競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

宝塚記念 2021 出走予定馬:アリストテレス&武豊騎手想定

time 2021/06/23

宝塚記念 2021 出走予定馬:アリストテレス&武豊騎手想定

第62回 宝塚記念(GI)出走予定馬展望

日程:2021年6月27日(日)
コース:阪神芝内2200m

予想用・出走予定馬一覧

アリストテレス(武豊騎手想定)

 今年はアメリカジョッキークラブカップでしぶとく伸びきって重賞初制覇を果たしたアリストテレスが武豊とのコンビで宝塚記念に出走予定だ。その勢いで挑んだ阪神大賞典、天皇賞春と結果を残し切れずにここまできた。相手は揃ったが、重賞を制した2200mの舞台でコントレイルを苦しめた走りを再現できるか。

※この記事はnote,ブログ無料公開対象です。

 まあ今回でどこまで…というところやね。この世代の全体のレベルというのもあるし、特に有酸素運動の競馬でパッとしない馬が多い印象。アリストテレスも菊花賞の好走やAJCCで勝っているとはいえ、高いレベルでポテンシャル勝負に対応できるかは未知数だし、前半のペースが上がってどうかという課題もあるからね。タフな競馬で良さが出る馬が何頭かいる中で、

AJCC(GII)1着

中山芝外2200m不 17頭5枠9番
風向き:北北西3.2m/s(船橋市15:50)
2:17.9 63.3-62.0 S^1
12.4 – 12.2 – 13.4 – 12.6 – 12.7 – 12.6 – 12.1 – 12.0 – 12.4 – 12.2 – 13.3

 3走前のAJCC勝ちから振り返っていきたい。不良馬場でかなり時計もかかっていた状況。それでもペースは実は1.3でスローで、ラップ推移的にも後半のロンスパで5F勝負。後半のポテンシャル戦という中で、後ろからになり過ぎたとはいえモズベッロを撃破している。風は北北西からなので4角地点が完全向かい風。

 9番枠からまずまずのスタート、そこから無理はせずにコントロールしながら進めていく。道中も中団に近い位置で進めながらスローの流れでも脚を温存しつつ、ステイフーリッシュを意識して3角へ。3~4角でステイフーリッシュの外に出して好位の外からしっかりと押し上げつつ4角出口で外外から2列目で直線。序盤でしぶとく伸びてここで先頭に立ってくるがまだクビ差ほど。L1で抜け出したところに外からヴェルトライゼンデらの追撃を受けるが半馬身差で振り切った。

 まあ強かったと言えば強かったが、ヴェルトライゼンデやラストドラフト相手に結構最後は余裕がなかったのでトップクラスとは思わない、というのが正直なところかな。ステイフーリッシュを撃破できたという点での評価はできるし、その点で見れば京都記念との比較でカレンブーケドール辺りならそこまで悪くないが、スローロンスパでもクロノとはちょっと差があるだろうなという感覚。その点では宝塚記念でクロノやレイパパレという強敵、さらにカレンブーケドールも出てくればこの辺は強敵という認識を持つべきだと思う。この一戦は悪くはないけどトップレベルではないなと。

天皇賞春(GI)4着

阪神芝内3200m良 17頭1枠2番
風向き:北西6.4m/s(豊中市15:40)
3:15.2(+0.5) 59.8-73.6(FA12.27)-61.3 H^1
12.8 – 11.3 – 11.7 – 11.9 – 12.1 – 11.9 – 11.8 – 12.1 – 13.1 – 12.6 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 12.1 – 12.3 – 13.0

 前走の天皇賞春では阪神大賞典よりは内容的に良くなったが4着でカレンブーケドールを捕え切れなかった。ペースは1.5で前半がハイ。中盤もかなり流れていたので後半は消耗気味という感じでL1が13.0とかなり落ちているなと。個人的にある程度評価できるのは全体で流れて頑張れたのと良馬場で良かった点かな。阪神大賞典があまりにもダメだったので良で復活したのは良い。それでもカレンとの比較で…となるのでその辺。風は北西からなので3角地点が完全追い風、HSが右前方からという感じで向かい風気味。6.4m/sなので結構きつめ。

 2番枠からまずまずのスタートからある程度押して進めていたが最終的にはカレンブーケドールを目標にしながらこれについて行くような感じで進めていく。スタンド前ではそこから少し距離を取って単独の6番手で進めながら。向こう正面でシロニイの後ろで軽く促しつつ追走、3~4角で好位の中目から4角で外目を追走しつつディープボンドの外から離れた3列目で直線。序盤で外のワールドプレミアにあっさり交わされての5番手。L1でじりじりと伸び続けて下がってきたカレンにアタマ差までは詰めたが…という4着。

 ここでは全体でタイトなマラソンレースで前半型の有酸素運動の競馬になったと思う。3200mのレースでいうとややこしいが、3200mでの基礎スピード勝負という感じかな。その中で好位~中団でバランスよく進めながら勝負どころとなった3角以降で外目から追いかけようとしたけど、そこからのポテンシャルという点ではワールドプレミアに明確に見劣っている。もちろんここにワールドプレミアは出てこないし、2着のディープボンドも不在なのだが、春天組として考えればやはり2200ならカレンブーケドールの方が厄介だろうなという感覚ではある。この形でカレンを破れなかった中で、2200でどこまでやれるか?というところやね。AJCCでステイフーリッシュ比較で大体カレンの京都記念といい勝負ぐらいかなというのをそのまま気持ちよく体現した感じはある。

小牧特別(2C)1着

中京芝2200m良 9頭1枠1番
風向き:南東6.2m/s(大府市14:30)
2:11.9 60.7-58.9 S^2
12.6 – 10.8 – 11.2 – 12.8 – 13.3 – 12.3 – 11.9 – 12.4 – 11.6 – 11.0 – 12.0

 5走前の小牧特別では中京の2200m戦で2段階加速の競馬で押し切った。まあ評価が難しいところで2着がフライライクバード、3着が目黒記念2着のヒートオンビートなのでまずまず強敵だったとは思うし、これを押し切ったのは一定の評価。ペースがかなりのスローだったのでこれが流れてどうかだが、入りの3Fが速い中で先行して結果が出たのは宝塚記念の傾向としては良い材料かな。果然は南東から6.2m/sなので結構強め、4角地点が完全追い風となる。

 1番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと先行しながら入っていくが、最終的に外の2頭を行かせて3番手でコントロール。少し力んではいたがそれでも1~2角でペースダウンで折り合わせる。向こう正面で内をついて押し上げて先頭に立って3角へ。3~4角でもじわっと仕掛けながら4角で手が動いて直線。序盤で外のフライライクバードに並ばれてしまうが踏んばる。L1でこのフライライクバードを振り切っての3/4差勝利。

 向こう正面で上手く内を掬ってという形にもって言ったとはいえ仕掛けて最後までしぶとくという競馬ができたのは評価できるかな。また入りの3Fが結構速い中で前を取ってからギアを落としてという形でもしぶとく競馬ができた。この辺は宝塚記念に向けても結構面白い要素ではある。ただ、完全な有酸素運動の競馬ではなくてL2の坂の登りで2段階目の加速で最速11.0とかなり速いラップを踏んでいるように有酸素運動のポテンシャルを1段階目で求められつつ、2段階目で無酸素運動のトップスピード面をという競馬なのでこれは宝塚記念とは似て非なる内容ではある。

宝塚記念2021への展望

 難しいところだけど、納得できないほど崩れたのが阪神大賞典だけで、重馬場での消耗戦という中で4角で手ごたえも怪しかったというのはある。天皇賞春で明確にパフォーマンスを戻しているので距離ではなく馬場だった可能性が高いかなと。菊花賞を見ても高速馬場でなくても問題ない馬だけど、流石に道悪での3000m戦でタイトな流れは合わなかったと考えるべきかな。2200mならAJCCでも不良である程度やれているし、ステイフーリッシュを物差しにすればカレンとの比較で見ても大体こちらの想像通りのパフォーマンスを春天で見せてきたと思う。

 逆に言えばカレン相手に互角レベルでここでどこまでやれるのか?という話になる。まず目に見えてカレン以上と言えるのがクロノジェネシスで、昨年のような宝塚記念らしい展開ではまず手ごわい相手で悲観的にならざるを得ない。クロノ相手にとなると苦しいが、京都記念や有馬記念でのクロノとカレンとの比較でみると大体3馬身ぐらいの差で、個人的にはクロノは突き詰めれば前半のパワー型基礎スピードを求められた方が良いタイプだと思う。その点を踏まえると、アリストテレスとしたらスローのロンスパという形ならこのメンバー構成でもクロノはともかく、2,3番手を狙うチャンスは実はあるんじゃないかなと。もちろんカレンブーケドールは互角レベルで手強いし2200ならというのはあるが、馬券的には意外と選択肢として上位で入ってくるかもしれないなと。正直言って、クロノ以外は団子だと思うし、キセキなんかも全体で流れてしまった方が良い。アリストテレスはまだ前半部分での魅力を残しているうえで、スローロンスパでグループAのレベルの競馬はできていると考えれば、連下ぐらいで狙ってもいいかな。もしくは2,3着でも人気が意外と落ちるのであれば3連複の軸としての選択も含めて考えたい。今回の条件はそんなに悪くないと思う。

sponsored link

【PR・オススメサイト】━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業40年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
過去10年で平均配当16万2000円のGI

    3連単を無料公開
     宝塚記念(GI)
   6月27日13時  無料公開!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
6/13 札幌10R  1万8790円的中
6/12 札幌11R  16万8520円的中
6/6  東京6R   1万3820円的中
6/5  東京7R   6万2860円的中
5/29 中京12R  2万2840円的中
5/23 中京7R  2万5420円的中
5/22 東京6R  1万7000円的中
5/16 中京6R  1万0720円的中
5/15 中京12R  8万2440円的中

→宝塚記念(GI)の無料閲覧方法←


何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。