競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

きさらぎ賞 2020 予想:本命01コルテジア

time 2020/02/09

きさらぎ賞2020の予想

京都芝外1800m
馬場想定:良、標準馬場想定

展開予想

 土曜を見て、あれ?結構時計が出だしてきたな?というのは感じたかな。まあ最終はドスローだったのもあって時計が遅かったけど、未勝利の1800で48秒台で走破しているのが4頭もいるし、この感じなら47秒台半ばぐらいは視野に入れたいところ。もちろん流れ次第だけどね。

 展開予想だがコルテジアがおそらくここは主張するとは思う。ギベルディの豊もハナを主張する可能性はあるのでこの2頭がレースを作る可能性が高いだろう。1800でこの頭数ならコルテジアが前に行くかな。アルジャンナはゲートも二の足も遅いので恐らく最序盤は後ろから、3角までの長い直線に中弛み気味になりやすい舞台なので恐らく3角手前でじわっと押し上げてくる形になる。前がどの程度飛ばすか次第だけど、普通に考えればややスローぐらいで落ち着くかな。48.5-47.5ぐらいのイメージでひとまず入る。

予想

◎01コルテジア
○08アルジャンナ
▲07ストーンリッジ
△04ギベルディ
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎コルテジア

 まあ勝てるかどうか?となると展開の恩恵は欲しいんだけど、今回のメンバー構成で3走前の未勝利勝ちは結構良い内容だと思うんだよね。49.1-47.4とかなりのスローから12.8 – 12.3 – 11.8 – 11.5 – 11.8とL2最速の形、逃げて楽な感じで直線前半リードを作りつつ、外からきたウインマイティーが迫ってから強く追って後は寄せ付けなかった。この感じだと割とギアの上げ下げをうまくできるのと、段階的に脚を使うのが得意な感じ。この1戦から個人的にはマイルより1800のほうが良いとは思っていた。

 デイリー杯はスローなので前を楽に取れたがサクセッションのマーフィーがあまりに早い仕掛けで一気に来られて12.5 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 12.0とL3最速の流れで4角で前に出られて必死に追ってという感じでリズムを欠いたのも響いた。前走のシンザン記念は3着だがこれ自体はそんなに評価していない。ただ48.0-47.9と平均で進んで12.6 – 12.2 – 12.2 – 11.5 – 12.0とL2最速で前が一気に加速する競馬になってしまった。これで3列目の内内からになってしまうとなかなか難しい。L2の地点ではそれなりに食らいついていたし、前を取れなかったのはマイルで最序盤に前目を取られたのも響いたと思う。これも1800で面白そうという材料になるかな。前半はゆったり、本仕掛けを待ちながら直線に入りたいというタイプなので上手く前半のペースを作る必要はあるけど、松山ならうまく遅すぎないややスローぐらいで支配してくれるという期待も込めて。

○アルジャンナ

 大外枠を引いたのでそこまで不安はなくなったかな。まずゲートがかなり遅いので早い段階で加速に持っていけるという点でも一番外なら問題ないし、3角までの距離が長いからね。ある程度リカバーはできると思う。東スポ杯はコントレイルが強すぎたが、47.1-45.7とスローでもある程度流れた中でコントレイルの後ろで追走しながら11.7 – 11.8 – 11.7 – 10.8 – 11.4のラップ推移でコントレイルが抜け出した後ろからジリジリと伸びてL2ではもう2番手に上がってきたからね。L1まで伸び続けている点で見てもロングスプリント適性はシンプルに東スポ杯組では抜けた2番目。エンジンがかかってしまえばというところと、タフな馬場でどうかな?と思っていたが土曜を見るとそこまで重くはないかなという感じ。面白い馬も多いので勝ち切れるかどうかはあるかな。

▲ストーンリッジ

 単穴で狙ったのは思ったよりも3Fでかなり速いラップを連続してきたなという感じ。阪神マイルで開幕週、この時点ではかなり高速状態だったと思う。50.9-45.9と極端なドスローではあったが12.7 – 12.7 – 11.2 – 11.0 – 11.0と3F勝負でL1の坂の登りで11.0とラップを落とさずしっかりと半馬身差抜け出した。まあここはレースレベル的に疑問が残るのでこれがどこまで?というのはあるし、ゲートがそこまでうまくはなかった。ただアルジャンナよりはゲートはマシだし、この並びならコルテジア、ギベルディが進める流れで好位の外は狙えそうだし、エンジンがかかればラストまでしっかりとというのは魅力。また追い切りが良くて岩田息子が乗っていたとはいえ新馬戦の時よりも明確に後半のラップを上げてきている。この辺りを総合的に考えながら単穴に。

△ギベルディ

 悩んだけど、コルテジアとの比較で番手外からどこまでやれるか。前走の新馬戦は開催後半の12月中山なので時計もある程度かかっていた。その中で50.1-47.7とかなりのスローから12.8 – 12.5 – 11.9 – 11.4 – 11.9とL2最速の流れで逃げてL2で楽に後続を引き離してきた。京都1800だと基本的に直線前半での一足を使える逃げ番手馬を狙いたいというのはあるのでその点では良い競馬ができている。ただここも新馬戦のレベルがそこまで高くないので何とも言えない面はあるかな。

その他の馬

 グランレイはこのメンバー構成ならと思ったけど…基本的に朝日杯でも45.4-47.6とかなりのハイで流れた中で後方で脚を温存、前の馬が失速する中での伸びではあったと。一方でコントロールして支配していた新馬戦が1800mで47.6-47.6、逃げ粘りたいところで甘くなって0.5差と内容的にも完敗、離されている。まあ新馬のレベルはそこそこなんだけど、コルテジアの3走前との比較で見ても1800適性という点ではコルテジアを取りたいし人気も…という感じ。まあ来たら仕方がないという感覚かな。タイトな流れが合う馬は中弛みしやすい京都1800はあまりフィットしないことが多いイメージ。

sponsored link

◎検証済&好調~東京新聞杯2020予想はココで決まりです。
AJCC無料情報に続きシルクロードS無料情報的中!
しかも収支はプラス5万強!
実際前日夜に配信されてきた買い目の証拠画像がこちら↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━
シルクロードS
3連複12点400円4800円→58,040円
AJCC
3連複12点400円4800円→10,160円
重賞でしかも無料で見て当たる!しかも5万プラス!最高に気持ちいいですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━
無料メール登録でエントリー完了
前日夜↑の画像が出てくるのでクリック!
1日他同時に無料公開されるワイドも200%きてるのでおすすめ!
▼厳選無料開放重賞情報▼
東京新聞杯orきさらぎ賞(無料)
無料メール登録で重賞どちらか無料開放!これは確実に抑えておくべきです!


何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。