競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

エプソムカップ 2021 予想:本命06ヒュミドール

time 2021/06/13

エプソムカップ2021の予想

東京11R 芝1800m
馬場想定:良、かなりの高速馬場想定
風向想定:南2m/s想定

展開予想

 馬場はかなりの高速状態のままという感じ。1勝クラスのマイルで後半4Fでも45秒台が出るぐらいだしね。超高速まではいかないけど、基本的にはかなりの高速馬場で良いと思う。風は南から2m/s程度。影響は限定的だが一応3~4角中間ぐらいで追い風となる東京らしい風向き。

 展開予想だが逃げ馬候補が大外のアトミックフォースと中目からミラアイトーンというところでこの2頭がある程度レースを作る可能性が高い。これらを行かせながら内からセダブリランテスが先行し、ファルコニア辺りもこのあたりだろう。序盤の隊列はある程度速く決まりそうだし、正直武藤や菊沢のレースメイクと考えるとそんなに引き上げては来ないだろう。47.5-45.8ぐらいの感じで前後させてとりあえず見ておく。

予想

◎06ヒュミドール
○?(note盤のみ)
▲?(note盤のみ)
△12ミラアイトーン
△15ザダル
×08アルジャンナ17アドマイヤビルゴ
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎▲軸○△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ヒュミドール

 予想に関しては、正直言って切り替えたというか、当たるも八卦当たらぬも八卦なので、自分が馬券的に妙味があると思った馬を素直に狙っていこうと思う。ワイドな予想が割と悪くないのも多分他をあまり考えずにシンプルにおいしいなと感じた馬を狙っているからだと思うし、もういちいち一つのレースの当たり外れを気にするのはやめようと思う。今回は上位3頭すべて条件的にフィットしていて人気がそんなにないぞというところを選んだつもりだが、その中でヒュミドールはシンプルに高いパフォーマンスを見せているのになぜか二桁人気なので勝負したいなと。

 まず5走前のノベンバーSの内容が良かった。東京1800でペースも48.3-46.2とかなりのスローから12.2 – 12.1 – 11.2 – 11.2 – 11.7のラップ推移で3F勝負ではあるのだが、ゲートは普通に出ていたんだけど、徐々に下げて気が付けば後方。そのまま3~4角でも後方馬群の中目を回しつつ団子で包まれてというところで最後方列から直線馬群を捌いてぐんぐん伸びてL2でもう先頭に立ってきた。正直L3-2のラップが速い地点でのパフォーマンスは抜けていたし、しかもここの上位が3着ヴァンランディ、5着サトノウィザードでどちらもこのクラスを勝ちあがってきている。これらを相手に明確に最速地点で上の鋭さを引き出してきた時点で重賞でも楽しみだなという器だと思っている。

 近走のパフォーマンスが物足りないので評価が落ちているようだが、前走の新潟大賞典に関しては正直57.1-62.2と酷いハイペースでしかもタフな馬場だったので消耗してしまっただけ。前半特化戦なので今の高速府中とは無縁の展開だったし、日本海Sでも崩れているようにあまり有酸素運動が求められない方がいいタイプだと思う。

 日経賞が強敵相手に頑張っていて、62.9-58.7と超超スローから12.5 – 11.7 – 12.1 – 11.8 – 11.3 – 11.8と2段階加速で前のカレンを追いかけながら競馬すればよかったのに…というところで4角で外に誘導してという部分だけ置かれてしまっている。それでもラストは伸びてきていたし相手関係を考えてもそこがもったいなかったが、ここの上位3着までが全て春天で掲示板に入っているわけでね。もちろん長距離的な競馬だったのは確かだがパフォーマンス的には重賞の一つや二つは勝てていいレベルの競馬はできていると思う。ここで12番人気なら勝負したいね。

○?

▲?

△ミラアイトーン

 エプソムCは基本的に逃げ馬が残るレース。まあ今年は例年に比べると時計が出ている状況なのと外差し馬場ではあると思うのでその辺は鍵だが、ミラアイトーンはタメ逃げでも引き上げても戦える分だけここでは怖いかな。騎手としては扱いやすいタイプだと思う。2走前ニューイヤーSみたいに46.7-46.5と平均で流れても11.5 – 11.7 – 11.8 – 11.2 – 11.8のラップ推移でしっかりとギアチェンジに対応して好位外から加速で対応して先頭列近くまで来ているからね。後半型の競馬でも対応はできるし、個人的にはマイルだと基礎スピード的にそこまで優位性を取れていない印象。この距離でできれば46秒台半ばぐらいでは進めてほしいんだけどね。まあ仮にへたれて47秒台半ばぐらいでスロー団子でも一瞬は動けるから後ろの仕掛けが遅れれば残ってもいい。

△ザダル

 タイプとしては高速馬場での無酸素運動で爆発するタイプだが、球節の不安でここまで結構時間がかかってきているのは気になるところかな。まあ鉄砲そのものは走る馬だけど。2走前の関越Sなんかでも新潟の1800で45.6-47.9とかなりのハイから11.8 – 11.8 – 11.7 – 12.1 – 12.3のラップ推移。もちろんこれは字面で、実際は離れた前を無視して脚を温存、後半で長くロングスプリントしつつ直線でもう一段上の鋭さを引き出してきたかなという感じ。後半特化で強烈なラップを踏めるタイプなので今の馬場でペースを作り切れない中で、中盤以降で前を追いかける展開になればというのはある。できれば何かが単騎でという形でそれを3~4角で2,3番手が捕えに動く形が望ましいね。

×アルジャンナ

 あとはもうルメール様を押さえておくかという感じ。正直アルジャンナは今の馬場の府中1800だとある程度流れてくれないと乗り難しいとは思う。トップスピードの質も高くないうえにギアチェンジが甘いので仕掛けが遅れる形で直線動きたいときに上り坂が来ると置かれるかなと。マイラーズCみたいに阪神外回りで44.5-46.9と流れて11.2 – 11.3 – 11.2 – 12.3 – 12.1とよどみなければいやでも出し切れる。今回は緩い流れからどうなるかだけ。ルメールじゃなかったら切っているけど、府中のルメールは信頼するに足る数少ない騎手だから。できれば後ろから進めた方がいいね。下手に流れに乗って巻き込まれて直線動いてくださいでは苦しいので、3角まではスペースを意識して3~4角でスペースを詰めながら一足早くスピードに乗せながら直線坂の上りに持ってくることが勝ち負けの条件としては重要かなと思っている。

×アドマイヤビルゴ

 追い切りが良かったのと、坂の登りでの加速は対応しているので今の外差し馬場の府中なら警戒しておいて損はないかな。思ったよりも人気が落ちているしね。ムーンライトハンデはトップスピード戦としては決してハイレベルではないと思っているが、12.6 – 12.2 – 11.9 – 11.1 – 11.6のラップ推移でL3-2ギアチェンジが求められたところで好位の外から取り付きながら直線に入ったのもあるにせよ、L2の地点でしっかりと先頭に立つ加速を見せてきた。中京のL2の坂の登りでの加速ラップで動けているなら府中でも対応できる可能性は高い。ただ、正直シンプルにパフォーマンス的にまだ疑問はあるので、ヒュミドールや対抗・単穴馬と比べてこの人気なら押さえまでかな。

sponsored link


―――――――――――――――――――――――――
≪ 先週も7万馬券ヒット! ≫
毎週のように情報通りに決まってます!
―――――――――――――――――――――――――

《4/24新潟 7R》13万0370円【的中】
《5/16東京 3R》12万3490円【的中】
《4/25東京 8R》 8万9670円【的中】
《6/6 東京 6R》 7万9830円【的中】
《5/16新潟11R》 7万8060円【的中】
―――――――――――――――――――――――――

≪今週の狙いは昨年400万馬券決着のエプソムC≫

▼▼▼▼▼▼▼

◎◎◎ 表に出ない話を多入手してます! ◎◎◎

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【アルジャンナ】1勝馬でも素質高く軽視は禁物!

【ヴェロックス】成長力は?今度こそ復調気配?

【ファルコニア】連勝中の良血馬は重賞でも即通用?

★他にも知らなきゃ変えない超穴馬も掴んでいる!★


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ダービージョッキー大西直宏の視点で絞って教えます!

【G3】エプソムCの絞りに絞った3頭【無料配信】



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。