競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ヴィクトリアマイル 2021 予想:本命11ダノンファンタジー

time 2021/05/16

ヴィクトリアマイル2021の予想

東京11R 芝1600m
馬場想定:良、超高速馬場想定
風向想定:南4m/s想定

展開予想

 雨が若干降るかも?という程度の曇りで、恐らく馬場への影響はほとんどないだろう。風向は南から4m/sになるので3~4角で追い風となる。仕掛けへの意識は早めの方に働く可能性があるね。

 展開予想だが、ひとまずはyoutubeの方にアップロードしていますのでそちらの方をよろしくお願いいたします。そのうえで、まあ何が逃げるか?というところまでは読みづらいのが本音で、レシステンシアと武豊がとりあえず逃げの意識を持ちつつ番手でもいいという入りだと思うが、それでもスマイルカナやディアンドルよりは早めに前に切っておきたいと思うのでそこから最内に切るまでにイベリスがどこまで主張しているかというところだろう。クリスティなんかはイベリスの後ろを狙うかなというところでこの辺までかな。その後ろをダノンファンタジーや内からシゲルピンクダイヤ辺りが入ってくるという中でグランアレグリアがゲートをどこまで出て対応してくるか。ペースはそれなりには上がると思うが、イベリスが作るにせよレシステンシアが作るにせよ3~4角で少しコントロールする意識が働く可能性が高いかなとみている。それでもそこまで極端ではなく11秒台半ばぐらいまでとみて、45.5-45.5ぐらいの感じでひとまず1:31.0を想定に置いておく。

予想

◎11ダノンファンタジー
○?(noteのみ)
▲?(noteのみ)
△07マルターズディオサ
△18レシステンシア
×01マジックキャッスル02シゲルピンクダイヤ
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ダノンファンタジー

 ここでダノンファンタジー本命はほぼ決めていたし思い切って。京王杯スプリングカップで調子悪い中で日和って展望で良いなと思っていたトゥラヴェスーラに本命を打ち切れなかった(貧すれば鈍する)のもある。まあもちろん天気で雨が明確に降ってという状況とかなら諦めてというのも考えたけど、ここまで極端な超高速馬場で内がそこまで顕著に有利でもなく外差しがそれなりに利いている今の馬場ならダノンにとっては結構進めやすいと思う。

 もちろん理想はある程度前を取ってほしい。阪神カップが強かったが、うまく2列目の内まで持って行けたことが全てで、藤岡佑との相性がいいなという感じだった。34.0-34.3と平均ペースだが11.1 – 11.4 – 11.3 – 11.4 – 11.6と淡々とした流れで後半はL3最速でも11.3という程度。コーナーで速いラップをという中で前半から余裕を持って好位から3角までに2列目内まで押し上げるというのを34.0の流れでやれているし、直線でしっかりと粘るイベリスを交わしてL1で突き抜けてきた。マルターズディオサとの比較でもL1で離せているのはコース取りの差があったので重要だし、ここで2馬身近くまでリードを取ってきたのは高く評価したい。インディチャンプやサウンドキアラといった強敵はしっかりと撃破できていてこの辺を踏まえても戦えるレベルにあると思う。

 昨年のヴィクトリアマイルは川田の判断ミスが大きい。超超高速馬場で極端に軽かったし45.6で入っても45.0でアーモンドが質的に後半を爆発させて突き抜けたという競馬になる。その中で序盤いいスタートを切りながらなぜか前にメジェールスーを入れてしまう凡ミス。強い馬を前に置くならともかく、あそこは前に入れないように抵抗して流れに乗るべきだったし、結果的に見てもバランスとしてはそれでも緩い。あれはかなり痛かったと思う。最後はそれなりに伸びているけど、ダノンファンタジーはどちらかというとスパッと切れるタイプではなく、高速馬場でのロングスプリントが売り。こうなっちゃうと高いレベルでは切れ負けする。サウンドキアラに対して前を取るつもりで運ばないと…。まあその前の阪神牝馬Sが前を取って甘くなったというのも影響したんだろうけどね。超超高速馬場の後傾で爆発したアーモンド相手はともかくサウンドキアラ辺りとの比較ならもうちょっと前半で良い位置を取れていたら違ったと思う。

 ダノンファンタジー自身明確に超高速馬場巧者だし、前走の宮記念で評価を完全に落としているのは旨い材料やね。阪神カップを見ても基礎スピードの質を高めているので今のこの馬なら自身で前後半を45-45で走るイメージで良いと思う。阪急杯は出負けして中団から中弛み再加速で置かれただけでL1は来ていたからそんなに心配していない。条件としては最高に近いので、これに本命を打つのが自分の予想かな。ここで現在9番人気、単勝50倍台なら本命打つしかない。

○?

▲?

△マルターズディオサ

 内容的に見てやはりここで紛れたときに一番バランスがいいのがマルターズディオサだとは思う。田辺がどう乗るかだけど、阪神カップのように1400だと若干前に行くには忙しくて、それでも34.0-34.3と質の高い平均から11.1 – 11.4 – 11.3 – 11.4 – 11.6とよどみなくという流れの中でしっかりと外枠から先行して脚を使って踏ん張ってきた。ダノンが完璧だったといっても2馬身弱の差というのは小さくはない。それでも1400の高速決着で淀みなくという中でスピード負けをそこまでしなかったのは収穫で、マイルならというところ。チューリップ賞が47.1-46.2でややスローからの12.0 – 12.2 – 11.3 – 10.9 – 11.8とL2最速で2列目の外からしっかりとレシステンシアに並びかけてきたようにある程度トップスピードの質も高い馬なので、多少緩んでも対応可能。その点でも良いが、さすがにグラン相手に相手の自滅以外で勝負になるだけの武器はないかなと感じた。

△レシステンシア

 まあ難しいところではあるが、やはりポイントとなるのは先行勢のみんなが今回はレシステンシアを目標に進めてくるだろうというところ。後ろの馬はグランを当てにするだろうが、前目の馬はレシステンシアの動きに合わせるか、もしくはハナを切るかになる。そのうえで府中がポイントかな。まああのころとは違うと思っているけど、NHKマイルCはやっぱり物足りない面はある。46.0-46.5と平均で進めての11.9 – 12.0 – 11.3 – 11.2 – 12.0と中弛み再加速。この競馬では当時のレシステンシアとしては中盤で中弛みを起こしたことでラウダシオンの脚を削げなかったという感覚。それでも後半の加速、最速、減速のどの地点でもラウダシオンに見劣っていたので、坂の登りでの加速があまり得意ではないタイプかなという印象があった。阪急杯は確かに圧巻だし、超高速馬場でも基礎スピードの質で負けることはないのでできれ45前後で積極的に作ってほしいんだけど、緩めての再加速の意識を府中で持ってくると不安はあるかなという感じ。それと、阪神Cのダノンは11.6でまとめているのに対して、こちらは10.8は良いんだけど11.8と減速度が高いんだよね。その点を踏まえても東京マイルでとなったときにダノンの方を上位に取りたいなという評価になったかな。

×マジックキャッスル

 こういうタイプを狙うか切るか、というところで難しいのがヴィクトリアマイルだけど今回は押さえておきたい。本質的にマイルは前半の基礎スピードの質で苦しむ可能性が高いと思うが、それでも前走の阪神牝馬Sでは47.1-44.9とかなりのスローとはいえ後半を質的に高めてきたのは個人的には怖さはあるね。12.0 – 11.7 – 10.7 – 10.8 – 11.7とL3の4角地点が最速で10.7とここで大野競馬らしい内での我慢が噛み合ったとは思う。が、最後までしぶとく馬群を捌いて突っ込んできたし、ここまで質の高いトップスピード戦でデゼルと互角にやれたのは収穫。ただ、やはりこれまでの内容を見ても府中での加速が求められてどうか。クイーンCは前が単騎で3~4角で外外から勢いをつけて直線に入ってきたので伸び始めも良かったが、オークスでデアリングタクト相手に狭い進路確保というところでギアチェンジで見劣ってしまったからね。その点でデゼルとの比較でここが噛み合う可能性と考えると…かな。ヒモまで。

×シゲルピンクダイヤ

 シゲルに関しては条件が揃いそうなときに相手に関係なく押さえておくぐらいの気持ちがちょうどいいかもしれんね。安定しないから難しいが、昨年のヴィクトリアマイルだけやれればこの枠である程度無理なく好位~中団は取れそうなのは良い。個人的には色気を出さずにグランの後ろを通すイメージで良いと思っている。昨年が45.6-45.0でアーモンドが突き抜けたが、こちらも中団中目で進めてノームコアの後ろぐらいからなだれ込んではきたからね。ダノンは本来もうちょっと前にいるべき馬なので何ともだがラストはこれに差をジリっと詰めている。今回は内枠なので嵌るか嵌らないかの振れ幅は大きくなると思うし、グランがポンと出てその後ろでという感じで上手く温存して直線での鋭さ勝負なら桜花賞2着が示すように本来高いパフォーマンスを見せられる馬。少しスローぐらいの方がいいと思うし明確に後傾の競馬で噛み合えば警戒したい。

sponsored link


≪先週のNHKマイルCも!≫
穴推奨のソングライン(7人気)がハナ差2着に激走!
―――――――――――――――――――――――――

≪先々週の天皇賞(春)も!≫
確信◎ワールドプレミアから1万1490円【的中】
―――――――――――――――――――――――――

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【【今週のヴィクトリアマイルも絞って教えます!】】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

~状態は?前走は?表に出ない話を多数聞いてます!~
―――――――――――――――――――――――――

【グランアレグリア】道悪・輸送競馬のダメージは?

【レシステンシア】データ的には不振の高松宮記念組

【マジックキャッスル】ポイントは高速馬場への対応

★他にも予想では買えない超穴馬も掴んでいる!★


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ダービージョッキーの視点で絞って教えます!

【ヴィクトリアマイル】絞りに絞った3頭【無料配信】


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。