競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

阪神牝馬ステークス 2020 予想:本命09シャドウディーヴァ

time 2020/04/10

阪神牝馬ステークス2020の予想

阪神11R 芝外1600m
馬場想定:良、やや高速馬場想定

展開予想

 先週は時計が標準に掛かっていたとは思う。が、流石に回復傾向ではあると思うし土曜は雨の影響もなさそうなのでやや高速ぐらいは視野に入れておきたい。

 展開予想だがひとまずトロワゼトワルが主張してハナを取るところまではある程度確定していいのかなと。内からはプールヴィルが先行策、メジェールスーがこの距離でどの程度か?だが3走前ぐらいのイメージならサウンドキアラの後ろを取りに来るかな。サウンドは無理なく好位ぐらいの想定。これに外からダノンファンタジーがどの程度絡んでいくか。ペースはトロワゼトワルがある程度引っ張るとは思うんだけど、阪神外回りだし康太がそこまで思い切れるかどうか。46.5-46.5を1秒程度前後させるぐらいのイメージで良いかな。少し息も入ると思う。

予想

◎09シャドウディーヴァ
○?
▲?
△11シゲルピンクダイヤ
△13ダノンファンタジー
×07プールヴィル10ディメンシオン
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎シャドウディーヴァ

 本命はシャドウディーヴァにした。まず前提として、ここでプリモシーンが出てきたら普通に本命だよなあというところから。プリモシーンはロングスプリント戦では高い性能を持っていて、東京新聞杯はそれに対して内から上手く立ち回ったとはいえ最後まで食らいついてきた。またクリノガウディーが捌くのに若干てこずったとはいえ前目からの一足をというところを捕えてきたので、そこまで高速馬場ではない中でロングスプリント能力の性能の高さは見せてきたと思う。46.3-46.7と平均だが11.6 – 11.8 – 11.5 – 11.6 – 11.8のラップ推移で後方内目を通せたのも良かったにせよ最後まで伸びてきた。またここはクルーガーやサトノアーサーといった所も参戦していて全体のレベルも高かったと思う。

 ローズSでは9着と完敗だったがそもそも極端な超超高速馬場だったし47.1-45.1でかなりのスローから12.2 – 11.7 – 11.0 – 10.5 – 11.9のラップ推移で、先行策を取っていたが掛かってコントロールしようとしていた内に徐々にポジションを下げて最悪の形で包まれてしまったからね。直線で前のスイープセレリタスが伸びなくて進路を取れずに外に誘導している間にどうしようもなかった。一気に加速する競馬が合わないと思うし、適度に時計が掛かる中で前がある程度飛ばしてそれを追いかける競馬で速いラップを求められるほうが良いと思うし、今回は条件的にフィットしそう。思い切って狙いたい。

○?

▲?

△シゲルピンクダイヤ

 追い切りが良かったのと基本的には阪神外回りでトップスピード戦で早めに仕掛ける形が良いタイプではあると思う。桜花賞でも47.7-45.0と超スローの流れ、12.3 – 11.7 – 10.8 – 11.0 – 11.5とL3最速で4角地点で外目から徐々に中目に誘導して直線で馬群を捌いてするすると伸びてきている。後半特化の競馬で良さが出たというところもあるが、普通にダノンファンタジーを捕えているし、クロノジェネシスとの比較で見ても互角レベルでやれていたからね。トップスピードで後半勝負としてはこの世代でも屈指の実力馬。2走前のターコイズSでは45.4-46.8とハイペースの流れで中団外から勝ちに行って甘くなったのでペースはそこまで流れないほうが良いだろうが最低限はクリア。前走の京都牝馬Sではちょっと物足りないが重馬場で36.0-34.8とスローで後ろからでも鋭さを引き出せない馬場状態だったというのもある。阪神外回りはベストだと思うし、ここでは狙いたい。

△ダノンファンタジー

 悩んで連下。この条件だと展開が読みにくい中で前半どこまで主張できるかどうか。ローズSみたいに出たはいいけど前がペースをコントロールしてくると今回はかなり外枠なので壁を作れないなというのはある。また前走の秋華賞で58.3-61.6とゴリゴリのハイペースを先行して流れに乗ってしまったというのもある。序盤どういう入り方をするのか?ってのが読みにくい。下手に後ろから進めて3~4角で外となったときに桜花賞で47.7-45.0と超スローではあったが12.3 – 11.7 – 10.8 – 11.0 – 11.5のラップ推移でL1ちょっと甘くなってしまったからね。まあ難しいところだけど、今の川田でとなるとバランスのとり方で正直不安も大きいし…という感じかな。それと言うほど抜けてはいない、と思っているというのもある。

×プールヴィル

 先行策は必須だと思っているが、上手くサウンドキアラの前で2列目で進められればの粘り込みは警戒したい。前走の京都牝馬Sが36.0-34.8とかなりのスローから11.7 – 12.4 – 11.5 – 11.4 – 11.9と3F勝負で楽に先行してコントロールしながら進めて3~4角で2番手に押し上げて直線前半でしぶとく伸びて先頭に立ってきた。L1では甘くなったが相手がサウンドキアラだし、3着以下は楽に封じきっている。上手く前目を取れれば。

×ディメンシオン

 ×枠をどうしようかというところでディメンシオンの大穴狙いに。ディメンシオンは絶妙のバランスが必要なタイプではあるが、基本的に平均ペースで安定して一足を使ってくれるタイプ。マイルだとハイペースでは基礎スピード面で少し苦労していて、2走前のターコイズSでも中団外から動いたのはあるにせよ45.4-46.8と明確にハイペースで動いたので甘くなったという感じ。逆に京成杯AHは先行策を取っていたが、トロワゼトワルがぶっ飛ばしただけで、この馬の位置では大体平均、というようなところで上手く3列目内で立ち回って10.9 – 11.2 – 11.4 – 11.5 – 12.0のラップ推移でしぶとく踏ん張り2着は死守していると。今回は読みにくいところはあるが平均前後になると思うし、この馬としてはオーバーペースにならない範囲で上手く立ち回れれば。前走も悪くないし府中牝馬Sも悪くないからね。

sponsored link

 ところで先日、3月22日の阪神12Rが某大手掲示板で話題になってたのご存知ですか?16番人気デュアルウィールドが突っ込んできたのに馬単がガッツリ買い占められていた事件。
 
 この異常オッズの理由、私は知っています。

 予想屋マスターです↓

 以前からオッズを動かしてしまう男として恐れられていて、会員数を限定して絞ってきていても今回はバレてしまった模様!笑


 13年連続プラス収支継続中で、ナンバーワン予想屋の呼び声も高く、地上波のテレビ等にも出演しているので、ご存知の方もいるいはず。

 が、広告は恐らく見たことがないと思います。なぜなら、マスターの予想サービスは人気が高く、常に入会待ちの方が行列をなしていて、会員権の抽選もなかなか当たらない状態。宣伝する必要がないのです。

 なので、、このページを見られた方は幸運だと思います!

 我々が以前から仲良くさせていただいているよしみで、史上初めての広告掲載が実現。この春G1限定の特別キャンペーンです。高松宮記念予想動画は、「無料」で「抽選なし」で公開してもらえることになりました!展開読み・馬場読みを10分間詳細に解説してくれた上、買い目まで見れます!

 予想屋マスターって名前は聞いたことあるけど、どんなもんじゃい?と思ってスルーしていた方も多いと思うので、タダで気軽に覗き見してみるチャンスです。

 数学偏差値100超え、慶大理工学部卒の弁理士という方だけあって、論理が明快で動画自体も面白いです。

 他の会社と全く違い、セミナーやバックヤードツアーなど、本人に会おうと思えば会えてしまうというのも自信の表れ。逃げも隠れもしないのです。この誠実さゆえ、会員さんがリピートし続けているのがよくわかります。他の悪徳予想業者に辟易している方にも、予想屋マスターの予想は自信を持ってオススメできます。なかなかない機会なので、ぜひお試しください!

https://www.keibariron.com

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。