競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

プロキオンステークス 2021 予想:本命02アヴァンティスト

time 2021/07/11

プロキオンステークス2021の予想

小倉11R ダ1700m
馬場想定:良~稍、かなりの高速ダート想定
風向想定:南西1m/s想定

展開予想

 小倉は芝も大概だがダートも大概。今日はこれまでの中でもなかなかお目にかかれないレベルの超超高速ダートだったと思うし、流石に日曜は雨がそこまで降らなそうなので幾らか雨が抜けると思うがそれでも脚抜きの良い馬場は変わらないだろうし、高速ダートで考えた方が良いだろう。風は1m/s程度なので誤差の範囲だと思うが一応南西方面、3角地点が完全追い風。

 展開予想だが土曜でこんな感じだともう前に行く馬は行くしかない状況になると思う。内からメイショウワザシやメイショウカズサが出していく、中目からワイドファラオなんかは流石にそこまで競っていかずだろうが、サンライズホープはハナを主張したいだろう。大外のメイショウウズマサはこの激流でどこまで?だがこれの出方が最大の焦点かな。まあ土曜のイメージがどうしてもこびりつくだろうから入りは激流を想定。46.5ぐらいで入るとして後半も48.5ぐらいではまとまっちゃうかな。1:41.0ぐらいをとりあえず想定しておく。というかここまで軽いダートは想定外だからもっと速くなっても驚けない。一応常識の範囲内で考えるとこうなるが、時計が伸びるとしたら後半がもっと落ちないパターンになるかな。

予想

◎02アヴァンティスト
○?(noteのみ)
▲?(noteのみ)
△11ペプチドバンブー
△16メイショウウズマサ
×12ダノンスプレンダー15スマートダンディー
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎アヴァンティスト

 悩んだんだけど、正直土曜の小倉を見てこれはもう前半の基礎スピードの質があって無理なく運べる馬で無いと難しいわと切り替えた。まあアヴァンティスト自体は出られれば強めに狙いたいなと目をつけていた一頭ではあったけど、この状況だと思い切ってこれから行きたい。

 まず前走のアハルテケSの内容は良かったと思う。東京マイルで高速ダート。46.6-48.4とかなりのハイから11.9 – 11.9 – 11.8 – 12.0 – 12.7のラップ推移でコーナーでもよどみなくという中で好位の外からの競馬になったしロスもあった中で最後まで食らいついてきた。ここの勝ち馬オメガレインボーが土曜のマリーンSで強い競馬で2着という点でも実力的には通用していい。

 そのうえで4走前の秋色S勝ちのインパクトも大きい。東京1400で35.2-35.9とややハイだが11.7 – 12.0 – 12.1 – 11.9 – 11.9のラップ推移で2列目から直線楽々突き抜けてきたしL1が11.9と落としていないので前半で余力を残せれば後半で底を見せない競馬ができている。マイルでも面白い馬だと思っていたのはその点もあるかな。

 今回は1700mになるがここまで軽いと激流になる可能性が高い。前走で激流の中で控えての競馬ができていたし、そこから直線で末脚を引き出せているようにどの位置からでもレースができるのは今回の小倉の特殊な馬場状態を考えると魅力。前に行くしかない馬はどうしてもオーバーペースになるリスクが大きくなるし、かといって後ろからしかない馬だと序盤でポジション争い激化から縦長になったときに下げきるまでに時間がかかって位置取りで物理的にのリスクがある。基本的にはこういうケースは好位~中団で内目で流れに乗れそうな馬というのがフィットしやすいと思っているし、前が2秒程度のかなりのハイを進める中で中団で平均~ややハイぐらいで運んで3~4角ロスなくが噛み合えばやね。勝負したいと思わせる条件が揃った。

○ウェスタールンド

 対抗に下げた。現実的な高速ダートならともかく、それよりは軽くなる可能性が高い。前がゴリゴリのポジション争いをして縦長になって下げきるのに苦労した場合に、この馬の決め手の質が高くても物理的に届かないリスクがこの枠の並びだと出てくるかなと判断した。

 とはいえ、高速ダート自体は得意で基礎スピードも本来ある程度は持っている馬。どうしても出足でコントロールしながら入るしかないので位置取りは悪いが時計勝負でも対応できているのはその辺だろう。3走前のエルムSでも48.9-48.4と平均、12.4 – 12.3 – 12.2 – 12.2 – 11.7 – 12.3と淡々とした流れで後方から3~4角で押し上げながら。L2で外目で仕掛けを待っていたタイムフライヤーに出し抜かれてラストは甘くなったがこういう競馬で外からロスを作っても速度的に押し上げてこれるのは魅力。

 面白いのが一昨年みやこS3着時の内容で、これが京都1800で46.6-50.1と激流、12.4 – 12.5 – 12.4 – 12.2 – 13.0と前が3角以降でしんどくなって凝縮する中でスミヨンが馬群に突っ込んでブレーキする形になったがそれでも何とか最後まで伸びようとしていた。流れた中である程度追走しても反応することができていたので恐らく本質的には基礎スピードは持っているタイプ。

 あとは流れた中で物理的に届く位置で入れるかどうかだけだと思う。枠の並び的に中目で内外から各馬が出ていく形になるのでそこは恵まれないと外を取るまでに苦労する可能性が高くなるし、まあ内に絞ってもいいけどこういう激流が想定されるレースは下がってくる馬も多くなるからその辺のリスクもあるしね。まあ能力的には一枚上なのであとはその辺だけ。

▲トップウイナー

 まず追い切り面で良さが見られたというのと、ここ2走は競馬をしていないので状態面が読みづらいのはかえって馬券的には妙味に繋がってきそうかな。実際14番人気なのでめちゃくちゃ盲点になってる。多分馬柱を見てノータイムで消す人の方が圧倒的に多いんじゃないかな。

 ただ、状態面がまともならという前提だが、今回の高速ダートで怖いなと感じる度合いでは1,2の一頭だと思っている。こういう極端に軽いダートだとそもそもの基礎スピードの質、速度を持っている馬で無いとなかなか追走で脚を使わされてオーバースピードで終わってしまう。このトップウイナーって過去に京都1200で強い競馬ができていると。シドニーTで34.4-35.7とかなりのハイ、12.4 – 11.0 – 11.0 – 11.5 – 11.9 – 12.3のラップ推移で番手で流れに乗ってしっかりと逃げ馬を捕えてそのまま完封という競馬。1:10.1とダートスタートの1200として時計的に優秀。

 もちろん単なる短距離馬ではなく、欅Sでも東京1400で35.5-36.1、11.8 – 11.8 – 11.7 – 11.7 – 12.7と淡々とした流れで番手からしぶとく抜け出しミッキーワイルドの追撃を振り切ってきた。また条件級ではあるが1800mでも実績がある馬で、京都1800の2勝クラス戦、不良ダートでは48.0-49.4とハイペースを2列目内で進めて12.4 – 12.3 – 12.3 – 12.2 – 12.6のラップ推移で直線入りで外に出しての反応が良くL1が甘い。この感じなので本質的には1800よりは短い方が良いと思うんだけど、今の超高速小倉1700ならもうちょっと短距離指向の馬がいいと思うしその点でも基礎スピードの質を持っているトップウイナーは条件としてフィットする可能性が高い。後はここ2走で状態面が全く分からない中で立て直せていれば、この激流には慣れた好位ぐらいで進めて上手く3~4角で内目を立ち回っての一足は警戒していいと思う。

△ペプチドバンブー

 あとは基礎スピードを持ちつつリズムを保って時計を詰めてきそうな馬をということでペプチドバンブーを連下で。基本的にここまで軽いと短距離型で1400ではちょっと短いかなというようなタイプの馬を狙いたいとは思っているし、ハイペースで消耗せず脚を使えるタイプは面白い。3走前の名鉄杯も33.2-38.3と激流、後方で足を温存しながら10.9 – 11.8 – 12.5 – 12.6 – 13.2のラップ推移でしっかりとばて差し突き抜けての1:23.3。良馬場を考えても時計勝負となったしこの形で出し切れればという競馬を見せてきた。前走の天保山Sは悪くないんだけど、34.5-36.7と超ハイ、11.5 – 11.9 – 12.2 – 12.0 – 12.5とそこまで消耗しなかったので後方内から直線外までの誘導で少し時間がかかったのもラップ的にそこまで落ちない中で痛かった。ただバテ差しは見せてきていたからね。単調な流れの中で展開が嵌ればというところ。

△メイショウウズマサ

 難しいところだけど、大外枠からハナをというのは現実的に難しいだろうし、内の各馬がゴリゴリに行く中で少し離れた2,3列目というところで上手く収まれば…という前残り要員。前走のアハルテケSは芝スタートの東京マイルとはいえ46.6-48.4とかなりのハイを逃げて作って11.6 – 11.9 – 11.9 – 11.8 – 12.0 – 12.7と淡々としたラップで結構きわどく最後まで踏ん張ってきたからね。思ったよりも距離延長への対応ができたし、前がオーバーペースになる中で少し離れた位置で運べればの怖さはある。

×ダノンスプレンダー

 まあ正直言って地雷臭もするんだけど、多分流れに乗れないし無理に乗らない分だけ温存してという形での差し込みはあり得るかな。東海Sがまともに激流に乗って失速。前走のアンタレスSは中弛みで押し上げたのが噛み合った面はあるにせよまずまず。47.0-49.8の激流に乗らずに中団で運んで12.2 – 12.5 – 12.8 – 12.1 – 12.4のラップ推移でL3の4角で上手く押し上げられたとはいえ脚はそれなりに使えた。多分川田も今回は色気を持たずに自分のリズムを守ってくるかなと。押さえ。

×スマートダンディー

 追い切りが結構良かったという認識で、そのうえで単調な流れでこのメンツなら3着ぐらいは。ポラリスSを勝った時が阪神1400の重馬場で34.3-36.4と超ハイから11.5 – 11.8 – 12.0 – 11.9 – 12.5のラップ推移で好位で進めながら直線楽に抜け出しての完勝。距離はともかく高速ダートで好時計をたたき出してきているのは今の小倉では大きい。マイルも守備範囲だし、ここまで高速ダートで単調な流れになる可能性が高く基礎スピードの質が求められるならこういうタイプを押さえておきたい。

sponsored link

【PR・オススメサイト】━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業40年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
過去5年で平均配当17万8430円の重賞!

    3連単を無料公開
   プロキオンS(G3)
   7月11日13時  無料公開!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
6/24 阪神9R  4万5160円的中
6/20 阪神7R  1万1870円的中
6/19 東京11R  10万3550円的中
6/13 札幌10R  1万8790円的中
6/12 札幌11R  16万8520円的中
6/6  東京6R   1万3820円的中
6/5  東京7R   6万2860円的中
5/29 中京12R  2万2840円的中

→プロキオンS(G3)無料閲覧方法←


何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。