競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

阪神ジュベナイルフィリーズ 2020 出走予定馬:メイケイエール&武豊騎手想定

time 2020/12/08

阪神ジュベナイルフィリーズ 2020 出走予定馬:メイケイエール&武豊騎手想定

第72回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)出走予定馬展望

日程:2020年12月13日(日)
コース:阪神芝外1600m

予想用・出走予定馬一

メイケイエール(武豊騎手想定)

 快足をコントロールしながら小倉2歳ステークス、ファンタジーステークスと重賞連勝、無敗でここまで来たメイケイエールが武豊とのコンビで阪神ジュベナイルフィリーズに出走予定だ。距離を延長しながらもなんとか我慢して高いパフォーマンスを続けてきたが、流石に今回のマイルは大きな壁となる。ここを克服して無敗での2歳女王戴冠式となるかに注目だ。

※この記事はnote,ブログ無料公開対象です。

 前走のファンタジーSは正直あれで勝てちゃうのかってぐらいの競馬だったので素材面は間違いないと思う。ただ流石に豊もコントロールしながら入ってあの感じなので距離不安は気性的にどうしても出てきてしまうかな。緩みがどうしても阪神マイルだと生じるのでそこで我慢し切れるかどうか、或いは前半はとにかくコントロールして中弛みで押し上げてしまうか。いずれにせよちょっとアイデアが必要かなと思う。

新馬戦1着

小倉芝1200m良 17頭1枠1番
1:09.4 33.9-35.5 H^2
11.9 – 10.5 – 11.5 – 11.8 – 11.8 – 11.9

 3走前の新馬戦から順を追って見ていきたい。小倉の1200m戦で良馬場、ペースもかなりのハイで流れて単調な競馬となった。

 1番枠からやや出負け、そこから促しつつ入っていって楽に2列目の内までは来る。ただそこからのコントロールが難しくスペースを詰めて2列目内で我慢我慢。3~4角でも2列目内で進路確保に苦労し4角で外に出して直線。序盤でそこからは馬なりで先頭に立ってしまう。そのまま馬なりで勝手に千切って5馬身差圧勝。

 基礎スピードの高さを見せた半面、ゲートの甘さとそこから出して行くとコントロールができずにという難しさも同様に見せてしまったかなという一戦だった。もちろん素材面では相当目立っていて、出負けから33.9の流れでリカバーして脚を使って折り合いで苦労しても外に出してからはラップを大きく落とさずに後続を千切り捨ててきたからね。レベルの低い一戦が逆に流れとしてこの馬に取ってリズムよく入れなかったかなという中で、進路を取ってからの踏ん張り方も素晴らしく結構前半は無理が利くタイプなんじゃないかなと。もちろんコントロールできればそれに越したことは無いだろうが…。

小倉2歳S(GIII)1着

小倉芝1200m重 10頭7枠8番
1:09.6 33.9-35.7 H^2
11.7 – 10.6 – 11.6 – 11.8 – 12.1 – 11.8

  小倉2歳Sでは重馬場でかなりタフな馬場状態となったがそこで出負けしつつも無理はせずに馬なりでコントロールした状態で最後までしぶとく伸びて突き抜けた。重馬場での基礎スピード特化戦となったが、これでもコントロールが難しい状況だったしやはり気性面は難しいなという反面素材はここでも底を見せなかった。

 8番枠から出負けして後方からの競馬となる。少しそこから促していたがじわっとスピードに乗っていくと今度はコントロールを続ける形で折り合いに終始。3~4角でも馬なりでコントロールしながら我慢してそれでも2列目に上がって直線に。序盤でそこからしぶとく伸びて2番手。L1で粘り込むモントライゼをしっかりと捕えて1馬身差の完勝。

 豊としてもある程度掛かる意識はあったと思うけど、出負けしたのでそこで出して行った感じはあった。ただそこからスピードに乗っちゃうとなかなかギアを下げるのが難しい感じは見せたね。そこからもう気持ちをコントロールしながら3~4角で外を回しても仕方がない、という感じで押し上げて後は素材で違いを見せてきたというところだろうと。このレースは時計指標的に見てもメンバーレベルで見てもかなりハイレベルで、同日の2勝クラスでも1:09.2しか出ていないしL1が12.5。こちらは比較的に見てもラストで余裕をもって11.8でまとめているのでラップ補正で考えれば互角レベルとして見ても良いと思う。モントライゼもその後活躍しているわけで、パフォーマンスとしては違いを示していると。

ファンタジーS(GIII)1着

阪神芝内1400m良 12頭7枠10番
1:20.1R 34.1-34.8 H^1
12.2 – 10.7 – 11.2 – 11.2 – 11.3 – 11.5 – 12.0

 前走のファンタジーSではこれは流石に難しいやろ…というところで外から正攻法で突き抜けた。1400ですらパフォーマンスを上げてくるぐらいなので素材面はすさまじいのだが、あくまで前半の基礎スピード面を強めに求められた中でのもの。特に道中で淀みが全くない中での競馬だったからね。この辺は本番に向けての課題。

 10番枠からやや出負け、そこからコントロールして進めているのだがそれでも折り合いで難しく中団からじわじわと押し上げるような形で最終的に2列目の外まで押し上げる。3~4角でもよどみのないなかで少し下げて4角出口で前3頭の外から直線。序盤でしぶとく伸びて先頭に立つと、L1で抜け出して外から来るオパールムーンの追撃を3/4で振り切っての2歳レコード勝ち。

 ここは正直驚いた。開幕週の阪神1400で3~4角で速いラップを踏んでいる状況で明確に外を回す格好となっているので相当ロスがあったと思うんだよね。それでもL1まで落ちずに維持してきたという点で見ても、後半のロングスプリント的な要素もある程度見せてきたんじゃないかと思っている。普通に考えてちょっと難しい競馬だったはず。これであっさり勝ち切ってレコードってのはインパクトとしては大きいかな。ただ、このレースは終始淡々と速いラップを中間で踏んでいる。そのレベルですら掛かって押し上げるしかない状況なので、阪神マイルで3角で12秒前後まで緩んでしまうとここでかなり難しい状況になるだろうなというのは考えないといけない。

阪神ジュベナイルフィリーズ2020への展望

 まあ素材的にはかなりのものだけど、2つの大きな不安と向かい合う必要がある。一つはゲートが下手。もう一つはコントロールが利かない。ギアを下げるのが下手というかほぼできない感じなので、仮に流れに乗ったとして3角付近でペースが落ちてしまったときに対応できるのかどうか?というところになる。特にJFは3角でどうしても息が入りやすいので、ここに対応できる馬でないとなかなか簡単ではないと思っている。

 今回はむしろ出負けを敢えて想定に入れて前半は無理をせずに何とかコントロールしながら押し上げの準備をし、中弛みが起こったタイミングで馬なりでブレーキを外して一気に捲り切る競馬を展開したほうがおもしろいかなと思う。仮に前に行けたとしても折り合いで位置をキープするのが難しいし、恐らく前半はこのメンツだとそこそこ流れる可能性が高いわけでね。そこで出して行って中弛みで押し上げてという競馬では流石にラストがしんどくなる。どうしてもマイルは気性的に難しくなるし、豊としてはむしろ出負けも想定して途中で押し上げる形も想定して、そのうえで中弛みを察知しての一気のまくりまで視野に入れてほしい。上手く展開にはめ込むことが出来れば普通にここでは一番かなと思うけど、マイルの不安やギアを落とせないというのはどうしてもマイナス材料。信頼は置きにくいというのが本音かな。

sponsored link

【PR・オススメサイト】━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業39年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━

阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)
      自信の3点
  12月13日13時  無料公開!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
11/28 東京10R  1万0540円的中
11/23 東京10R  2万8390円的中
11/22 阪神7R  3万1450円的中
11/21 東京8R  3万7240円的中
11/15 阪神7R  1万1640円的中
11/8 阪神12R  1万8690円的中
11/7 ファンタジーS  2万5620円的中
11/1 京都10R  1万5440円的中
10/31 京都7R  1万0710円的中


→阪神JFの無料閲覧方法はコチラ←


何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。