競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

日本ダービー 2020 予想:本命05コントレイル

time 2020/05/31

日本ダービー2020の予想

東京11R 芝2400m
馬場想定:良、超高速馬場想定
風向想定:南3m/s想定

展開予想

 まず土曜の馬場だが、午後はあまり時計が出ていないように見えるけど多分レベルの問題。3歳未勝利レベルでも好時計が連発していて、普通に超高速馬場を維持していると思う。風向は南風3m/s程度。向こう正面からスタンドに向けての風なんだが、不思議と直線で向かい風になることが多い。まあ3m/s程度なのでそこまで大きな影響はないと思うが、一応。

 展開予想はyoutubeにアップロードしておりますのでそちらもよろしくお願いいたします。ウインカーネリアンが大外枠が…という陣営のコメントなので、やはりある程度前は意識するだろうにせよ、そこまで行き切れるかどうか。ウインが行き切るまでに他で逃げたい馬がいれば猶予が与えられると。個人的にはここはチームノースヒルズの一角コルテジアが積極的にレースを作ってくるかな?という見立て。ビターエンダーは2列目内狙い、ウインが外から来て逃げそうな馬の外につけて番手狙いという感じで序盤は進むと思う。この3頭当たりを見ながらディープボンドが積極的な先行策、内からワーケア、アルジャンナ、コントレイルらが好位~中団争いをしつつ、も外からサリオスがこれらよりは前目でという感じかな。ペースはコルテジアが刻むと考えれば、コントレイルにとって悪くないラビット的なペースメイカーになる可能性が高くそこまで遅くはしないかなと思う。60秒前後で60-58でかなりのスローぐらいを想定。走破時計は一応2:22.0ぐらいとしておく。これぐらい出ても驚けない。

予想

◎05コントレイル
○?
★?
★?
△12サリオス
×03ワーケア09ダーリントンホール
3連複:◎軸○★△×BOX
3連複:◎○軸★△×流し
3連単F:◎→○★△→○★△×

◎コントレイル

 本命はコントレイル。悩みが全くなかったわけではない。馬は問題ないが、やっぱり内枠で大一番で福永というのは長年競馬をやっているとどうしても二の足を踏む条件となってしまう。が、馬はまともに出し切れれば、2歳超高速馬場という条件で歴代最強レベルのパフォーマンスを東スポ杯で見せている。

 47.1-45.7とスローペースだが普通の馬にとっては流れていた。ラップも11.7 – 11.8 – 11.7 – 10.8 – 11.4と途中で12秒台を踏むことなく進んでのL2最速戦。中団外から早い段階で抜け出すともう後はぶっちぎるだけだった。トップスピードの質も10.8(L2ではほぼ先頭だったので10.9-10.8-11.4だと思う)とまずまずだがやはりロングスプリントの性能が抜けていた。10秒台を2F踏みながらラストまで大きく落とさなかったし。アルジャンナをずっと離し続けていて末脚の絶対量が圧倒的だった。これは比較対象が毎日王冠とは府中牝馬Sとか古馬のハイレベルの重賞との比較になってしまうほどだし、しかも見劣らない。この時点でこの競馬ができる馬というのは過去2歳戦を見続けてきたけど、なかなか例が挙がらない。少なくとも超高速馬場で流れた中でここまで弾けたのはちょっと記憶にないね。この時点でダービーで逆らう術はないと思った。

 そのうえで、ホープフルSがちょっと物足りなかったが皐月賞で上げてきた。59.8-60.7をやや単騎で前が進める状況、後方馬群の中目で我慢しつつ3角手前で外を選んで、12.4 – 12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1と後半4Fのポテンシャル戦で外からしっかりと動いて最後までポテンシャルの違いで突き抜けてきたからね。この競馬は圧巻だったしサリオスも強い競馬をしていたけど、高速馬場での東京というパフォーマンスで比較すればクラヴァシュドールとの比較でそこまで突き放せなかったサリオスと、出し切ったアルジャンナ相手にぶっちぎったコントレイル。時計比較やラップを判断してもコントレイル本命しかない。

 後は福永ェェェ…にならないことを祈るだけ…かな。究極レベルだと出し切ったほうが良いタイプだとは思うが要所でも比較的動ける方だし、エイシンフラッシュの時のヴィクトワールピサとかああいう形にさえならなければとは思う。その点で割とチームプレイをしてくるノースヒルズ勢のコルテジアやディープボンドのアシストは期待したいね。3単はコントレイル1着に固定で。

○?

★?

★?

△サリオス

 連下にしたが悩んだ末の連下。サリオスやコントレイルはもうはっきりと順序を決めないといけないと思うし、コントレイルとの比較で見てサウジ戦と東スポ杯なら東スポ杯が異次元だったからというのが最大の要因となる。サウジ戦は普通に優秀。47.2-45.5とかなりのスローからの12.1 – 12.0 – 11.2 – 10.8 – 11.5とL2最速の流れで3番手から直線仕掛けを待ちつつ進めていたがL2で一気にクラヴァシュドールに並ばれて慌てて追い出してL1では再び抜け出す感じの完勝。このレースはレコード勝ちはともかくラップ的になかなか優秀だがそれでも11.5まで落としている。これはクラヴァシュドールでも感じた(まあクラヴァシュはL1で11.7だと思うが)ところだが、究極レベルでロングスプリントの性能と考えたときにちょっと落としたなというのが正直なところ。東スポ杯と比べても息が入っているのでもう少し長く維持してほしかった。例年ならこれでも十分だけど、コントレイルが相手と考えるとロングスプリント面では明確に一枚見劣る。

 優位に運べるのはやはり先行力があるというのが大きいと。前走の皐月賞でも59.8-60.9とややハイを前が単騎気味、この馬にとってはややスローぐらいの入り方ではあったと思う。それでも12.9 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.1のラップ推移で好位内目から3~4角でロスは少なく、4角までは馬場の悪いところだが直線で上手く馬場の良いところまで誘導、それでも外から動いたコントレイルにねじ伏せられた。L5で緩んだところでコントレイルもある程度取り付くチャンスはあったが、それでも3~4角ではペースも上がっていたしそこでの距離ロスはかなり差があったからね。もちろん馬場も内目が悪かったとは思っているが直線では良いところを取れた。でも皐月賞だけなら正直分からん。それでちょっと悩んでいたんだよね。こちらは前目で進められるしコントレイルはやはり折り合い面がそこまで良くないので入り方というのは難しい。それでも東スポ杯が尋常じゃなかったのよ。こちらのサウジ戦は尋常の範囲内だった。その差かな。

×ワーケア

 まあ後はワーケアは拾っておきたい。内枠を引いたし、アイビーSは良かったからね。重馬場ではあった物の東京1800で48.8-46.8とかなりのスローからの12.5 – 12.8 – 11.7 – 11.1 – 11.2とL2最速戦で中団外から余裕をもってL2の地点で3列目からぐんと伸びて先頭。ここで恐らく10.8は使えているし、標準馬場ではあったのでここでこのラップを刻んでL1まで11.2というのは優秀。ロングスプリント性能は高いので軽視はできない。が、やはりどうしてもそれなりに人気しちゃうし、タフな馬場だったとはいえペースが上がったホープフルS、弥生賞での伸びがいまいち。ここ一本に絞ってルメールで仕上げてきていると思うしそこは歓迎するけど、×印までかな。

×ダーリントンホール

 後一頭はダーリントンホール。難しいところなんだけど、共同通信杯はあの時の府中は標準よりも時計が掛かっていて、初音Sなんかは3勝クラスだが1:48.2で勝ち馬上がりが34.7という感じ。その中で50.5-46.4とドスローとはいえ12.7 – 12.1 – 11.2 – 11.4 – 11.7とL3最速11.2からL1まで11.7でまとめている中で捻じ伏せてきたのは良い材料かなと。ロングスプリント性能を秘めているし、高速馬場自体は葉牡丹賞でもある程度適性を見せている。皐月賞も悪くないが高いレベルだと中距離的な競馬で基礎スピード面を一定レベル求められると質的に苦労している感じ。この条件で押さえておきたい。

sponsored link

いよいよ競馬の祭典『日本ダービー
1冠目の皐月賞含めG1好調の3連複無料買い目!
もちろんダービーも無料で前夜に情報公開です!

さあ皆さんお待ちかねの日本ダービー!3歳の頂点をかけた牡馬クラシック戦を前に今週は競馬の話題で持ちきりですね!ダービー的中に向けてクラシック初戦『皐月賞』含めてG1でズバズバ無料予想を当ててるサイトをご紹介!



4月5月のG1連戦を無料情報で3連複的中連発!ダービー予想でチェック欠かせない牡馬1冠目の皐月賞もご覧のような600%を超える回収率で当てています!8人気で3着に入ったガロアクリークを見逃さなかったのが素晴らしいです!ご自身の予想でこれだけビックレースを連続で3連複を当てる自信はありますか?僕は無いので週末に無料で提供される予想をチェックしてから買い目決めるつもりです。
G1絶好調のダービー無料情報を見に行く!
レース前夜にこちらから無料公開!土曜2鞍、日曜ダービー含む2鞍が無料公開!


何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。