競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

アメリカジョッキークラブカップ 2020 予想:本命11ブラストワンピース

time 2020/01/26

アメリカジョッキークラブカップ2020の予想

中山11R 芝外2200m
馬場想定:良~稍、タフな馬場想定

展開予想

 土曜は雨の影響が少し残っていて最終のマイル戦でも流れて1:34.7とタフな馬場状態だったと思う。明日は微妙な天気で雪こそ降らんかな、というぐらいだが午前中は雨がぱらつく可能性もある。まあ土曜の段階から大きな回復はないだろうと。

 展開予想だがひとまずはyoutubeに展開予想動画をアップロードしておりますのでそちらをよろしくお願いします。そのうえで、スティッフェリオが楽に行けて平均ペースに持ち込めるようならといっているので、まあそのまま受け止めるのは危険にせよ(平均まで上げられるかどうか?というところで)逃げたいというのは意識としてはある。これを見ながらステイフーリッシュのルメール辺りはある程度前目を狙うかなという感じ。内からはラストドラフト辺りも前目を狙ってほしいが折り合いを気にしているので微妙。ミッキースワローは近くに出方が読めない馬が多い中で内枠で出足が鈍い。おそらく後ろからで、ブラストワンピースは普通に好位~中団外かな。ペースはスティッフェリオがある程度引っ張るとは思うが番手は少し離れているかもしれない。いずれにせよある程度縦長になって前半はゆったり目から中盤以降でじわっとペースが上がってというイメージ。61-12-60ぐらいの感じで見ておきたい。

予想

◎11ブラストワンピース
○?
▲?
△05スティッフェリオ
△10ステイフーリッシュ
×01ウラヌスチャーム02ラストドラフト
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ブラストワンピース

 ブラストは普通に嫌う材料が凱旋門賞明けというぐらいしかない。日本なら力の要る馬場のほうが良いのは間違いないし、凱旋門賞は欧州の本当の道悪に日本馬が戦えるとは思っていないので仕方がない。一応62.71-64.20で日本式だと61.7-64.2ぐらい消耗戦だったし、上位が直線で最加速するラップを踏む中で日本馬はその余裕がなかった。ブラストはフォルスあたりから置かれていたし適性的に全く合ってなかったかな。

 凱旋門賞は置いておくとして、好走しているのは基本的にタフな馬場での平均ペース。有馬記念が60.8-60.3と平均で流れ、12.2 – 11.6 – 11.8 – 11.8 – 12.2 – 12.9とキセキが向こう正面からのロンスパを刊行した中で中団の外から勝ちに行って普通に直線しぶとく抜け出しレイデオロの追撃を振り切った。ポテンシャルの高さを証明。札幌記念では札幌の2000で59.9-60.2と平均。ラップ的にも11.8 – 12.1 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.2と淡々と12秒前後を連続する競馬で上手く中団内目から押し上げながらロスなく運べたとはいえ抜け出したサングレーザーを捕えたし、フィエールマンやワグネリアンは一列後ろだったからね。まあ噛み合ったといっても札幌記念上位組がポテンシャル戦で結構強かったことを考えても今回のメンバー構成なら普通に力は上だと思っている。川田なら後ろ過ぎないだろうし中山2200は位置取りが大事なので。

○?

▲?

△スティッフェリオ

 オールカマーほど楽な展開は無いにせよ、ここも主導権を取れる可能性は高い。オールカマーは61.8-58.0と超々スローで12.2 – 11.8 – 11.2 – 11.0 – 11.8と3F勝負で出し抜いて完勝。まあここまで楽に進められるのはレアケースだが、ペースをコントロールしても結構リードを取りやすいのがこのコースなので逃げ馬は警戒したい。それに力の要る馬場でもある程度は対応できる馬だからね。過去の福島記念勝ちでも57.6-60.7と超ハイを先行、12.0 – 12.1 – 12.3 – 12.1 – 12.2と12秒台前半のラップを最後まで維持して抜け出しマイスタイルらに完勝。今回はマイペースで運べると思うし、警戒は必要。

△ステイフーリッシュ

 個人的には2000だと前半の基礎スピードでそこまで優位に立てないのでワンパンチ足りないというような感じの競馬。前走のチャレンジCは高速馬場で11.9 – 11.6 – 11.1 – 11.3 – 12.0とL3最速、ロングスプリントとなってしまって置かれてしまった。ここまで質が求められると難しかった。福島記念が59.2-60.3とややハイから12.3 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 12.1と後半L2で再加速、一足を求められて中団外から押し上げながらL2では先頭列に並びかけてきた。まあその外から一気にクレッシェンドラヴに交わされたけど、しっかりと一足を使っていたし、タフな馬場で後半ある程度消耗する形のほうが安定して入る。そのうえで、2200ならもう少し前半で楽に前を取れると思うし、後はその辺りはルメールの判断に期待。後ろからだと難しいと思うので最低でもブラストよりは前を取ってほしい。

×ウラヌスチャーム

 後は微妙なラインの馬の取捨。ウラヌスチャームは正直ここでは一枚足りないかなと思っているんだが、内枠を引いたことで必然的に中団の内目ぐらいで包まれると思うし3~4角で我慢して上手くかみ合えばやね。基本的には前半無理はせずに後半の鋭さを引き出すほうが良いタイプ。エリ女はドスローで12.3 – 11.6 – 11.5 – 11.4 – 11.7と4F戦も2番手以下は仕掛けを遅らせて3F戦、L3の4角地点でかなりロスもあったと思う。京都大賞典では平均で流れた中で内で立ち回ってジリジリ伸びきれなかったが、クイーンSが48.4-46.4とかなりのスローからの12.2 – 11.9 – 11.5 – 11.1 – 11.9とL2最速で脚を残して直線鋭く伸びてきて4着。この感じで脚を残して直線勝負でというのが上手く3~4角で外から勝ちにいく馬との比較でロスなく、という形での3着争いぐらいなら…という感じ。ミッキースワローは最内に拘れない立場だと思うし。

×ラストドラフト

 前目を取れればというので陣営が前走抜け出したところでソラを使ったといっているし多分あまり前には付けたくないだろうなというところ。それとやはり前走の中日新聞杯にせよある程度軽い馬場のほうがよさそうな感じはあると。弥生賞が崩れているし。中日新聞杯みたいに60.8-58.4とかなりのスローから12.1 – 11.8 – 11.3 – 11.6 – 11.6と4Fでロングスプリント的な競馬のほうが良いのかなという感じはある。京成杯も4F戦で分散しての一足、機動力そのものはあるし前目から進めつつL2でもう一段という競馬なら怖さはあるけど、後ろからになると…かな。そこまで末脚の絶対量があるわけではないし。押さえまで。

sponsored link

競馬大陸先週12鞍中10鞍3連単的中◎
怒涛の的中!愛知杯●●万的中!?

先週愛知杯(G3)週!驚愕の的中がありました。
競馬大陸無料コンテンツ「利益直結馬」
利益に直結する推奨馬を馬番で掲載!わかりやすく初心者にもオススメ!

▼的中実績(先週)
(左)1月18日(土)
(右)1月19日(日)



ご覧ください!3連単12鞍中10鞍的中です。これはすごい。
特に日曜重賞の愛知杯(G3)!3連単59万馬券達成◎
1着5デンコウアンジュ(9人気)
2着6アルメリアブルーム(5人気)
3着3レイホーロマンス(11人気)
3連単598,880円的中!

利益穴馬が本当に利益になる穴馬を推奨することが証明されました。
9.11人気を推奨、普通に買ってたらなかなか的中できませんよね??
これが利益直結馬の良いところなんです。

▼主な20年BIG配当3連単成績!
5日中山12R 316,260円
シンザン記念 103,880円
フェアリーS 93,230円
シンザン記念では9人気コルテジア入線で的中です!
すでにこれだけの実績がありますのでこの先もかなり期待できます◎

今週はアメリカJCC(G2)週!競馬大陸は利益直結馬コンテンツで当然配信することでしょう!
特にこの穴馬連続入線的中ですから私はぜひ参考にしたいと思っています。
自分の推奨馬とあえば全力でベタ乗りもありかもしれませんね!
今週アメリカJCC週の利益直結馬をみる!(無料)

メールアドレスのみの登録で誰でも閲覧できます!


何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。