競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

エプソムカップ 2020 ざっくり回顧

time 2020/06/15

エプソムカップ2020のレース回顧・結果

東京芝1800m不
1:47.7 47.2-48.6 H^1
12.5 – 11.2 – 11.6 – 11.9 – 11.9 – 12.1 – 11.8 – 11.9 – 12.8

ざっくりレース回顧・感想

○アイスストーム▲マイネルファンロンでした…

 まあ最初は終わった瞬間難しいかなと思っていたんだけど、よくよく考えるとこのレースは自分のスタンス的に当てるチャンスはあったな…という点で後悔が大きいレースになったなあ。まずトーラスジェミニは深く考えずに消してしまったのはミスだった。幕張Sでバランス的なハイで良さが出ていてダービー卿を見ても質的なものが求められて良いタイプではないという感じからもこの条件での距離延長は穴目ではまず考えなきゃいけなかった。個人的にはこれを一顧だにしなかったのは予想としてミス。

 それと、ダイワキャグニーは結構悩んだんだよね。結果中途半端に△打ったんだけど、前日の段階でタフな馬場は間違いなかったし重い印も考えた…何なら本命もちょっと考えたんだよね…結果としてシャドウディーヴァの秋華賞でのカレンブーケドール比較でJC負けすぎかなと思ってちょっと下げちゃった。どういう展開でもやれちゃうソーグリッタリングに関しては狙うなら対抗、消すなら消す。内の馬場が悪くなるかもという読みだったのも良くなかったけど、馬場悪化のケースは基本バランス的に流れるので3~4角で内目というのも穴目の基本ではある。この辺りをちょっと安易に考えすぎたのは失敗だった。シャドウディーヴァも追い切りが良くなかったから、反省が多いわ。調子が良ければ多分当てるところまではいかないまでも、惜しいなと思わせることはできたレースだと思う。じわじわ悔しさが来るレースになってしまっている。悪い意味で思い切って直感を信じた所はある。ダイワキャグニーもこれだけいい条件が揃ったけど、重賞でさっぱりだからな~ってちょっとよぎってしまったのも事実で、難しいよね競馬は。ダイワに重い印を打つだけでチャンスが広がっていたし、トーラスに×を回すだけでも良かっただけに、悔しい。終わってからこんなに取れる可能性がある421万馬券はなかったなあ、と感じる。ムリゲーではなくこういうレースで良い予想ができないといかんです。反省が大きい。今週土日はワイドのほうも良いところがほとんどなかったから、立て直さんといかん。

分析note’20 ユニコーンS週~七夕賞週

 帝王賞とジャパンダートダービーも余裕があれば展望します。地方交流重賞の予想もできる限りやっていきますので、noteのほうもよろしくお願いします!

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。