競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京都牝馬ステークス 2020 予想:本命03リナーテ

time 2020/02/22

京都牝馬ステークス2020の予想

京都11R 芝外1400m
馬場想定:良~重、タフな馬場想定

展開予想

 明日は雨が降る模様なので、いくらか道悪にはなるだろう。想定としては先週ほどではないだろうがタフな馬場を想定しておく。

 展開予想だが、ここはメイショウショウブの四位が引退前最後の重賞だしある程度前目を主張できる状況だろう。ディアンドルやアマルフィコースト辺りが先行するだろうが、メイショウショウブの出方を見ながら入ってくると思うし、内からはこれといって逃げたい馬もいないし、ビーチサンバも流石に逃げはないだろう。メイショウショウブがハナを切ってペースをコントロール、35-35ぐらいで平均~ややスローぐらいかな。

予想

◎03リナーテ
○?
▲?
△09プールヴィル
△17サウンドキアラ
×06メイショウグロッケ12アマルフィコースト
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎リナーテ

 悩ましいところだったけどリナーテを本命にした。まず前提としてやはり宮記念が目標になる馬で、そう考えればたたき台でもある程度本気度があると。加えて言えば前走の京阪杯は5着完敗もスプリンターズSの後だったので正直状態面が落ちていたと思う。立て直してきた効果を考えても狙うはここかな。

 昨年の京都牝馬Sでは強い競馬ができていて、34.7-34.7と平均から11.3 – 11.6 – 11.8 – 11.0 – 11.9とL2最速でギアチェンジが求められたが中団外から直線L2地点で強烈な切れ味を見せて一気に2列目まで上げてきた。L1はちょっと甘くなったが要所の反応を時計がある程度かかる中で引き出せたのはかなり大きな収穫。また、キーンランドCでは33.0-35.3と超ハイペースの流れを大外枠から中団外外で乗っても最後までしぶとく差し込んできて11.9 – 10.3 – 11.0 – 11.7 – 11.8 – 12.5と消耗する流れでもしぶとく脚を使ってタワーオブロンドンとはほとんど差のない3着だし内容も良かった。馬場、距離もこれぐらいで良くて要所で加速が求められても良いしこのメンバー構成で盲点となりそう。内枠からなので直線いいところを取れるかはカギとなるかな。

○?

▲?

△プールヴィル

 前走のオーロCは34.4-34.5と平均で11.2 – 11.2 – 11.2 – 11.4 – 11.9と淡々とした流れで外枠、好位外からの競馬でジリジリ。テトラに負けたのは残念だが、ちょっと丹頂過ぎたかな。この馬は少し息が入ったほうが良いと思うし、フィリーズレビューも34.9-35.2と平均でも11.9 – 11.9 – 11.7 – 11.3 – 12.2とL2最速の流れで好位外からという競馬。内をすくったノーワンににL1で並びかけてきたし、このメンバー構成である程度楽に先行~好位を取れればの警戒かな。適性・馬場はフィットしそうだけどね。

△サウンドキアラ

 前走の京都金杯は内が良かったかもしれないが、それでも時計的にはかなり優秀。タフな馬場で47.1-46.9と平均から12.2 – 11.9 – 11.9 – 11.4 – 11.7と中盤は息が入ってそこからの2F戦で好位内からスッと反応して抜け出しての完勝。1400はちょっと短いかなとは思っているけど、今回は各馬もメイショウショウブ四位を意識してある程度牽制してという感じだと思うし、ある程度前目を取れそう。ヴィクトリアマイルも44.8-45.7とややハイで外枠から外外、よどみない流れで追走してL3までは悪く無かったし、ある程度力の要る馬場なら1400でもそこまで前半苦労しないかなと。

×メイショウグロッケ

 この馬はちょっと気になっていた馬ではあって、サムソン産駒にありがちな力の要る馬場でも前半ゆったり入ったときに良さが出易い感じはある。前走のターコイズSは標準ぐらいの馬場ではあったがそれでも45.4-46.8とかなり速かったしここで前半流れに乗ったのが質的にちょっとしんどかったかなと。まあ相手も強かったし。3走前の柏崎特別が強くて、新潟1600で稍重でもかなり時計が掛かっていたし、46.5-47.7とハイペースで11.8 – 11.7 – 11.5 – 11.6 – 12.9と淡々とという流れで2列目外から直線しぶとく抜け出して4馬身差の圧勝。この辺からもしぶった馬場そのものは良いと思うし、内枠で上手く先行してポケットに入って直線馬場の良いところを取れれば怖い。

×アマルフィコースト

 追い切りがよく見えたことと、やはり昨年の京都牝馬Sの内容が良かったことがあるかな。34.7-34.7と平均から11.3 – 11.6 – 11.8 – 11.0 – 11.9とL2最速の形で番手からL2で抜け出し先頭をキープできていた。流れた中での一足を1400で、ある程度時計が掛かる京都でやれているのは良い材料。前走タンザナイトSは1200で普通に流れていたしそうなると基礎スピード不足、スワンSはちょっと消極的な競馬になったのもある。逃げられれば理想的だが、上手くメイショウショウブの番手を取れれば再度昨年のような競馬は警戒したい。

sponsored link

京都牝馬S好走穴馬はここに!
━━━━━━━━
19年3連単153万。
デアレガーロ(9人気)
リナーテ  (7人気)
アマルフィコースト(13人気)
姫の牝馬の機嫌は読めませんね!
ノーワン、ディアンドル、ディメンシオン
あたりは飛んでくる予感しちゃいますよね?!
モアナまでいれられない。
本命はリナーテ、サウンド、シゲルあたりかな。
━━━━━━━━
多くて6頭BOX120点までかな。。。
穴馬選ぶに迷う場合は確実にココ↓

共同通信杯、京都記念堅実に3連単
アメリカJCC,東海、根岸、シルクロードも3連単
そして今年爆勝ち多発↓
━━━━━━━━
白富士ステークス 41万8050円
小郡特別     38万7920円
愛知杯      59万8880円
一月五日中山12 31万6260円
━━━━━━━━
愛知杯3連単59万などもう神の領域。

京都牝馬ステークス穴馬情報↓
→ https://www.kb-tairiku.net/climax/beathree/?cd=5vfw30135

無料メール登録しておき、週末ログイン内利益直結馬をクリック
小倉大賞典、フェブラリー、ダイヤモンドもおそらく無料公開。
全重賞の本命、穴馬全てチェックしてみてください。

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。