競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

神戸新聞杯 2020 予想:本命02コントレイル

time 2020/09/27

神戸新聞杯2020の予想

中京11R 芝2200m
馬場想定:良、やや高速馬場想定
風向想定:北西5m/s想定

展開予想

 土曜は雨の割にはそこまで重くなかったと思う。レースによってはかなり時計も出ていて判断が難しいけどやや高速ぐらいだったかな。この感じなら明日はやや高速馬場~高速馬場で良いと思う。それよりも風が気になるね。北西からで方角的にはHSからBSに向かって吹く風になる。が、5m/sってのは結構強めなので、何らかの影響が出るかも。3~4角が向かい風になるのでここでのペースアップが遅れて直線でとなると内枠からスッ動けるタイプが面白そうではあるかな。

 展開予想だが、行くのはパンサラッサになるかなと思うが、内からグランデマーレの出方次第という面もある。外からジンボは流石にこのクラスで逃げまでは無理だと思うし2列目外辺りかな。ディープボンドがパンサラッサを見ながら番手を狙ってきそうで、ヴェルトライゼンデが好位の外。コントレイルは恐らくグランデマーレを行かせて2、3列目の内目でというところで折り合わせてという競馬になる。ペースはそこまで上がらないとは思うが、それでも1角までの距離も長めだしある程度パンサラッサも引っ張って良さが出てくる馬なので60秒台では入るかなと思うけどね。一応60.5-59.0ぐらいの感じで見ておく。

予想

◎02コントレイル
○?(note版のみ)
△01グランデマーレ
△10パンサラッサ
△11ディープボンド
3連複:◎軸○△BOX
3連複:◎○軸△流し
3連単F:◎○→◎○△→◎○△

◎コントレイル

 まあ…単勝1.1倍で賭けられるような裕福な人間ではないので、馬券的には見るレース。だが、普通にどの角度で見ても現実的な予想で本命を外すことは難しいかな。負ける姿が不可抗力以外では想像しづらい。敢えて言えば中京の2200mって多頭数で最内枠だとポジショニングで少し難しい印象があるので、しっかりと好位を取れるかどうか?という点では注意したいけど、仮に後ろからになったとしても末脚の絶対量が違うので詰まらなければ届いてしまうだろうし…という感じ。

 ダービーなんかも圧巻で、61.7-58.4と超スローではあるが、11.8 – 12.2 – 12.3 – 11.8 – 11.3 – 11.3 – 11.7とマイラプソディが向こう正面で捲ったことで割と仕掛けは強めだったし、そこからのロングスプリント。これで好位の内目でロスを小さく進められたとはいえ直線外に出してから馬なりで坂の登りでも差を詰めてきて、L1で強烈に突き抜けて3馬身差の完勝。3着のヴェルトライゼンデとの比較で5馬身千切ってきているからね。スローで後半素材勝負で圧倒してきた。

 また皐月賞でも59.8-60.9とややハイの流れで中団から脚を温存できたとはいえ12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1と4F戦で外から動いて、ロスなく立ち回ったサリオスとの一騎打ちでL1で半馬身前に出てきたわけでね。流れた中でも問題ないし、出来れば後半の素材面を引き出せる競馬のほうが良いので2000の単調な流れよりは2200mで少しでも余裕をもって入れたほうが良いと思う。ダービーを見てもかなり長距離色が強い競馬をしているので、菊花賞まで突き進んでほしいね。

○?

△グランデマーレ

 まあやっぱ人気するか…というところ。葉牡丹賞では59.7-59.2と平均ペース、11.5 – 11.6 – 11.6 – 11.8 – 12.7のラップ推移で番手からこの流れに乗っての5F戦で粘り込んできた。この競馬ができるうえで、新馬戦では京都1800で楽にハナを切ってドスローから13.1 – 12.5 – 11.8 – 10.9 – 11.5と2F戦で楽に抜け出してきたと。この3着がエレヴァテッツァで2勝クラスまで上がっているし全体レベルを考えても内容は良い。後はここに入ってどこまでやれるかだけど、どちらのパターンでも素質を見せているというのは良い材料やね。

△パンサラッサ

 夏にパフォーマンスを上げてきたので警戒しておきたい。2走前の1勝クラス勝ちは単騎気味で進められたのも良かったとは思うが、60.4-59.6とややスローから12.1 – 11.7 – 11.7 – 11.8 – 12.3のラップ推移でしっかりと後続を寄せ付けず、L1で5馬身差からディープキングに2馬身半までは詰められたが3着以下は10馬身近く離しているように、有酸素運動戦で良さが出た。後半のポテンシャルを詰めてきたと思うし、この感じなら距離延長で単騎気味に進められての3~4角でロンスパの形に持ち込んでの粘り込みは警戒したいところかな。

△ディープボンド

 ダービーは前半が61.7-58.4と超スロー過ぎたので先行したけど割と楽についてこれた馬が多かったと思う。京都新聞杯では前が58.3-60.9と超ハイで進めていたのはあるが少し離れた中団外目からL2で少し進路で迷いつつ最後までしぶとく伸びて、L1でマンオブスピリットを捉えてクビ差前に出た形。12.7 – 12.0 – 12.5 – 11.7 – 12.0のL3地点で結構前との差が詰まってきていたので実質はポテンシャル戦で良さが出たと思っている。L2ではマンオブが外から前に出ていたし、こちらは進路で迷った分もあったが最後までしぶとく踏ん張れるならこの枠でパンサラッサを見ながら入れるのは良いし、ダービーほど緩い形もないかなと見て。

sponsored link

セントライト記念
3連複20倍ヒット!

菊花賞前哨戦…
やはりここが頼りになりました。
皐月賞もガロアクリーク入れて高配当!
見ておいて良かった無料情報です。
━━━━━━━━━━━━━━
★セントライト記念(無料情報)
1着:バビット
2着:サトノフラッグ
3着:ガロアクリーク
3連複20倍×500円
◎10,000円獲得/回収率182%
↓↓買い目画像
─────────────────

─────────────────
~春から好調継続中~
◎ダービー275%◎天皇賞1350%
◎皐月賞653%◎桜花賞899%
春G1は8戦6勝です!
↓↓春G1(無料)集計
─────────────────

━━━━━━━━━━━━━━
9/27(日)神戸新聞杯
★☆無料公開★☆

↓↓ここから買い目確認↓↓
前夜公開の無料情報
初めての方、まずは買い目見るだけでもオッケー!さらに稼げる『スターメーカー』など中穴・穴馬の取捨選択が妙味なんです。

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。