競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

根岸ステークス 2020 出走予定馬:テーオージーニアス&川須騎手確定

time 2020/01/30

根岸ステークス 2020 出走予定馬:テーオージーニアス&川須騎手確定

第34回 根岸ステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2020年2月2日(日)
コース:東京ダ1400m

予想用・出走予定馬一覧

テーオージーニアス(川須騎手確定)

 1200m路線で抜群の安定感、カペラステークスでも2着のテーオージーニアスが根岸ステークスに出走予定だ。もちろん最大のポイントは4戦全て馬券圏外の1400mがどうかという点に尽きる。今の勢いをもってこの距離も克服したいところだが。

※この記事はnote,ブログ無料公開対象です

 まあはっきり言って1400は長い可能性が高い。ここ4走の内容が良いので正直怖さが無いわけではないんだけど、でも直近の1400m戦である麦秋Sの内容が全くなかったからなあ。これを踏まえると東京1400でこのメンツで狙えるだけの材料には乏しいかな。雨でも降れば…だったが良馬場っぽいし。

PR”競馬をやって何が悪い。有料マガジンもよろしくお願いします!

北陸S(3C)1着

新潟ダ1200m重 15頭1枠1番
1:09.2 33.8-35.4 H^2
12.0 – 10.7 – 11.1 – 11.8 – 11.6 – 12.0

 3走前の北陸Sのインパクトそのものは大きい。ただし、道悪の高速ダート…という前提ではあるが。ペースは1.6でかなりのハイだがL2で11.6と後半で加速している新潟の1200らしい競馬。それと個人的には新潟の急コーナーで3~4角を11秒台でキープし続けていることからもコーナリングがかなりうまいんじゃないか?とも思っている。いずれにせよ高速ダートで基礎スピードの質の高さを引き出しつつ、後半も速いラップを踏めているのでこれ自体は面白い競馬。

 1番枠からやや出負け気味だったがダートに入ってからの二の足の速さで取りついて2列目のポケット。前がある程度の流れで引っ張る中で2列目の内で待ちながら3角。3~4角でも2列目の内目から中目を通しつつ直線。序盤で2列目からしっかりと反応してリュウノユキナの内から食らいつく。L1でこれを競り落としての1馬身3/4差完勝。

 L2の地点ではレースラップ的に加速が求められているが、1列後ろからクビ差、ほぼ1馬身は詰めているので11.5は出せていると思う。3~4角でスピードに乗った状態で急コーナーだと遠心力もかなり掛かって、しかも馬群の中だと普通は簡単ではないと思う。それでもそこで置かれずに直線に入っての加速ができているようにかなり気ような馬だなというのは感じたかな。それと言うまでもないが高速ダート適性がかなり高い。個人的にリュウノユキナは高速ダートだとかなり高いレベルにあると思っているので(東京1300の高速ダートでミッキーワイルドを千切っている…まあペースはコントロール出来たほうが良いタイプだと思うが)、これを楽に撃破したのはかなりのインパクトかな。

カペラS(GIII)2着

中山ダ1200m良 16頭6枠12番
1:09.7(+0.4) 32.9-36.4 H^4
11.7 – 10.2 – 11.0 – 11.6 – 12.0 – 12.8

 前走のカペラSではコパノキッキングには完敗も外からしっかりと足を使ってシュウジは捕えた。ペースは超々ハイで単調な基礎スピード特化戦。良馬場で9秒台に入れてきている点からも高く評価していいが、勝ち馬が強すぎた。

 12番枠からまずまずのスタートを切っていたが押されつつも後方に下がる。そのまま後方の外目で進めて促されながら追走。3~4角でも後方の外外を回す羽目になって直線で大外、後方。序盤でそこからジリジリと伸びるがまだ後方。L1でぐんと伸びてきて最後のバテ差しは流石もシュウジを何とかハナ差捕えるところまでだった。

 まあこの辺りは1200の基礎スピード面でコパノキッキングが圧倒的だったとは思う。前半であれだけの位置取りの差があると、コパノが落ちてくれなきゃ届かん。そのコパノが33.5-35.8で上がりを35秒台でまとめられたわけだからね。これはもう相手を褒めるほかない。この条件でコパノキッキングを破るのは歴代の1200路線の名馬でもなかなか難しかったと思う。それに3~4角でも外を回すほかなかったから。正攻法でこれだけやれたならかなり強いと思うし、1200路線の重賞が充実していたら普通に勝てるレベル。中央だとカペラSしかないのがね…。芝スタートの1200がベストフィットしていると思う。

麦秋S(3C)11着

東京ダ1400m良 16頭3枠6番
1:24.7(+1.2) 35.2-36.1 H^1
12.6 – 10.9 – 11.7 – 12.2 – 12.1 – 11.8 – 12.2

 ただ芝スタートの1200ではかなり高いレベルの競馬ができているが、1400mの麦秋Sでは完敗で本当に何もなかった。ペースはややハイで中弛み気味からL2最速ではあるがそこまでラップの偏差があるわけでもない。ルメールが乗っていたが上手く流れに沿っていたし正直これで沈んだなら適性の問題だと思うんだけどね。

 6番枠から五分のスタート。そこから促されるが好位の一角で進めて最終的には上手く前にスペースを置いて2列目の内で3角と理想的。そのまま前にスペースを保って4角出口で3列目で直線。序盤で追い出されるが完璧にスペースがあるのに全く伸びず。L2でも鞭は入るのだがジリジリで最後までジリジリ下がって11着完敗。

 直線に入ってからの反応が悪くて伸びる感じは全くしなかった。1200の得意な馬は基本的に前半の基礎スピードでペースが速い中で、前半と比べて後半で減速する中でも踏ん張れる…というのが強みになる。東京1400でこのペースだと各馬も楽だし、そのなかでこちらも余力はあったが加速するほどではなかった。要するに末脚の絶対量で足りなかったと考える方がいいだろうと。芝スタートの1400ならまだ前半の基礎スピードを求められるのである程度は対応できそうな感じはするんだが、東京1400だとごまかしがきかない印象。この競馬を見る限り、正直東京1400で人気するなら…と思うけどね。

根岸ステークス2020への展望

 競馬に絶対はないし言うつもりもないが、少なくとも1400延長のリスクが大きいのは間違いない。東京1400の場合まずそこまでゴリゴリ、2~3秒のハイまで上がることは珍しい。ダートスタートだしスタート後すぐに少し上り坂があるからね。もちろんメンバー構成や枠の並び次第だが、恐らくカペラSほどゴリゴリにはならない。そうなるとやはり1秒程度のハイなら好位~中団の馬なら平均で入れるわけでコパノキッキングはスローバランスでも強くミッキーワイルドに麦秋Sで千切られたことを考えると普通に難しいんじゃないかな、というのが現実的な考え方かな。なので、ここ数走で馬が成長していて来てしまったらごめんなさいだが、自分的にこの馬に印を回すことはできないかな。自分のスタンス的にはまず狙えない馬になる。なのでちょっとでも人気して飛んでくれればいいなというのが正直なところかな。1400のリスクは大きいと思う。今回はただでさえ面白い馬が多いからね…。

sponsored link

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけでなく、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。

 

うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

 

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
 
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
因みにこのアルゼンチン共和国杯の結果は憶えていますか?
 
コラボ指数が良い順に並べると
5ルックトゥワイス(3人気)
16アフリカンゴールド(1人気)
19ムイトオブリガード(2人気)
19ハッピーグリン(8人気)
28タイセイトレイル(5人気)
 
とりあえず指数上位馬のボックスで勝負してみたわけですが、、
 
結果
1着ムイトオブリガード
2着タイセイトレイル
3着アフリカンゴールド
4着ルックトゥワイス
 
え?
ほぼコラボ指数通りの結果に、、
見事いとも簡単に3連単23,070円GET!
 
もちろん人気順に決まったわけじゃありませんからね
これはすごい!
 
この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想もよく見返してみました↓
 
 
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋
重賞予想解説者:北条直人
 
恐るべし…
 
1番人気→6番人気→4番人気の決着を
サラリと三連単で当ててきたので、これは本物かなと
少し過去に遡って的中率を調べてみたところ、、↓↓
 
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

 

コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

 

コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

 

一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。

 

https://miraito.collabo-n.com

3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!

 

 「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 
 プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。

 

 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。