競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

オークス 2020 出走予定馬:ウインマイティ&和田竜騎手確定

time 2020/05/21

第81回 オークス(GI)出走予定馬展望

日程:2020年5月24日(日)
コース:東京芝2400m

予想用・出走予定馬一覧

オークス2020の予想用・出走予定馬一覧

 ウインマイティー(和田竜騎手確定)

 デイジー賞、忘れな草賞と距離を延ばして連勝を果たしたウインマイティーがオークスに出走予定だ。オークスを狙ううえでは理想的なローテーションでここまで来た。府中遠征は初となるが、2400mへの延長で勢力図を塗り替えたい。

※この記事はnote,ブログ無料公開対象です。

 ここ2走はスローの中距離路線で良さを見出してきた。エルフィンSではデアリングタクトに完敗の内容だったが、距離を延ばして怖がらずの積極策に活路を見出したい。が、ここ2走もスローでのものだし全体のペースがある程度上がるというのは確かだと思う。その中でいい位置を取れるかどうかというのもあるしね。

忘れな草賞(L)1着

阪神芝内2000m稍 10頭2枠2番
2:03.6 63.6-60.0 S^4
12.7 – 11.6 – 13.1 – 13.1 – 13.1 – 12.6 – 12.2 – 11.9 – 11.5 – 11.8

 前走の忘れな草賞から振り返りたい。阪神の内回り2000m戦で稍重、ペースは超々スローで、そこからのL2最速で11.5。3F戦に近いと思っているけど、桜花賞と当日で雨が断続的に振り続けていた中、稍重といってもかなり時計が掛かっていたはず。L2最速の11.5はまずまず速いかな。

 2番枠から好発を切って、そこから促しながら先行しつつも最終的には好位3列目の内。道中も中団に近い位置で内内で進めながら我慢して3角。3~4角でも3列目の内で前にスペースを置きながらそこを促しつつ詰めて4角では2列目の内ポケットに近い位置で進めて直線。序盤で2列目から先頭列の真ん中のスペースを見つけてスッと伸びてここで一気に先頭に立つ。L1でそのまま抜け出しを図るが外からイズジョーノキセキが食らいつくも、少し差を広げて1馬身差完勝。

 ここでは後半特化の競馬になったが好位から進めつつ3角以降加速していく過程で進路も確保できなかった。それでも直線最速地点で先頭列のスペースを見つけてスッと反応して一気に抜けてきたからね。意外とこの一戦は良かったかなと思う。L2の地点では1馬身半は開いていたがここで一気に先頭なので恐らくこの馬は最低でもL2で11.3は使ってきていると思う。馬場の悪化過程ではあったので判断が難しいが、映像的にもここで一頭だけ切れたので、スローで後半特化の中でも馬場のわりに鋭くL2で動けたという見立てで良いのかなと思う。2000でここまで緩い流れの中で動けたのは収穫だし、イズジョーノキセキやリリーピュアハートといった強敵が相手でここまでやれたからね。この器用さは結構侮れないかな。もちろん力の要る馬場でのものなので、高速馬場になりやすい府中では?というのはあるが。

デイジー賞(1C)1着

中山芝内1800m良 9頭4枠4番
1:48.9 50.2-47.2 S^3
12.9 – 12.2 – 12.8 – 12.3 – 11.5 – 11.9 – 12.0 – 11.5 – 11.8

 2走前のデイジー賞でも同様に、良馬場でもある程度力の要る馬場での勝負。ただL5で11.5と上がってから3~4角で緩んでのL2再加速なので割と長距離的な競馬だった。

 4番枠から好発から促しつつハナを取り切る。ただ1~2角で外から競ってきたヒラボククイーンを行かせて2列目の内ポケット。そのままコントロールしながら2列目の内で我慢して前にスペースを確保して3角。3~4角で前がペースダウンしてくるところで包まれて動けない状況、4角でも進路確定できないままとりあえず追って直線。序盤でそこから内のスペースを拾って追われてスッと反応し半馬身差ほど。L1でそのまましぶとく伸びきって半馬身差完勝。

 スローの流れから向こう正面でペースアップをしているのでひとまずポテンシャルを問われている。そのうえで3~4角で緩んでいてここで我慢を強いられた中で直線で進路が確定していない状況で加速が求められたと。それでも最内に進路を取ってからしっかりと加速して抜け出してきたし、そういった器用さはかなりいいものを見せている。ポテンシャルを求められたうえで段階的な加速ができているというのは長距離的な競馬として好感を持てる競馬だった。少し力の要る馬場のほうが良いとは思うんだけど、そういった器用さは確かなので怖さはなくはない。ただここもそうだが瞬間的に速いラップを踏めるかどうか?というのはあるし、高速馬場適性の問題というのはどうしても出てくるかな。

エルフィンS(L)7着

京都芝外1600m良 12頭1枠1番
1:35.1(+1.5) 46.3-47.3 H^1
12.3 – 10.9 – 11.5 – 11.6 – 12.2 – 12.0 – 11.7 – 11.4

 3走前のエルフィンSでは全体では実はある程度流れていて、その中で後半の決め手勝負となっているが、デアリングタクトに完敗を喫している。

 1番枠からここではやや出負け、内枠からある程度リカバーを試みるが結局後方からの競馬となる。道中も前がそこそこ飛ばす流れの中で後方内目で我慢しながら3角。この辺りで少しペースが落ちたところで中団内のスペースを拾いながら結構噛み合って直線。序盤で中団の中目から追い出されるが反応は地味。ラストまでジリジリと伸びずばてずで7着完敗。

 まあここはマイル戦としては結構全体で流れていたというのはあるかな。基礎スピード面で追走が難しかった印象を受けたし、3~4角では噛み合っていてここで押し上げようとしたけど直線では余力がなかったという感じ。この競馬からもマイルはこのレベルでは前半の基礎スピード面での課題が大きいなとは思った。なので中距離路線に切ったのは良い判断だったのかなとは思う。ただやはりデアリングタクトの内容と比較してしまうとなかなか簡単ではないかなあ。

オークス2020への展望

 いい馬だなとは思う。時計や上がりには出にくい良さがあって、この距離ならゲートもしっかりと出て二の足である程度いい位置を狙えそう。また緩い流れから進路が無い状況で進路を作って加速ができているのでギアチェンジそのものもある程度持っていると思う。ただし、やはり問題は高速馬場で11秒前後のラップを求められて質的に対応できるのかどうかだろう。ここ2走はいずれも力の要る馬場だったし、前走は特に稍重でも時計が掛かっていた状況。阪神2000で力の要る馬場でスローからの終い勝負であの競馬ができたなら個人的には距離そのものは問題ないと思う。なんなら上位勢の中でも距離不安はない方。ただ、やはりスパッと切れるかどうかやね。絶対的なトップスピードを持っていないとというのはどうしてもある。

 それと、なんだかんだ言ってここ2走の前半は明確にスロー。これでゆったりと入って良さが出てきているというのは顕著に長距離型なのは確か。ただ、オークスは昨年もそうだが平均ペースでタイトに流れることも少なく無い。そうなると入りの1000は59秒台というのもざらなので、そこまで上がったときに前半の基礎スピード面での不安があるというのは他と比べてマイナス材料かな。その辺を総合的に判断しないといけない。ゴールドシップの仔なのでやはり軽い馬場はマイナスだとは思うしなあ…消すか拾うか微妙なラインの馬、消すのは少し怖さがあるかな…という感じ。複勝10倍~レベルで人気がないなら拾っても…と考えているけど、軽い馬場適性と基礎スピード面が問われるかどうかに尽きるかな。土曜の雨の状況も踏まえて…最終的に。

sponsored link

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけでなく、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。

 

うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

 

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
因みにこのNHKマイルCの結果は覚えてますよね?

このサイトで9番人気ラウダシオンをやたら高く評価してきていたので↓


騙されたと思ってちょっと買っておいたら…

結果
1着ラウダシオン(9番人気)
2着レシステンシア(1番人気)

ですよ、、
あっさりと馬連42.0倍GET!
家計苦しかったので正直助かりました!

9番人気→1番人気の決着ってなかなかやりますよね
馬単にしてたら119倍だった…

少し調べてみましたがこの人↓
北条直人という人がコラボ指数を考案したとのこと

「北条直人の競馬ブログ」より

過去に遡って的中率も調べてみたところ、、↓↓
 
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

 

コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

 

コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

 

一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。

 

https://miraito.collabo-n.com

3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!

 

 「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 
 プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。

 

 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。