた。この流れでスッと逃げてハナを取り切りカッパツハッチが食らいつくがこれをラストで差を広げての2馬身差。3着以下は1秒以上千切っている内容でタフな馬場での基礎スピード面という点ではかなりのパフォーマンスを見せてきたと思う。2着のカッパツハッチも1200路線でそこそこやれている馬だがベストは1000。これを突き放したのはびっくりしたというのがまず第一にある。

 もう一つ、オーシャンSも相手関係を考えれば十分強い競馬だったはず。中山1200で稍重、少し渋って33.7-34.7とややハイ程度で支配され、 11.9 – 10.7 – 11.1 – 11.4 – 11.2 – 12.1とL3-2の再加速の一戦。これで好位の内で包まれながら3~4角で中目のスペースからカレンモエの後ろを取って直線に入ったが要所の反応でちょっと置かれていた。それでもラストの坂の登りでぐんとばてずに差し込んできているので出し切ってない形だし、ビアンフェ辺りにはかなり迫ったからね。ここの上位カレンモエとビアンフェが函館スプリントSで勝ち負けできているわけで、レースレベル的にも問題なかったはず。

 前走がちょっと物足りないが、個人的には少し時計が掛かる馬場でのハイペースが理想だと思っていて、その点で前走は34.2-34.0と平均で上がり切らず、2列目内からジリジリとなってしまった感じかなと。持ち味は手ごたえ以上にL1で踏ん張れることだし、タフな馬場で自分で逃げても良い、何かを行かして内に潜り込んでもやれるという点に加えて、恐らくメイケイエールが出負けした場合に影響を受けずに前を取れる位置に入れるのでその点でも紛れが生じたときにちょうどいい位置にいる可能性が高いと。さらに、パフォーマンスを考えても適性面を考えても、嵌り切れば勝つところまでのビジョンを見せていて、それでこの訳の分からない最低人気だからね。穴党の名に懸けてこれは本命打つしかないでしょう。

○?

▲?

△タイセイアベニール

 今回は後傾バランスの差し馬を狙いたいなという感じの馬場状態の中で、タイセイアベニールは前走で洋芝にめどをつけてきたのは大きいかな。34.2-34.0で平均、12.0 – 10.9 – 11.3 – 11.4 – 11.3 – 11.9のラップ推移で後方から外外で脚を使いながら最後まで突っ込んでくるロングスプリントを引き出してきた。正直高速馬場向きだと思っていたのでこの馬場でやれたのは収穫。前半に色気を出すとよくないタイプなのはカツジやエイティーンガールと一緒で嵌り待ちだが、内枠を引いたので嫌でも内で我慢するしかないのでハイペースになってもバランス的にはゆったり運べそう。それとメイケイエールからは遠い位置にいると思うので、これが包まれて掛かって外に誘導するときに無茶な感じになればそこで好位内目のスペースは広がりそうだからそこを上手く拾えればというのもある。

△メイケイエール

 正直言ってこれに関してはもう丁半出たとこ勝負でしょう。ポンと出れば勝っても良いし、ポンと出ずに包まれて各馬を外に弾きながらでも1200で出し切れればチャンスはあるし、包まれて何もできず我慢に終わる可能性すらある。まあ消しても良い枠だなとは思ったんだけど、それでも素材面は確かなのと追い切りを見る限りでは力の要る洋芝なので力む走りなのはよさそう。後は噛み合うかどうか。小倉2歳Sみたいに出負けからコントロールしつつ掛かって押し上げていくのを想定しながら進める外の方が絶対に良かったとは思うけどね。内枠に入ったので難儀な立場なのは間違いない。これに単勝2倍前半ぐらいで勝負する胆力は自分にはないし、かといって穴馬券で勝負してパフォーマンス的には評価しているこの馬を切って後悔しないほどのメンタルもないので連下で。

×ロードアクア

 ここまで来たらヒモも穴で攻める。ロードアクアはそんなに言うほど穴ではないんだけど、とにかく追い切りの反応が抜群に良かったのが印象的だった。パターン的には正直タフな馬場より時計が出る方が良いタイプだとは思っているし、TVh賞も33.5-34.3とややハイで12.0 – 10.5 – 11.0 – 11.1 – 11.4 – 11.8のラップ推移で単調な流れで外枠、番手から勝ちに行ってという中での勝利で基礎スピードの質を活かしてきた。これがどう出るかやね。適性・能力的には微妙だし穴人気気味で悩んではいたんだが、追切を取って。

×セイウンコウセイ

 あとは過剰に人気が無いGI馬セイウンコウセイ。個人的にはセイウンコウセイは時計が掛かる馬場の方が安定するのと、馬場や展開が読みにくくて紛れが起こる中で前目からスッとのイメージが強く、宮記念が合うのはその辺だと思う。基礎スピードだけでゴリゴリにというタイプではないのでこういう馬場でメイケイエールに蓋すればペースを落としたくなる意識が働く今回はヒロイックアゲンと一緒に狙いたい馬ではあるね。宮記念も重馬場だったが34.1-35.1でややハイ、 12.2 – 10.7 – 11.2 – 11.5 – 11.6 – 12.0と今年は加速の無い流れになったことでちょっと甘くなるのが早くなったがそれでも2列目外から踏ん張ってはいた。一昨年のキーンランドCでは6着と言ってもハイレベルな中でのもの。二の足は相変わらず良いのでここでも先行できる可能性は高いし、ヒロイックアゲンの外からスッと番手に並びかけて早めに先行してメイケイエールに蓋ができればレースメイクもしやすくなるし面白いね。

sponsored link

8月最高収支↓↓
先週無料予想
収支+55400円
───────
8/22札幌記念
馬単12点2000円
ワイド6点2000円
63600円獲得 収支+27600円
8/21佐世保S
馬単12点2000円
ワイド6点2000円
63800円獲得 収支+27800円
そして地方も
一撃収支+118万
───────
無料公開8/3大井1R
3連複9点1000円
3連単12点1000円
1204700円獲得 収支+118万!!!

今週末は・・・
◎小倉サマーJ
◎新潟2歳S
無料公開との事↓
───────
→ https://manbakenchanneru.jp?061
平日地方もあるので要チェック
メール登録のみの的中率・一撃もある無料予想みれます!

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。