競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ユニコーンステークス2020の予想:07サンライズホープ

time 2020/06/21

ユニコーンステークス2020の予想

東京11R ダ1600m
馬場想定:良~稍、やや高速ダート想定
風向想定:北東2m/s想定

展開予想

 土曜は特に芝が思ったより回復が速くなったなという感じ。明日は雨もそこまで降らないと思うしこのまま回復基調、ダートも稍重ぐらいまでは回復すると思うがそこまで顕著な高速化はせず、やや高速馬場ぐらいで見ておく。

 展開予想だが、初の芝スタートで出負けとかが無ければレッチェバロックはハナを切る形が濃厚。行くのであればペースは飛ばしていく形になると思う。これを見ながらオーロラテソーロ辺りは控えると言っているので番手まで持って行くのかどうか?というラインでじわっと。サンライズホープやマカオンブランも芝スタートでどうか?というのはあるが先行していくという感じ。デュードヴァンなんかは一歩目で遅れながらのリカバーになるので好位~中団ぐらいまでかな。後はルメールが引っ張っていく可能性が高い中で各馬がどこまでついて行くのかというのはある。一応幅は持たせるけど、47-49ぐらいでは見ておきたい。35秒台も視野に入ってくる。

予想

◎07サンライズホープ
○?
▲?
△05レッチェバロック
△13タガノビューティー
×12キッズアガチャー16カフェファラオ
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎サンライズホープ

 まあ、かなり悩んだけど一つは思った以上に人気がないなというのはある。今回のユニコーンステークスは他もどれをとっても不安があったり物足りなかったりで、狙いたいと思った馬を素直に本命にしたという感じかな。

 まず最大限評価しているのが前走の内容。京都の1800m戦で重馬場、49.6-48.2とスローバランスの流れで番手から12.5 – 12.2 – 11.8 – 11.8 – 12.4とL3最速タイで11.8と結構速いラップを求められた。ここで番手外から脚を使いながらジリジリ食らいついてL2の11秒台の地点まではさほど切れず。しかしL1でしぶとく逃げ粘っていたホッコーアカツキを捕え切った。後半型の競馬に持ち込んだのもあるが、前半でスムーズに運べたのは大きかったかなと思う。

 割とギアの上げ下げそのものは上手い印象で、例えば新馬戦ではミヤジコクオウ相手に強い競馬。49.6-51.0とハイペースから12.9 – 12.9 – 13.0 – 12.9 – 12.2とL1最速。この形で逃げて引き付けてミヤジコクオウの追撃を何とか振り切っているように、加速そのものをここまで引き上げた中でできている。本来器用な馬だが、2,3走前は川須の進め方がまずくてバランスの悪い入り方になってしまった。むしろ前が淡々と引っ張ってくれた方がレースメイクをしなくていいので流れに乗ってという競馬でやれないかなという感じ。芝スタートの不安はあるんだけど、ここまで人気がないうえで素材面での良さを見せている、追い切りも良かったなら素直にって感じかな。

○?

▲?

△レッチェバロック

 まあ正直これが勝つようなら仕方がないかなとは思っている。ただ、不安がはっきりとあって、基本的にダートスタートでゴリゴリにペースを引き上げてきた。特殊なんだけど、ダートスタートで圧倒的に質を高めてきて後続の脚を削ぐことができていると。ただ、東京マイルでは芝スタートになるので、ここ2走で見せた部分が活きるかどうかは結構疑問がある。前走にしてもえげつないラップで、34.2-37.6と超々ハイに持ち込んで11.2 – 11.8 – 12.1 – 12.1 – 13.4と消耗しつつも後続を千切り続けている。ここまで引き上げて後ろの脚を削ぐことができているのは典型的前傾型基礎スピードタイプ。こういうタイプはやはり距離延長も不安ではあるし、ダートスタートでの3Fの34.2という点やね。ここはその辺りを少し気にしたいが、パフォーマンスだけなら前走は正直1枚抜けているので、連下では押さえんといかんかなと。

△タガノビューティー

 後は中弛みになったときにというところかな。トップスピードの質的には多分メンバー中トップ。ヒヤシンスSでも49.0-48.7と平均で流れて12.7 – 12.8 – 12.3 – 11.7 – 11.9とL2最速の流れで後方からL2でぐんと伸びてきた。逆にL1では詰め切れなかったので基本的にはこの坂の登りでのトップスピードの質を活かしたい。前走の青竜Sでも46.8-49.4と超ハイの流れで後方からしっかりと脚は使ってきているし流れても多少はやれるが、今回のメンバー構成だと単調なハイペースでは強敵が多い。中弛み外差し要因として。

×キッズアガチャー

 後はいずれもタガノビューティー同様3~4角緩んだ時の穴目狙い。キッズアガチャーは追い切りが良かったのと、個人的には5走前が悪くない。阪神の1800で重馬場だが12.2 – 12.0 – 12.0 – 12.4 – 12.9と後半で速いラップを連続する競馬となっていてここで外目を回しつつL2までは伸びてきていた。高速ダートでロンスパでも要所での伸びが良かったし、この感じなら距離短縮は怖いかなという感じ。追い切り面も含めて。

×カフェファラオ

 こちらはやはり基礎スピード面でかなり不安がある。前走のヒヤシンスSも悪くはないが49.2-48.7と平均でも12.7 – 12.8 – 12.3 – 11.7 – 11.9と中弛みで取り付いてという競馬。まあL1までしぶとく踏ん張ってタガノビューティーは撃破したけど、タガノビューティーは青竜Sで流れた中でもそこそこやれているということを考えると適性面での不安はこちらは解消できていない。ゲートが悪かったので外枠ならリカバーしやすいしそれは良いんだけど…という感じかな。切るかどうかで悩んだけど、他にこれといって狙いたい穴馬もいなかったし、中弛みになれば鋭さもある程度見せていないと、という点で×で押さえるか…という感じ。

sponsored link


────────────────
無料情報でG1総ナメ3連複的中!
ガロアクリーク、スマイルカナなど人気薄もOK
天皇賞春では1350%でかなり噂に!
そのままあれよあれよで安田記念まで連勝街道!
────────────────
◎安田記念5点+4点4800円
→6720円(回収率140%)
◎ダービー9点600円5400円
→14800円(回収率276%)
◎Vマイル13点400円5200円
→11840円(回収率228%)
◎天皇賞10点500円5000円
→67500円(回収率1350%)
◎皐月賞14点400円5600円
→36600円(回収率653%)
◎桜花賞14点400円5600円
→50360円(回収率899%)
────────────────
これ全て的中した方おりますか?!
そして重賞だけではない事を発見!
6/13(土)阪神12R ワイド3-7的中
3500円×2.9倍→1万150円獲得
→回収率203%
6/7(日)阪神7R ワイド2点的中
5000円投資→2万5200円獲得
→回収率504%
重賞以外の厳選無料公開ワイドも好調。
Vマイル週では栗東Sもワイドで的中。
他無料情報も好調なんです!
────────────────

────────────────
無料情報で勝てるのはココ!と毎週感じてます!
函館SS3連複激熱買い目
好調の無料情報なのでガチで見ておくべきです。


何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。