競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

青葉賞 2020 予想:本命13ロールオブサンダー

time 2020/05/02

青葉賞2020の予想

東京11R 芝2400m
馬場想定:良、高速馬場想定
風向想定:南~南南東3m/s

展開予想

 まず馬場は先週を見る限り極端とまではいわないが速い時計が出易い状況で普通の高速馬場状態。フローラSはペースも速かったからね。風向きは南風だけど東寄りかな。先週は南南西だったので結果的に直線で向かい風が起こっていた感じ(スタンドの影響もあるかも)だったが、今週はどうなるかちょっと読みにくい。ただ毎秒3m程度なので影響は限定的だと思う。

 展開予想だが、ここは恐らくロールオブサンダーが単騎で逃げられるチャンスかなと。外からこれが主張してじわっと内に切っていく。内から抵抗する逃げ馬も不在でフィリオアレグロなんかはレーンだしこれを当てにして2列目ポケットを狙いそう。外から競ってくるとしてもダノンセレスタぐらいしかいないし、ロールオブサンダーがじわっと進めながら1角に入れればペースが落ち着く可能性はかなり高くなるかな。62秒ぐらいで後半は59秒を切るかどうかぐらい、3F勝負になるとみる。スローの直線勝負を想定する。

予想

◎13ロールオブサンダー
○?
▲?
△01フィリオアレグロ
△15フライライクバード
×04ブルーミングスカイ17ディアスティマ
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ロールオブサンダー

 本命はロールオブサンダーにした。まず大前提としてここは相当低レベルな混戦だと思う。ここで突き抜けたパフォーマンスを見せない限りダービーに行ったとして勝負にはならないメンバーが勢ぞろいした、という印象。GIIだと思ってない。なので不安定でも噛み合ったときに高いパフォーマンスを見せられた馬というのは侮れないのと、一芸に秀でた馬を狙うのが良さそう。

 その点でロールオブサンダーはやはり紫菊賞が良い。京都の2000で63.2-60.2と超スローに支配したのは良いが、やはり後半の出し抜き。12.8 – 12.3 – 12.0 – 11.3 – 11.8とL2最速で11.3と秋華賞と同日という当時の馬場を考えれば最速ラップがかなり優秀だし実際ここで2列目以降を1馬身ちょっとから3馬身ぐらいまで一気に差を広げてきている。この瞬時のギアチェンジが武器だし、これを逃げて引き出せるのが強み。ペースは遅いほうが良いのと、トップスピード戦に近いほうが良いだろうと。2走前の京都2歳Sでは60.4-61.1とややハイに近いレベルで流れたし、前走の京成杯は12.2 – 12.2 – 11.8 – 11.8 – 12.6と後半で早めにスカイグルーヴが絡んできたのでどうしても早めに仕掛けざるを得ずポテンシャル戦になった。

 今回は力ませずにリズムを優先してというようなコメントだったので、外目の枠で逃げ馬不在というのは良い材料。また個人的には逃げに拘らなくても良いタイプの馬だと思っていて、仮に何がか思い切って逃げたとしてもそれを行かせて番手でという形でもいい。ただ本仕掛けが遅いほうが良いのであまり後ろに早仕掛けされる展開は望ましくないので、番手の場合は3角までに上手く後続に対してリードを取っておく必要はあるかな。逃げてペースをスロー、仕掛けも遅れさせるパターンに持ち込めば。中京でも坂の登りで新馬戦では伸びてきていた。トップスピード勝負になったときにどこまで加速できるか?はあるけど一定レベルはクリアできている。距離も延びたほうがレースをスローに落としやすいのでいい。スロー決め打ちの本命だが、新馬戦のレベルもまあまあ高い中でやれているので前半の入り方でいかにゆったり入れるかが重要かな。

○?

▲?

△フィリオアレグロ

 まあ正直切りたいところだったんだけど、枠が良いのとレーンがやっぱり怖い。この枠を引いてレーンなら序盤の内にしっかりといい位置を取ってくれると思うし、スローからのトップスピード戦で2列目に持って行ければ流石に軽視できんかな。新馬戦のほうが良いと思うが、重馬場で62.2-59.5と超スローから12.6 – 12.2 – 11.4 – 11.4 – 11.9と3F勝負で好位からスッと反応して早めに抜け出してきた。L1はちょっと甘くなってレッドルレーヴに半馬身まで来られたが、この感じならスローから反応する競馬は合っていると思う。共同通信杯が物足りないけど、このレベルならというところはあるからね。

△フライライクバード

 外枠を引いて外から勝ちに行ってとなるとちょっと甘くなるかも?という感じ。未勝利勝ちが圧倒的だったが63.6-58.0と極端なドスローだったことと、12.2 – 11.8 – 11.3 – 11.2 – 11.5とL4から11秒台、L3の4角地点でほぼ最速に近いラップを最短距離を通せたというのも大きい。まあそれでも上がり33.8は出色だと思うが、これが前走のアザレア賞がちょっと物足りなかった。63.1-59.1と同じように超々スローなんだが、12.4 – 11.8 – 11.5 – 11.3 – 12.1とL2最速の地点で並びかけてきたのは良いんだけど、L1で甘くなって伸びきれなかった。まあ外からの競馬になったのもあるんだが、それでもちょっと物足りなかったし外枠を引いてここも終始外となったときにどうか?というところかな。

×ブルーミングスカイ

 内目からある程度は動ける馬という点でオーソリティやフィリオアレグロを見ながらという中での怖さはブルーミングスカイかな。紫菊賞でも63.2-60.2と超スローで12.8 – 12.3 – 12.0 – 11.3 – 11.8と2F戦、ここで2列目内から直線先に抜け出したロールオブサンダーに対してL1でしぶとく差を詰めてきたと。この競馬ができたのはそこそこ評価していいと思う。前走のすみれSでは小頭数だったが一つ外からロングスプリントを追いかける形で甘くなったし、相手もそこそこ強敵だったと思う。まあこのレベルで上手く立ち回れればだけど、できれば前を取れればなおよい。

×ディアスティマ

 こちらは逆にエンジンの掛かりが遅いのと、前走大寒桜賞ではコーナーで置かれていたので左回りで要所でついていけるかどうかが課題。ただ、前走の大寒桜賞でも63.1-61.3とかなりのスローから12.8 – 12.6 – 12.2 – 11.6 – 12.1と加速過程で置かれてもL1で結構メイショウボサツに差を詰めてきたからね。これはある程度評価したいところ。

その他の馬

 ヴァルコスはちょっと悩んだけど切った材料としてはやはり東京1800のセントポーリア賞の内容がぴんと来なかった。どちらかというと前走のゆきやなぎ賞みたいにタフな馬場でポテンシャル勝負でって感じはあるし、このメンツでこの枠だとそこまで前を取れない可能性が高いと思う。通用しても不思議はないぐらい混戦なんだけど、買いたい材料として考えたとき東京2400で求められるトップスピード面やギアチェンジ面での魅力を感じなかった。

sponsored link

4月重賞プランで続々と的中!
皐月賞無料情報の的中実績もあり!!
今週は天皇賞春を無料提供☆

4月も終わり今週から5月。5月最初のG1は伝統の長距離戦『天皇賞春』!3200mという特殊な舞台設定のためこのレースに適性のある穴馬が好走するケースもしばしば。そんな難解なレースの予想には4月の重賞をプラン情報でズバズバ的中出しているこちらの情報がオススメ!

【プラン情報の的中一覧】


3つのG1レースを含めて高配当、高回収率の的中を連発しています!さらにここの情報は無料予想もすごく充実していて直近G1の皐月賞でもご覧のような的中を達成!!

【皐月賞の無料情報的中】


4月19日(日)皐月賞(G1)
3連複91.5倍×400円→3万6600円獲得!
無料予想で回収率762%を達成!8人気で3着に好走した16ガロアクリークを見逃さずに入れていたのが勝利のポイントでしたね!今週は日曜の天皇賞春を提供とのこと!G1を連続で無料情報で的中させることができるのか!?ぜひまずはこの情報から試してみるのはいかがでしょうか?
天皇賞春含む週末無料情報を見に行く!
無料情報はこちらから登録するのみ!これからG1シーズンは無料で提供が続くと思うので今から続けてゲットするのがお得です!!

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。